スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊れてしまったThunderbolt Express Dock

292888.jpg

6/4から運用を開始したThunderbolt Express Dockは私の使用環境では快適に運用できていました。
現行ラインのノート型MacのThunderboltポートは最大で2個までしかありません。
AirMacも先のWWDCにて新しい802.11acに移行しましたが、対応する機器はまだMacBook Air 2013モデルだけです。
ノート型Macをメインマシンに使用するユーザーにとってネットワークはGigabit Ehernetを使うのが最も高速です。
そのためには貴重なThunderboltポートの1つをGigabit Ehernet Adapterの為に空けなければなりません。
USB3.0ポートも2つまでですから、周辺機器を繋ぐにはHUBが必須です。
ところがUSB3.0のHUBには動作の安定性に欠ける商品が多いのが事実です。
スッキリ使いたいMacの周りも結局は周辺機器のケーブルだらけ、持ち歩けば複数のケーブルを抜き差しせねばならず、その作業は毎日行うには結構煩雑なものがあります。
それらを整理して快適に使うにはThunderbolt HUB以外ではThunderbolt Displayを買うしかないのです。

6/14朝Macを輝度すると突如Ethernetが認識されなくなりました。
ケーブルの着脱、Thunderbolt Express Dockの電源を入れ直してもダメ、もちろんGigabit Ehernet Adapterに交換すれば繋がります。
Ethernetの不具合報告が上がっていることは噂には聞いていましたが、まさか購入後のトラブルになることはよそうしていませんでした。

BELKINのサポートに連絡しましたが、対応策はないようで
「初期不良のため交換扱いとなります。購入先に返品交換の依頼をして下さい。」
とのことでした。
私の購入先はApple Online Storeだったので交換依頼をしましたが、あいにく在庫なし納期1~2週間とのこと。
Online Storeの納期が1~2週間だと通常商品が届くには1月近くかかる可能性が大です。
折しも夏までにはCalDigit Thunderbolt StationSonnet's Echo 15 Thunderbolt Dockなども発売開始になる可能性が大きですし、交換品がないのであれば一旦返品させて貰う形を取りました。
BELKINさんには公式アカウントを通じても謝罪を頂き丁寧な対応をして頂きました。
今回のトラブルは海外で数件、日本国内では初めてのケースだそうですが海外製品をそのまま売っているだけに思えますので、今後同様のトラブルは徐々に増える可能性があると思います。
BELKIN製品には独創的かつデザインも良い製品が多いので、今後とも利用していきたいとは思っています。
ただし一言苦言を呈すると、日本国内製品にも関わらず3芯アース付き電源のままアダプタもなく製品を販売した点。
変換アダプタは指摘してもメーカーからの提供はないというのはあまり頂けません。
また交換もあくまで販売店任せという話だったにも関わらず、後からTwitterを通じて突如連絡が行われメーカー自ら交換をするという話になるのは少し疑問を感じます。
残念な結果となりましたが、今後とも需要のある人気製品だけに抜本的な改良が図られることを期待します。
スポンサーサイト

BELKIN Thunderbolt Express Dock

IMGP1356.jpg

開発中のデモ機が公開されてから一体どれくらいの時間が過ぎたのでしょうか?
ようやくBELKIN Thunderbolt Express Dockが発売になったので、Apple Online Storeから購入しました。
あまりにも製品が出ないので、その間他社からも類似製品が発売、発表されました。
すでに発売されているのは
Matrox DS1 Thunderboltドッキングステーション
でしたが価格の割にThunderboltポートが1個、USB3.0が1ポートだけではThunderbolt機器の終末に繋ぐしかないので却下しました。

778878.jpg
今後の発売予定商品の中ではCalDigit Thunderbolt Stationがあります。
値段もBELKINより安く、Thunderbolt Express DockにはないHDMIを装備している点が魅力です。
ただしFWはないので、お手持ちのFW機器を使いたい方にはNGとなるでしょう。

22277.jpg

次にSonnet Echo 15 Thunderbolt Dock
ただのThinderbolt Dockだけではなく、光学ドライブ搭載(DVD or Blu-ray)、Drive Bay(SSDやHDD用)を装備するドッキングステーションは最新のMacにはピッタリの周辺機器だと思います。
デザインはこのままでは少しダサイですが、価格も安いですしこれを待つのもありでしょう。

IMGP1358.jpg

フライングで届いた方のレビューも見ていたのですが、本体はコンパクトかつ綺麗にデザインされています。
しかしACアダプタは巨大かつ本体よりも重量があります。
バスパワー駆動はしないので、これを隠さないとデスク上は埃の溜まる箇所が増えそうです。

IMGP1357.jpg

しかもコンセントは何故か3芯のアース付き。
アースを取らなければダメという機器でもないでしょうが、変換アダプタすら同封されていませんから壁面コンセントがアース付きでない場所では別途変換アダプタが必要です。

IMGP1360.jpg

本体の裏側にはケーブルを前に出すための溝があって便利と言いたい部分ですが、実際Apple純正のThunderboltケーブルを通すと、USB3.0ケーブルをもう1本通せる位の面積です。
住友電工から細いThunderboltケーブルが発売になるそうですが、USB3.0ケーブルも太いので沢山のケーブルを出すのはとても無理です。

22889.jpg

私の場合とりあえずMacの裏側に置いてある配線収納BOXの上にセッティングしました。
すでにMacお宝鑑定団のブログmono-logueにスピードなども含めた詳しいレポートが上がっていますから、ご興味のある方はお読みになることをお勧めします。
私の使用環境ではWD My Book Thunderbolt Duoもスピード低下なく動作していますし、Ethernetのトラブルもなし、接続したUSB3.0 HUBに繋いであるiPhoneも充電、同期は行えています。
ただしiPad miniは直接繋いでも充電は出来ませんでした。
USB 3.0接続に関しては、私の手持ちのバスパワーHDDも問題なく給電できています。
ただしデータ転送レートは2.5Gbpsと大幅な速度低下が起こることが事前告知されています。

IMGP1359.jpg

使用前にはこのような状況だった空きポート数が

IMGP1366.jpg

このように開放されますので、周辺機器を増やすのも便利ですしMacBook Proのようなノート型マシンにとっては持ち運び時のケーブルの脱着も容易になり、配線もスッキリします。
USB HUB経由で接続してあったオーディオの出力、光学ドライブの動作も問題はないのでUSB 3.0の速度低下さえなければ良い製品だと思っています。

Belkin ベルキン Thunderbolt Express Dock F4U055jaAPLBelkin ベルキン Thunderbolt Express Dock F4U055jaAPL
(2013/06/01)
Belkin

商品詳細を見る


追記:6/15 Ethernetが突然認識しなくなり、メーカーサポートの指示で初期不良交換となりました。
残念ながらApple Onlline Storeに在庫がなく、一旦返品という形を取らせて頂きました。
BELKIN社からはTwitter上でも「海外で数件、国内では初の事例」と聞いているので、残念な初物に当たったようです。

コスパ高し~Logicool ステレオスピーカー Z120BW~

R0010088.jpg

相互リンクさせて頂いているけんた_みさんのブログ記事で紹介されていたLogicoolのZ120BWというPC用スピーカーが気になったので購入してしました。
何しろ価格がたったの¥982(4/19現在)です。
にも関わらずレビューは殆どが高評価で☆☆☆☆〜☆☆☆☆☆位が並んでいます。
騙されたと思って買ってみても後悔するような値段ではありません。

R0010090.jpg

実際商品は軽くてチープな作りですし、ケーブルの取り回しもイマイチ、説明書もろくに付いていません。

R0010092.jpg

自宅用のMacBook Pro 13inchはスピーカーが貧相で音が悪いので、こちらに設置しました。
USB端子から給電、出力はヘッドホン端子に繋ぐだけ、電源はUSB経由で供給されACアダプタも不要です。

実際に使ってみて確かにコストパフォーマンスの高い製品だなという印象でした。
低音は出ませんし、臨場感のある音とは言いがたい部分もありますが解像度もそこそこ高くクリアな音がします。
ノートPCのスピーカー音がショボくって...という方が、お金を掛けずに映画や音楽を楽しむには非常に良い選択肢になると思います。
ただしノートパソコン用に設計してあるためかケーブルがやや短いので、iMacの両サイドに置くような使い方には長さが足りないかもしれませんね。

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BWLOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
(2011/06/24)
ロジクール

商品詳細を見る

ファーイーストガジェット Ps/Aiショートカットステッカーを試す。

IMGP1250.jpg

ファーイーストガジェットさんからブログメール経由で商品の提供を頂きましたので紹介をさせて頂きます。
「Ps/Aiショートカットステッカー」はMacのキー上に貼ることでPhotoShopとIllustratorのショートカットを一目で分かるようにした製品です。

IMGP1259_20130402141811.jpg

商品には2枚の同じシールが付属しています。
サンプルとして2枚提供頂いたものを間違えて2枚入りと書いてしまいました。
ステッカーは1枚です。

IMG_1175.jpg

キートップに合わせて1枚1枚貼っていきますが、この作業はピンセットを使った方が楽ですし正確に位置決めができると思います。
ステッカーの粘着力は弱めなので張り直しは可能です。
各ショートカットの位置は商品パッケージの画像を見ながら貼ると位置を間違えません。

IMGP1259.jpg

全部のステッカーを貼り終わりました。
Appleのキーボードはキートップがつや消しなので、多少テカって見えますが光源の下でなければそんなに違和感はないと思います。
また上からキーボードカバーを掛けてしまうと、艶の差は全くなくなりますしステッカーも保護されますね。

IMG_1179のコピー

重ね貼りOKとのことなので、見本的に1枚Illustrator用のステッカーを貼ってみました。
PhotoShop用のカラーと位置はブラインドタッチができない私には、英数字と近接し色が明るいのでキーの視認性が少し悪く感じました。
ワイアレスキーボードの場合、色も位置もIllustrator用の方が邪魔にならないので好きです。

IMG_1180.jpg

同じシールをMacBook Proのキーボードに貼ってみるとIllustrator用はあまり良く見えませんね。
と思ってHPを見たら黒キーボードはPhotoShop用のみの対応だそうです。
白と黒、下地の色が正反対ですので仕方ないと思います。
黒キーボードの場合少しムラが出てしまうのが気になりましたが、時間が経つと馴染むのかは未検証です。
またテスト的にUSキーに貼りましたが、ショートカットステッカーはJIS配列キーボードのみの対応と記載があります。
わがままを言ってしまえば私の場合Photoshopしか使わないので、Illustrator用の位置でオレンジ文字と青文字をキーボードによって使い分けられるとベストだなと思いました。

ショートカットステッカーという発想自体はとても便利だと思います。
今までツールを切り替えるのにショートカットを使用したことはなく、その都度再度ツールバーから切り替えていた私ですが、ステッカーを貼っていれば視線移動が明らかに少なくなり作業画像に集中できます。
Photoshopの機能をフル活用しているコンシューマーユーザーは少ないと思うので、良く使うショートカットだけを貼るのも良いかもしれませんね。
1枚525円で購入できる商品ですので、ご興味のある方は試しても良いと思いました。
メーカーのHPはこちら「ファーイーストガジェット Ps/Aiショートカットステッカー

液晶モニタ設置にエルゴトロンNeo-Flex LCDアームを使う。

受付用のサンワサプライのモニタ台は機能的にはまずまずだったのですが、耐荷重以下のモニタでも中央が反ってしまい、モニタが傾いてしまいます。
所詮3,000円の台ではありますが、あまりにお粗末な商品なので使用を止めることにしました。
iMacのスタンドを探していたときから何度か検討していたのはエルゴトロンのモニタアームでした。
しかし27inch iMacをアームで支えるというのは机に穴を開ければ別でしょうが、いかにも無理がありそうで採用しなった経緯があります。
その点受付のDELLのモニタは筐体も軽量なプラスチックですし、21.5inchのVESAマウント対応製品です。

2777.jpg

パネルのみの重量は2.96 kgしかないので、デザインもスッキリした一番安いNeo-Flex LCDアームを選択しました。

RIMG0002のコピー

ヨドバシカメラのオンラインショップから購入したのですが、簡単な茶箱だったので輸送箱に入っているんだなと思って開けてみると。

RIMG0003.jpg

いきなり本体が出てきてビックリ。
梱包材の巻き方も雑で海外製品らしいパッケージです。

RIMG0005.jpg

内容はこんな感じでアーム本体はすでに組み上がっています。

RIMG0006.jpg

純正のモニタスタンドを外すと4個のネジが付いています。

RIMG0007.jpg

+ドライバでネジを全部外します。

RIMG0008.jpg

モニタサイズに合わせたアタッチメントを付属のネジで取り付けます。

RIMG0009.jpg

アタッチメントにアーム本体を付属ネジでシッカリ留めます。
と作業内容は簡単なのですが、実際アームは結構な重量がありますので片手で押さえながらネジを締めるというのは結構難しい作業です。
誰か支えてくれる人間がいると作業は楽だとは思います。

RIMG0012.jpg

設置が完了しました。
アームを支持するクリップ部分も実にシッカリした作りですので、デスクが丈夫であればガタが出るような心配は皆無です。
固定したモニタもシッカリ支えられていますので、少々の地震程度で落下するような印象はありません。
この辺りは実に堅牢な作り方をしている印象で、事前の不安は払拭されました。

Neo-Flex LCDアームは設置後に角度を調整するにもネジを弛める必要があります。
ネジ止めが甘いとモニタがお辞儀をしてしまいますし、頻繁にモニタ角度を調整する方には不向きだと思います。
耐荷重は8.2 kg までありますので21.5inchのiMacまでなら十分対応しますが、私の印象では軽量なモニタ用かな?と思いました。
iMacのような重量のあるモニタや一体型PCに使う場合は、最低でもLX デスクマウントアーム、できればメーカー自らオールインワン コンピュータ向けとしたMX デスクマウントアームを選んだ方が良いと思います。
誤算があったのは、このアームは設置デスク面から最低7cm上にしかモニタ位置が下げられないことでした。
私職場のようにカウンターにしかアームを付けられない環境だとモニタ位置が高く、やや上を向いて作業せざるを得なくなってしまいました。
狭い作業環境というのは色々難しいものです。

エルゴトロン ネオフレックスLCDアーム(シルバー) 45-174-300エルゴトロン ネオフレックスLCDアーム(シルバー) 45-174-300
(2006/04/20)
Windows

商品詳細を見る


エルゴトロン LX Desk Mount LCD Arm 45-241-026エルゴトロン LX Desk Mount LCD Arm 45-241-026
()
エルゴトロン

商品詳細を見る


エルゴトロン MXデスクマウントLCDアーム 45-214-026エルゴトロン MXデスクマウントLCDアーム 45-214-026
(2009/03/10)
エルゴトロン

商品詳細を見る

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。