スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDMI切替機

R1020440.jpg

Mac関連は比較的に新し物好きを全回にしている私ですが、その他は意外と保守的な部分があります。
例えばBlu-rayレコーダーは未だに持っていませんし、あまり買う気もありません。
HDに録画することはあってもBlu-Rayディスクに保存しようとは思わないのですよ。
動画ってそんなに何度も見返すものではない気がします。
手持ちのDVDレコーダーが壊れたら考えようかな?と思ってます。
しかし時代的にソフトタイトルがBlu-RayとDVDの併売が増えたために買ったのはLG電子のBlu-rayプレイヤーBD560でした。
職場に置いてあったBD560ですが、全然使わないので自宅のTVに接続しようとした所、TV側のHDMI端子が足りなく接続できません。
そこで切替機を購入しました。
購入したのはBUFFALOの切替機ですが、理由はケーブルが後ろについている(別途購入する必要がない)というのと安いというだけです。
本体の後ろ側にDVDレコーダーとBlu-rayプレイヤーを接続し、後は前側のボタンで切り替えて使うだけ。
セッティングも何も要らないアナログ機器です。
スポンサーサイト

オーディオテクニカ ATH-CK100

R1020428のコピー

オーディオテクニカ ATH-CK100ですが、新品はamazon辺りでも30,000円位する高級品なので、程度の良さそうな中古品を入手しました。
バランスドアーマチュア型はApple In-Earで初めて使ったのですが、これは本当にコストパフォーマンスの高い製品でした。
特筆した音は出ませんが全域ともバランスに優れた製品だと思います。
発売当初(9,400円)より更に値下がりして7,800円という低価格は少し良いイヤホンが欲しいという方に、今でも迷わずお勧めできる製品です。

オーディオテクニカは私にとって外れがないブランドです。
外国製品にも良い物はあるのですが、結構個性が強いのですね。
例えばBOSEやSHUREのサウンドは私的にはあまり好みではありませんでした。
職場ではイヤーハンガー付のATH-EC707を使っていますが、こちらは音漏れが激しいので車内では使えません。
店頭試聴も数を聴いていると訳が分からなくなるので、今回はネットレビューからCK100にターゲットを絞ってみました。

R1020425.jpg

CK100はかなり小振りで、「これでトリプルバランスドアーマチュア?」と疑いたくなるものでした。
この製品はSHUREのようにコードを前に出し耳の上を回す掛け方をするのですが、何ともポジションが決まりません。
ちゃんと耳に収まらないと低温域が漏れてしまっているのか、高音域が耳についてしまいます。何ともバラバラな音は正直ハズレかな~とも思いました。

R1020426のコピー

そこでイヤーパッドを変更、比較的人気のあるSONYのEP-EX10のSサイズに変更しました所私の耳にはジャストフィットでポジションも安定しました。
ボーカル(特に女性)には特筆したイヤホンであり、解像度はかなり高いと思います。
ハウジングの材質というのは実に音質に影響が出るもので、このイヤホンはチタンハウジングらしく音は明るく硬めです。
Rock, Pops系専門の私には音質がApple In-Earより軽く明るいので、非常に気に入っています。
反面低域の方は使っているドライバサイズの影響か、響き方ははApple In-Earの方が上だと思います。

audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100
(2008/11/21)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る

R1020432.jpg

音の厚みが足りないと思う方には、以前に買ったポータブルヘッドホンアンプAT-PHA31iを追加することをお勧めします。
このアンプ、どこのイヤホンでも使えますしリモコン機能がプラスされますのでiPhoneやiPodには一石二鳥の商品です。

オーディオテクニカ i Pod/i Phone専用ポータブルヘッドホンアンプ  AT-PHA31i BKオーディオテクニカ i Pod/i Phone専用ポータブルヘッドホンアンプ AT-PHA31i BK
(2010/12/10)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る

AppleTVと学習リモコン

P1010127.jpg

これが職場のTVと周辺機器の全部のリモコンです。
左からBlu-rayプレイヤー、CATVチューナー、TV、AppleTVとなります。
MacBookの小部屋の管理人さんのエントリでAppleTVのリモコンを他社のリモコンを割り当てられることを知りました。
そして忘れていた「学習リモコン」という商品の存在も。

P1010150.jpg

早速学習リモコンを1台購入、買ったのはSONYのRM-PLZ430Dという商品です。
今時珍しい分厚い説明書がついていますが、イマイチわかりにくいです。
TVとCATVチューナーはリモコン同士を合わせれば、簡単に学習させられました。
弱ったのはBlu-rayプレイヤーでサムソンという海外メーカーのせいか色々試しますが、一括で学習させることができませんでした。
どうやらこのプレイヤーはボタン操作を1個1個覚えさせるしかなさそうです。
AppleTVの学習はMacBookの小部屋さんのApple TVの操作を他社のリモコンですることにしましたをご参照下さい。
操作は比較的簡単です。
Apple Remoteの使用感の悪さ(小さく薄すぎて持ちにくい上、ボタンを押し間違える)は十分に改善され、格段に操作性が上がりました。
猿真似ですが、これは十分にお勧めできる方法ですね。

オーディオテクニカ ATH-EC707

P1010094.jpg

長野出張のバスターミナルの向かいにはヨドバシカメラの元祖?新宿西口本店があります。
ヨドバシカメラは大手家電量販店としてはカメラ店がルーツであり、知識豊富な店員さんが各コーナーに数人います。
新しい店舗だと外れも引きますが、当たりの店員さんは的確な商品アドバイスができるので私は好きなお店です。
ビックカメラはその点一段下の印象ですし、ヤマダ電機は全然ダメです。
長野行きの度に目の前にあるヨドバシは、物欲に弱い私にとっては最悪の環境で出張の謝礼がドンドン減ってしまいます(´・_・`)

話を本題にしますが、私が最初にiPodを買ったのは第2世代のモデルでした。
当時付属していた純正イヤホンを使っていて、耳のサイズに合わず外れてしまうのに不満がありイヤホンの物色を始めました。
聴き比べたサードパーティー製のイヤホンを聞いて、音の違いに驚きました。
高音も低音も特に秀でた部分がない純正品は自分の耳に合わない事から「ろくな物ではない」というレッテルを貼りイヤホン探しが始まりました
今はApple純正のイヤホンは特に高音も低音も出る訳ではないですが、バランスはそこそこでクセのない音だと思ってます。
そこからいろいろ迷走が始まりました。
audio-technica ATH-EC7ETYMOTIC RESEARCH ER6iSHURE E4CB&O A8Apple In-Ear
と色々試し、何となくイヤホン探しは中断しました。
私の好みとしてはなり方は普通の開放式の方が好きで、カナル型は耳が痒くなったり長時間聞いていると疲れてしまいます。
音質はバランス重視で、秀でた高音も重低音も要りません。

P1010111.jpg

長野帰りに立ち寄るヨドバシカメラ新宿店で「何か良いのはない?」と聞いた店員が勧めたのはaudio-technicaの新製品ATH-CM707でした。
このタイプは耳から落ちやすいと言うと耳掛け式のATH-EC707を勧められました。
あえてテクニカを勧めた店員の選択は私には「この店員できるかも?」と思わせる物がありました。
実は多数の製品を使って、カナル式は今使っているApple In-Ear以外は全て気に入らず処分しているのです。
しかも未だにiMacで音を確認するのに使っているのは最初に買ったテクニカ ATH-EC7です。
ヨドバシカメラは多くの製品が試聴できる環境になっており、手持ちのiPodやiPhoneがあれば殆どの製品の試聴ができます。
他のお勧めも数機種聞きましたが、結局ATH-EC707を選択。
良い店員さんが勧めてくれたので、値段比較はせずにそのまま買って帰りました。

P1010117.jpg

ATH-EC707は型番通り、テクニカの音作りの伝統を引き継いでいる印象でEC7の音を緻密にし不足がちであった音の厚みを増した印象です。
音がしっかり聞こえるには耳にキチンとフィットする機構も大切で、B&O A8が音圧不足に感じるのはせっかくの良い音が圧着不足のイヤハンガーで逃げてしまう為だと感じています。
EC707はイヤハンガー部分や細部の改良で耳に対するフィット感が上がっておりずれにくいイヤホンだと感じました。

P1010114.jpg

製品はショートケーブルで延長付となっており、この辺りもEC7と同じです。
残念ながら端子はどちらも純正バンパーやVaporのようなケースには入りにくく改良が必要です。
その辺りの内容はまたいずれ。
付属のポーチはイマイチ大きすぎて好きにはなれませんが、しばらくはこれでいこうと思ってます。

blueLounge CableBox

以前からamazonなどで販売されていて気になっていた商品です。
机下の電源タップ回りはコードが氾濫、いくらタイラップなどでまとめてもケーブル自体が無くなるわけではありません。
これはCATVチューナーも転がっており、電源タップも写っていませんが、掃除機の手も入りにくく埃がいつも溜まっています。
チューナーを移動、CableBoxに電源タップとケーブルを押し込むだけで簡単に整理!
これはなかなか良い感じです。
余裕を持って設計してあるため、多少丈があるのと箱だけで4,000円という価格はちょっと高いですがそれなりに満足しています。

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。