スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apple Remote Desktopを活用する

902.jpg

職場で複数台のMacを扱っていると、時々別所のマシンに行って作業をしなければならないことがあります。
朝全部のマシンの電源は入れるのですが、突然患者から電話があったりしてアポイントの確認が必要になったり...とその機会は意外に多いものでした。
ファイルメーカーなどソフトウェアによっては複数のライセンスがあればファイル共有を使って確認もできるのですが、ライセンス価格が高いですしマシンがスリープに入ると再接続が必要になったりします。
以前にチラッと書いた母親のMacもコントロールできるかも?ということもあってApple Remote DesktopというApple純正ソフトを導入してみることにしました。

最初に断っておきますが、Apple Remote Desktopを使わずともMacの場合は「どこでもMy Mac」の画面共有機能を使えば別所のMacをコントロールすることは可能です。
できる内容には多少の制限がありますが、インターネット越しのマシン制御を行う場合はRemote Desktopは設定関が難しいようなので、どこでもMy Macを使った方が楽だとは思います。
ただし「どこでもMy Mac」の画面共有機能の場合は同一のApple IDでのログインが必要となります。
他のApple IDを使用している環境では動作しませんのでご注意下さい。

888_20130302093910.jpg
888_20130302093910.jpg

Apple Remote Desktopの設定は非常に簡単です。
ソフトウェアは管理するMac側にインストールするだけでOKです。
クライアント側の「システム環境設定」の「共有」から「リモートマネージメント」のチェックを入れます。

299_20130302094348.jpg

ポップアップが開きますので、必要な項目にチェックを入れます。

444_20130302095128.jpg

リモートマネージメントが入りになったことを確認します。

555_20130302095428.jpg

Remote Desktopの管理画面に制御するMacの名前が現れます。

777_20130302100039.jpg

右上の「制御」の所を選べば実際のクライアントマシンの画面を共有できます。
実際にアポイントを管理するため、ファイルメーカーにて患者を検索してアポイントを変更しています。
急な電話があった時、また他の作業をやりながらでもその場で受付のMacを確認、操作ができるのは非常に重宝します。
また別のMacへのソフトウェアインストール(制限有)やアップデートもできますので、普段の管理もとても楽になりました。
自宅に帰ればこちらも家族用のMacを同様の方法で管理しています。
母親に購入予定のMacについてはインターネット経由となりますので、まだ導入は検討中です。
先に申し上げたように、難易度によっては共有用のApple IDを取得し「どこでもMy Mac」を使うかもしれません。
Apple Remote Desktopには利用台数の制限もありませんので、仕事用で複数のMacを扱う方には利用価値のあるソフトだと思います。
ソフトの詳細はこちらをご覧下さい。
スポンサーサイト

Adobe Photoshop CS6~アドビ期間限定セールに釣られる~

27_20120819092041.jpg

毎年素直にアップグレードしていたPhotoshopですが、今回は見送っていました。
機能的にはもはや進化しても私には必要性はないし、Elementsでも十分に思えますがCSのアップグレード権利を失うのももったいない。
Creative Cloudの登場や時折展開されるキャンペーンもありますから、何をいつ買うかは本当に難しいです。
結局Photoshopの単独ユーザーは、単独アップグレードしかないという選択肢になるんですけど...
そんな中でアドビ期間限定セールが始まりました。
Photoshopのアップグレード版は15%Off、割引率はイマイチの気もしますが、MacBook Pro Retinaディスプレイモデルに今後CS5は対応してくれる気がしないので、結局買ってしまいました。

2012-08-19 21.02.46のコピー

毎年毎年値段は変わらないにも関わらずパッケージはドンドン安っぽくなり、今回はプラケースも一切使っていません。
エコの時代と言えばそれまでですが、コストダウンは明らかなので少しは製品も安くして欲しいと思います。
動作は非常に快適ですし、新しいインターフェースも慣れていけば従来より快適な作業ができそうなので、デフォルトのまま使っています。

666_20120819093456.jpg

現在MacBook Pro Retinaディスプレイモデルでは画像のサムネイルが正常に表示されない事があるので困っています。
上の画像を加工して保存したら下のサムネイルになってしまいました。
誰か対策をご存じないでしょうか?

今回の購入先はヨドバシカメラ店頭ですが、Amazon(20,213円)よりヨドバシのオンラインの方が21,800円のポイント10%ですので僅かに安いと思います(7/18現在)。
店頭価格は少し高かったのですが、オンラインと同価格にしてもらえました。

Adobe Photoshop CS6 Macintosh版 アップグレード版Adobe Photoshop CS6 Macintosh版 アップグレード版
(2012/05/11)
Macintosh

商品詳細を見る

イオンiTunes Cardキャンペーンを利用する

646.jpg

iTunesカードのキャンペーンはコンビニ各社や家電店など各所で展開されるようになりました。
ただしそれぞれの還元額や還元方法は様々で、均一ではありません。
私の知る限り一番お得なのは25%が現金で割引されるヨドバシカメラやビックカメラ、ソフマップの2枚目半額キャンペーンだと思います。
コンビニ各社の場合は最大で20%程度、かつサンクス系は現金値引きですがローソンやセブンイレブンはポイント還元となっています。
やや問題なのは各社のキャンペーンが時期が重複することで、今はイオン以外はキャンペーン期間を終了しています。
iTunesカードのストックが減ってきたので、初めてイオンのキャンペーンを利用してみました。

2012-07-31 20.11.30

イオン店舗にある「うれしーど」コーナーでiTunesカードを購入します。
何故か一枚ずつ店員がカード番号を記載した発行明細を貼って渡されます。

001_20120731101806.jpg

うれしーどのHPからキャンペーンに応募します。
キャンペーンには応募の有効期間がありますので、早めに登録した方が良いと思います。

002_20120731103329.jpg

メールアドレスを入力して送信すると応募登録用のメールが届きます。

003_20120731103550.jpg

バーコード下のカード番号の下10桁を入力

004_20120731104059.jpg

簡単なアンケートに答えて送信

005_20120731104146.jpg

応募が完了すると応募登録完了のメールが届きます。
イオンの場合最大20%分のギフトコードがアドレス宛にメールで届くという形になりますが、届くまで1週間程度かかる模様です。
面倒に感じるのは複数のカードを購入しても、最初のアドレス登録から全部1枚ずつ手続きをしないといけないことで、今回4枚のカードを登録したため手続きを4度繰り返しました。
一度に複数枚の登録ができるか、IDを所得し登録できるようになれば便利だと思います。
利用したiTunes Cardキャンペーンの中ではイマイチ利便性に欠け、還元もiTunesコードというのは少し魅力に欠ける気がします。
今回のiTunes Cardキャンペーンは本日7/31で終了します。

ATOK 2012 for Mac ベーシック

2012-06-15 12.55.09

毎年恒例のATOKのアップデートの時期がきました。
昨年くらいからダウンロード販売も始まってますが、私の場合は古い人間なので価格が大差ないならばパッケージ製品を選びます。

2012-06-15 13.58.31

ATOK 2012はUSBメモリでの提供になりました。
商品構成も実に簡素なものです。

2012-06-15 13.59.03のコピー

USBメモリは端子部分を引き出して、ロックする構造になっています。

2012-06-15 13.59.22

ISBメモリは4GBが使われているようです。

RIMG2765.jpg

保存されているのはただのdmgファイルなので、デスクトップにコピーしてもインストールが可能でした。
提供方法がUSBメモリになったのは、MacBook Airなど光学ドライブ非搭載のマシンが多くなったからだと考えます。
内容自体はCD販売の物と大差ないのですが、USBメモリは普通に書き込みもできてしまう仕様なのでユーザーにとっては他にも流用できるので悪くない仕様変更だと思います。

ATOK 2012 for Mac [ベーシック] 通常版ATOK 2012 for Mac [ベーシック] 通常版
(2012/06/15)
Macintosh

商品詳細を見る

Snow Leopard届く~さよならMobile Me~

2012-05-05 10.15.17のコピー

Mobile MeユーザーのiCloudへの移行用に無償配布されたSnow Leopaardが届きました。
少し遅くなった訳はすでにiCloudに移行しているユーザーは貰うことができないと思っていたからです。
私の場合Snow Leopardはアップグレード版しか持っていなかったので、フルインストールDVDが貰えるのはまあありがたいかな?と思いました。
ただし概ね旧型マシンは使わないタイプなので活用の場はなさそうな気もします。
Mobile Me時代から全てのデバイスが同期できることはとても有り難かったので、iCloudが無償提供されたことは本当に朗報だと思います。
毎年続いた割高なお布施は一枚のSnow Leopardディスクと.Mac時代のmac.comのアドレス1個を残して終了します。

追伸:MobileMeユーザーのiCloud移行後、年間3,400円の20GB追加ストレージプランを2012年6月30日までの期間で無料提供していましたが、その利用期間を2012年9月30日までに延長を行っています。
という情報がありました。
もうちょっとだけ優遇処置がプレゼントされる模様です。

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。