スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイ・ストーリー 3

  • 2010/07/11 21:31
  • Category: Movie

PIXERを一躍有名にあした出世作。
私もPIXERの映画は大好きなので、家族で行ってきました。
トイ・ストーリーシリーズは吹き替え版でも唐沢、所の役所が填ってますので違和感がないですね。
1,2と見ていないと楽しさ半減でしょうが、素晴らしかったです。
私自身としては3>1>2の順の評価でしょうか?
1,2があっての3ですが、3回目が一番良かったという映画は過去になかった気がします。
1,2で活躍したキャラが数人消えていたのが寂しいですが、新しいキャラクターとの展開上仕方ない気がします。
日本の有名キャラも出演していたのは驚きました。
シリーズはこれで最後になるのでしょうが、ラストは泣けます......。
2013年のモンスターズインク2も期待できそうですね!

P.S.私は3D版を見ましたが、この映画は3Dの効果はさほどでもない気がします。2D版の方が300円安いし、そちらでも良いかも?
スポンサーサイト

アリス・イン・ワンダーランド (ネタバレ有)

  • 2010/04/18 23:26
  • Category: Movie

子供を連れて家族で今日見てきました。
私の正直な感想は私の見たティム バートン作品で一番の駄作という印象でした。
ルイスキャロルの名作がオリジナルだけに難しいテーマだったのでしょうか?
主役のミア・ワシコウスカは可愛かったし演技も良かったとは思いました。
ジョニーデップ?存在感全然なかったな~。

ともかくストーリーに無理があるし、白ウサギ、チェシャ猫といった脇役の有名なキャラクター達はどれもは存在感が希薄です。
剣とドラゴン?の存在に無理があるし、最後は冒険活劇で纏めようというのがなんともはや.....。
結局アリスの作品は内面的なことが重要なのでしょうが、それもキャメロンのタイタニックの主人公の女性のようでした。
ワンダーランドに入った最初の方は居眠りしてしまいました。
次回作に期待。


P.S.アバターの時に困った3D眼鏡に、頭の後ろで締められるヒモが付いていて改良されたのは良かったです。

アバターと3D(少しネタバレ)

  • 2009/12/27 01:42
  • Category: Movie
久々に家内と2人で映画鑑賞をしてきました。
ジェームス キャメロンの12年ぶりの映画ですが、娯楽作品はこの人に勝る監督はそうはいないですね。

私自身3D作品は正直あまり好きではありません。
なぜなら3Dメガネは元々眼鏡着用者には非常にかけにくく、どうしても顔にフィットさせるのが難しいからです。
最近の眼鏡はサイド方向への張り出しも強くなっており、アバターで配られた3Dメガネは昔のチャチな軽い物と違い上から被せるには横が広がらず、オマケに重くて最悪でした。
3Dメガネをかけている眼鏡のかなり前方に位置させねばならず、どうしても画面が小さくなってしまう印象です。
2重の眼鏡は非常に重く、片肘をついた手で支えないととても痛くなって鑑賞できません。
今後レンズに貼るフィルムや、眼鏡の上にはめるフィルターみたいなものを考えて欲しいものです。

肝心の作品ですが、キャメロンしく作品の世界の中にドンドン引きずり込んでくれます。
間違いなく最後まで楽しめる映画でした。
ただストーリーはごく平凡なもので、「ダンス ウィズ ウルブス」に色々他の映画の要素を足した印象かな~。

エヴァンゲリヲン新劇場版:破

  • 2009/07/01 09:29
  • Category: Movie
元々アニメ好きというほどでもなく、あまり記事にするほどの知識はないので割愛していたのですが、以前パチンコを打っていた時に原作が気になってTVシリーズ、映画版を片っ端から鑑賞してから結構填ってしまいました。
「序」の時も映画館に公開からすぐにレートショーで見に行ったのですが、後半の圧倒的スケールに素直に感動!
アニメでも映画館で見る価値のある作品だったと思います。
そこで次回作はすぐに見たい!と思い公開初日のレイトショーをネット予約し行ってきました。
レイトショーは1,200円で済むのでお得ですね。
作品の詳細を私がウンチクをたれてもつまらないだけなので割愛しますが、ここしばらくで見た映画の中で一番面白かったです。
前作は前半部分は特にTV板のリテイクという感じだったので、多少退屈だったのですが「破」は最初からの新展開で一気に突っ走ります。
映画の時間が非常に短く思える(実際長くはないが)作品は久しぶり。
一流の娯楽作品として仕上がってします。
ただしネタバレなどを見ると興ざめするので、ともかく何も事前情報なしに見に行くのが一番です。
色々と伏線が張ってあって、今後ややこしい展開になりそうですが、単純なファンとしては前回の映画版のようなダークな展開でなくこのままいって欲しいものです。

夏休み子供映画2題

  • 2008/07/24 22:49
  • Category: Movie

先日の連休に子供を連れて2日連続で映画を見ました。
子供が小さいうちは見ることができる物はアニメばかりでイマイチです。
少しネタバレ的な部分もあるので、見てない方は注意して下さい。
見たのはポケモン映画「ギラティナと氷空の花束シェイミ」と「崖の上のポニョ」でした。
ポケモン映画も前々作のマナフィーあたりはまあまあだったのですが、去年はイマイチ、今年のはハッキリ言って内容ナシ。
子供二人も面白かった?と聞いても首をかしげていました。
結局キチンとしたストーリーがないのに、映画初出演の可愛いポケモンと格好いい強いポケモンを出して無理矢理ストーリーを繋げただという印象です。
私は子供にはDSを与えていないのですが、開演前後にはストーリー仕立てでDSのポケモンをワイアレスで受け取る方法を流すので困りものです。
昨年の夏の幕張のフェスティバルでも嫌な思いを散々したのですが、ポケモンって会社は儲け主義が露骨で以前から好きではありません。

「ポニョ」はその点単純に楽しめました。
要は現代版人魚姫なんですが、子供達も大喜びでした。
私的には「トトロ」の頃ほどのストーリー性はないので、多少飽きましたが前作「ハウルの動く城」よりは良かったかな?
もうちょっと可愛い魚のポニョをいっぱい出して宗介とのストーリーを作って欲しかったです。
私的に不満だったのは主人公は誰なのか?ということです。
ラストが弱くなったのはそのせいかと思います。

CGにばかりお金をかけて肝心の内容がないポケモン映画と手作業だけで仕上げた暖かみのあるポニョ、対照的な2作品でした。

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。