スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iMac オールインワンモデルの功罪

  • 2013/07/08 18:00
  • Category: iMac
IMG_1335.jpg

歯科関連の書籍を執筆中の父がiMacの液晶モニタの品質では印刷所との色校正に問題があるとのことで、モニタを入れ替えることになりました。
選んだのはColorEdge CG276というEIZOの最高峰モデル、本体内にキャリブレーションセンサーを内蔵、予め間隔を決めておけば定期的に勝手にキャリブレーションをしてくれるという優れものです。
幸いEIZOダイレクトは10%OFFセール(7/15まで)をやっていましたが、それでも購入価格は約17万円という高級機です。
ただ本当に高いのかというと、一昔前のCinemaDisplay 30inchは30万ほどしましたし、Macが5年経てば少々古いモデルになるのに比べモニタは5年以上は現役で使用できるでしょう。
そう考えれば最高グレードのモニタがこの価格なら必ずしも高いとは言えないと思います。
ColorEdge CG276のモニタは派手さは全くないですが、それでいて色の深みは十分な素晴らしいモニタでした。

201303152148267c6_20130708171648.jpg

奇しくも同じRetina 15inchモデル+モニタの組み合わせなので、画像的には私の環境とそっくりになってしまいました。
私の場合はモニタがNECの24inchなので、バランスは結構違いますね。

IMG_1336.jpg

父のMacBook ProはSSDが256GBなので、2TB HDDのiMacのようなデータ保管ができません。
データ保存とバックアップを考え、USB3.0接続のミラーリング対応HDDを用意しました。
BUFFALOのHD-WL4TU3/R1Jというモデルですが、Thunderbolt HDDのの半値近くの価格で購入できますし、付属のRAID用ソフトはMac OS 10.7.5環境では問題なく対応しました。

555_20130708172449.jpg

ここからが本題ですが、今回の交換に至った経緯にあったのが2009モデルのiMac 27inchのトラブルでした。
iMacの液晶内部に発生するシミのような汚れについては過去に何度かエントリを上げさせて頂きました。
父のiMacは2009~2013年で3度この現象が起きています。

20130211105220bc0_20130708173439.jpg

家族で所有していたiMac 3台に発生すした画像はこれ以外にも存在します。
父の職場は完全な禁煙環境ではないですが、iMacの前でタバコを吸っている光景はあまり見ませんし、空調の効いたビル内なので劣悪な環境ではありません。
本問題は現行型では解決したのかわかりませんが、年に1度はモニタ交換というマシンを所有し続けるのも賢明ではないという判断であり、この際MacBook Proをメインマシンにすることになった次第です。
修理代金も今回はAppleCareが切れてしまったので、5万円弱かかるコースだと思われます。

iMacは今でも現行機種の中では一番コストパフォーマンスに優れたマシンだと思います。
ただしオールインワンであるが故、修理は常にピックアップでないと難しいのが事実です。
今回のようにメインモニタがダメになれば、例え2台体制であってもセカンドマシンのノートでは一気に作業効率が下がってしまいます。
そういった意味でiMacはあくまでコンシューマーモデルであり、仕事用には向かないのかもしれません。

BUFFALO RAID1対応 USB3.0用 外付けハードディスク 2ドライブモデル 4TB HD-WL4TU3/R1JBUFFALO RAID1対応 USB3.0用 外付けハードディスク 2ドライブモデル 4TB HD-WL4TU3/R1J
(2011/11/26)
バッファロー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

新型iMacを見てきた。

  • 2012/12/21 11:23
  • Category: iMac
2012-12-20 12.43.05

久々に銀座のApple Storeに行ったついでに新しいiMacが展示してあったので、見てきました。
21.5inchと27inch両方の展示がありましたが、実際は27inchモデルの入荷はまだないそうです。
新型iMacはエッジの薄さはやはり印象的です。
中央部はそれなりに盛り上がっているのですが、視覚的効果は高いなあと感じました。

2012-12-20 12.42.55

私が最も良いと思ったのは21.5inchモデルの液晶の変化で、従来色むらが激しく27inchモデルに比べると劣る液晶が、均一になり明るくなった印象を受けました。
画像の2台の展示機は輝度が最大になってましたが、画像で見るとおり21.5inchの方が明るく見えました。
27inchモデルに関しても良くなっているのでしょうが、旧型と並べて比較ができないので良く分かりませんでした。
購入意欲が沸くかと言われると、自宅の21.5inch(i3モデル)の代わりに21.5inchの新型を買っても良いかな?という感じ。
何故かというと自宅のiMacは設置スペースの奥行きが足りないのです。
ただいつもお古を回す場所なので、積極的な買い換えをする気にはなれません。
光学ドライブは我慢するとしても、カードスロットは使い物にならない場所ですのでUSBの外付けにするしかありません。
そういった意味でも写真の取り込みをあまり行わない家族用のマシンに使うのがベストな印象でした。

飛んで火に入る夏の虫

  • 2012/04/26 18:05
  • Category: iMac
011_20120426180341.jpg

Appleは正規サービスプロバイダの修理に関してもアンケートを送るのですね。
たっぷり小言を書いておきました。
この件の詳細は下のエントリにて。
iMac 修理の対応に唖然
iMac液晶修理完了と傷ついたスタンド~追記あり~

iMac液晶修理完了と傷ついたスタンド~追記あり~

  • 2012/04/13 19:30
  • Category: iMac
iMacの液晶修理は預けてほぼ1日、往復の配送時間を含めても3日以下という迅速な対応で完了しました。
修理内容は予想通り液晶パネルの交換でした。
担当者の弁でも細かい埃を吸い込んで生じた物ということなので、掃除をすれば済みそうな気もします。
この辺りの構造の問題を次期型では改良してくれないと、保証が切れると大きな出費になるので困った物だと思います。
私の場合喫煙環境の使用でもないのに僅か1年弱でこのような状態になりました。
iMacの場合AppleCareも比較的安い設定なので、私は加入した方が絶対に良いと思います。

さて問題の配送時に付けられたというスタンドの傷ですが
R1022851.jpg
こちらが向かって右側
R1022853.jpg
こちらが左側、右よりマシに見えますが僅かに角はえぐれています。

画像にハッキリ写すのは難しく、液晶画面を下げてしまえば目立たなくはなりますが、大きめの擦り傷と画像には写りませんが角に細かい傷が沢山付いています。
おそらく運送の車中でスタンドを動かすダンパーが上下に揺すられ、何度も接触したものと思われます。
iMac側の方が強度が高いのか筐体には目に付く傷がなかったのは不幸中の幸いでした。
こちらの保証に関しては新品スタンドとの交換か、スタンド代金の賠償という形になるようですが最終的な結論は出ていません。
画像は撮っていませんが、スタンド裏にも傷があるのはたぶんコンクリートに置いたときか作業中に動かした為かと思われます。
傷を付けた周辺が黒く汚れてもいますが、埃の付着具合からしても清掃すらしていない模様です。
2度とこの業者は使わないですし、このスタンドを付けて修理に出すことは止めようと思います。

4/20 運送会社よりスタンド代金の弁償が行われました。
結果金銭的には得をしたことになりますが、あまり喜ばしいこととは思えないです。

iMac 修理の対応に唖然

  • 2012/04/12 11:16
  • Category: iMac
1/12 iMac 27inch(Mid 2012)が液晶画面のシミ(汚れ)のため修理に旅立ちました。
この経緯が色々ありましした。
一応謝罪の言葉を頂いたので、名誉のためサービスプロバイダの名称は伏せさせて頂きます。

1.まずは正規サービスプロバイダA社α支店に作業を依頼(Appleのピックアップでは純正スタンドに戻すことが必要、正規サービスプロバイダは非純正スタンド装着状態での修理を受け付けてくれるため)。

2.iMac 27inch用の輸送箱がα支店にないため、β支店から輸送箱を送って貰うという約束になる。

3.β支店から翌朝連絡:昨日伝えたことは全く伝わっておらず、ピックアップ修理ならAppleに頼んだらどうかとか汚れの除去は保障対象外だとか言われる。

4.α支店に再確認をして貰い、β支店の集荷業者が集荷に来る

という段取りの悪さでした。

そして来た集荷御者ですが

「iMacを職場のフローリングの上で引きずる」
「エアキャップを上に乗せただけの状態で、車に積むため雨天のコンクリート路上にiMacを直に置く」


というあまりに非常識な対応で、その場で業者にもβ支店にも電話でクレームを伝えました。
その日の夕方β支店から電話が来ました。
どうやらもうiMacはβ支店に届いた模様ですが、その内容にまた唖然。

「輸送中のミスでスタンドを傷つけてしまいました」
「スタンドは新品と交換しますが、取り寄せとなるので修理時間が更にかかってしまいます」


との返事でした。
担当者の性格の問題もあるのでしょうが、この会社はどうも真摯に謝っている印象は受けません。
メインマシンの修理期間が延びるのは困るので、液晶の修理が完了したらiMacは返却しスタンドは自分で取り付けることにしました。
修理完了次第責任者が同行し、こちらにiMacを返却するそうです(同行は不要なので断ったのですが)。
このプロバイダの修理内容自体に大きな不安を抱きますので、戻ったマシンは良くチェックする必要がありそうです。

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。