スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook Air 2013モデルの搭載SSDについて〜続報〜

6/20のエントリ「MacBook Air 2013モデルには性能の異なる複数メーカーのSSDが搭載されている。」には沢山のアクセスとコメントを頂戴しました。
日本の購入者に対しても128GB SSDにSamsungモデルが出荷されていたこと。
ただしSamsung製 128GBもWRITE性能は400~450MB/s止まりであることなどが分かりました。
この性能差には相互リンクしている「風まかせ」のkoozypさんが「新型MacBokAirさんのSSDですが・・・・」というエントリで128GBモデルと256,512GBモデルでは異なる仕様のSSDが搭載され、128GBモデルに関してはコストダウンが測られているのではないか?という推測をされています。

名称未設定4

ここにMacBook Air2013モデルの別のマシンのSpped Test結果があります。
今までの結果からするとこれはSamsung製の256GBまたは512GBモデルのベンチ結果という推測がたちます。
ところがこのマシンのシステムレポートを見ると

5.jpg

何とSDつまりSanDisk製の256GBモデルでした。
MacBook Air 2013モデルに対してAppleはSanDiskとSamsung2メーカーの128GBと256GBモデルを採用している事が判明しました(512GBのSanDisk製は未確認)。
同じ容量のSSD間で2メーカーのは性能差は比較的少ない(WRITE性能はSamsungが若干上?)と思われます。
いずれにせよ128GBモデルと256GB以上のモデルではWRITE性能に明確な差があり、両者のSSDには違う仕様の物が搭載されている可能性が高いという結果です。
予算が許すのであれば128GBモデルより256GBモデル以上という結果は変わりませんが、容量からSSDの製造メーカーを選択する事は難しいという結果となったことを報告させて頂きます。
スポンサーサイト

MacBook Air 2013モデルには性能の異なる複数メーカーのSSDが搭載されている。

MacBook Air 2013モデルにはSATA3.0からPCIe x2のSATA Expressに変更になった新しいSSDが搭載されています。
その性能進化は凄まじく、最初に読んだ「Macお宝鑑定団Blog」で見た数字は
Write 675MB/s、Read 717MB/sというものでした。
ところが実際自分の所に届いたAirを同じBlackmagic Disk Speed Testにかけてみると。

1777.jpg

READ性能は同等ながらWRITE性能が300MB/s程度と半分以下しか出ないのです。
不思議に思い今度は週アスの記事「Haswell搭載MacBook AirのSSDは爆速仕様だった!」を見ると私のマシンとほぼ同等の結果です。
この結果を不思議に思い更にググってみると、MacBook Air用のサードパーティー製SSDを作っているOWCの記事
Performance Testing: Not All 2013 MacBook Air SSDs Are The Same
に辿り付きました。

内容を理解できた範囲で簡単に書くと

我々が入手したMacBook Air 2013モデルには2種類のSSDが搭載されている。
11inch 128GB SanDisk/Marvell PCIe SSD
13inch 512GB Samsung PCIe SSD
の2種類があり、WRITE性能はSamsung製がWrite 約700MB/sあるのに対しSanDisk製はWrite 約400MB/s程度である。
パフォーマンスの違いは大きく、書き込みの違いはあなたの購買決定に影響を及ぼす可能性がある。


というものです。
「Macお宝鑑定団Blog」のテスト結果は13inch 256GBモデル、「週アス」の記事は11inch 128GBモデルで行われたものではないかと思います。
その後256GBでもWrite 700MBの性能を出している記事も見つけました。
総合した結果、私が予想した所では
128GBのSSDはSanDisk、512GBはSamsungであることがほぼ確実、256GBも恐らくSamsungであろうという結果になります。
記事執筆以降256GBにもSanDisk製品、128GBにもSamsung製品の搭載が確認されました。
128GBのSSDを選んだ私には少々ガッカリの結果になりました。
このような事は2011モデルのMBA(Samsungと東芝)でもありましたが、今回の性能差は体感できるのかは別としてかなり大きなものです。
今後MBAを購入しようという方には予算が許せば256GB以上のSSDを選択することをお勧めします。
また執筆内容は私見も入っており保障ができる物ではありませんし、今後仕様が変更になる可能性もあります。

追記:MacBook Airの搭載SSDは「このMacについて」→「詳しい情報」→「システムレポート」→「SATA/SATAExpress」で確認頂けます。APPLE SSD SDで始まるのがSanDisk,APPLE SSD SMがSamsungです。

追記:海外サイトの情報ですが、128GBにもSamsungモデルがあるいう情報をujikyさんより頂きました。
http://forums.macrumors.com/showthread.php?t=1596221
ただしスペックはSanDisk並400MB/sという話です。

追記2:yukitanさんからコメントを頂戴しました。日本国内向けにも128GB Samsungモデル WRITE 400MB/sが出荷されている模様です。

新しいシェルケース moshi iGlaze for MacBook Air 11inch Trancelucentを試す。

花粉症の影響か、風邪を引いたのか体調が悪いので今日は以前のお買い物エントリでお茶を濁します。
以前とは一転して、最近全てのノート型Macをシェルケースに入れてしまいました。
ノートマシンは持ち運びが前提ですので、部屋の中の移動でもしているといつの間にやらMacに傷を付けていることがあります。
ふと気がつくとアルミボディーの角が一部潰れているのはガッカリさせられます。
また裸で使っていた時は持ち運びにはスリーブケースを使っていたのですが、シェルケースならそのまま鞄に放り込むことができます。
傷の保護と、外出時の利便性を考えるとシェルケースを使うのは非常に理にかなった選択だと思い直しました。
MacBookシリーズ用のシェルケースと言えばspeck社のシリーズ、Power SupportのAirジャケットが有名だと思います。
speck社のケースはは前回のエントリでMacBook Pro Retina13inchにSmartShell SATINのブラックを装着。

2013-02-14 01.03.40

自宅用のMacBook Pro 13inchにはクリア仕上げのSmartShellを選びましたが、これはツルツルであまりにMacの質感が悪くなる上、内部に入ったゴミが非常に目立つので好きにはなれませんでした。

IMG_0053.jpg

MacBook Pro Retina15inchにはSeeThru SatinのAmethyst Purpleを選びました。
こちらはブラックより中が透けて見えますし、紫というカラーから想像するよりシックでなかなか悪くないと思います。
上記のspeck社のシリーズはすべてApple Storeからの購入なのですが、全て3,980円となっています。
ところがSeeThru SatinではなくSmartShell SATINというシリーズが別に量販店などで販売されています。
こちらは中身は同じ(カラー違いあり)ように思えますが4,980円と1,000円も高くなっています。

IMG_0040.jpg

同じメーカーのケースばかりでは面白くないですし、Macの質感を一番生かすのに最適だと思いMacBook Airに選んだのはmoshiのiGlaze Trancelucentです。

IMG_0044.jpg

若干白みがかりますが、新品装着時ならば一番自然なシェルケースではないかと思います。
iPhoneでもそうですが、つや消しのメタルにクリアは合わないと思うのですよね。
Power SupportのAirジャケットは品質は良いのですが、値段の高さとこの点が好きになれません。

IMG_0047.jpg

ゴム足もしっかりしたものが付いています。

IMG_0050.jpg

Macを固定するツメの処理も奇麗なので、このカラーでは存在がほとんど分からない位です。

IMG_0051.jpg

ポート部分の処理も悪くないですね。

IMG_0054.jpg

ケースの厚みはspeckのケースと同等かやや薄い気がします。

総じてmoshi iGlaze Trancelucentは私が今まで使ったシェルケースの中では一番Macのイメージを損ねない製品だと思います。
ただしこの素材の問題点はiPhoneケースなどでも感じますが、経時劣化ではないかと思っています。
半透明のクリアは手垢が目立ち、素材自体が徐々に黄ばんだり薄汚れてしまったときにもはや洗っても元には戻らなくなります。
この部分をクリアすることは難しいのではないかと私は考えています。

moshi iGlaze for MacBook Air 11 半透明 (Translucent)moshi iGlaze for MacBook Air 11 半透明 (Translucent)
()
moshi

商品詳細を見る

Retina用もあります。

moshi iGlaze Pro 15R 半透明(Translucent)moshi iGlaze Pro 15R 半透明(Translucent)
()
moshi

商品詳細を見る

MacBook Airから取り外したSSDを外付けドライブに2~MX-Technology MX-KAPSLING~

2012-05-15 12.03.05

前回購入したOWC Mercury On-The-Go Proが同社の2.5inch 外付けHDDの流用であまりにも酷い商品だったので、使わずに処分し別の物を物色しました。
Amazonやヤフオクにはサイズを縦半分にしたようなケースも出ていますが、そちらはあまりに信頼性が低そうなのでパスしました。
今回の商品は米Amazonから購入したMach Xtreme(台湾)の製品MX-KAPSLINGです。
対応インタフェースはUSB3.0、ケース材質はアルミ。
100%ハンドテストが実施され、1年間の保証が提供される。
外形寸法はW79×D130×H15mm。

2012-05-15 12.05.22

商品の外観はこれまた薄型の2.5inch HDDケースという感じです。
アルミの質感は素晴らしくもないですが、まあまあ無難なデザイン。

2012-05-15 14.38.03

外寸は随分昔に買ったTrancendのHDDケースと比較しても同じくらいです。
恐らくMX-KAPSLINGも同じメーカーの外付けHDDあたりを流用している気がします。

2012-05-15 13.02.12

当然と言えば当然ですが大きく違うのは重量です。
SSDの場合は本体が軽く小さいのでケースに入れても113g

2012-05-15 13.02.23

ケース本体のそれぞれの重さを比較していませんが、2.5inch HDDを入れた方は199g。
この差は手に取ると結構違います。

2012-05-15 12.07.22

前後しますが、SSDの装着はネジ2本を緩めて基盤部分を外します。

2012-05-15 12.08.38

基盤にSSDをセットしネジで留めます。

2012-05-15 12.11.47

元に戻せばOKです。

名称未設定

USB2.0接続にて5.15GBのファイルコピーを行った時の速度はSSDで3分48秒、HDDで3分56秒と僅かにSSDの方が高速でした。
USB3.0がMacに採用されれば絶対的な速度は上がると思われますが、HDDとの差が開くのかどうかは分かりません。

MacBook Air(Mid 2011)のSSD交換

少し前に行っていた作業なのですが、花粉症が酷くアップする元気がなかったので持ち越していたエントリです。
私のMacBook AirはMid 2011 13inchのベースモデルなのでの内蔵SSDは128GBです。
現状では足りていますが、iTunesのライブラリを入れるほどの容量が空いておらずあくまでサブ機としての用途に限定しています。
SSDの容量も480GBクラスが積めれば便利ですが、選択肢はOWC製しかなく10万円以上です。
これではMacBook Air 11inchがもう一台買えるほどの価格になってしまいます。
同社のSATA6Gタイプだと、240GBでも5万円以上とこちらも容量の増加が少ない割に決して安くはありません。

2012-04-27 10.58.17

そこで私が入手したのはこの商品。
Apple純正の256GB中古品です。
Mid 2011のMacBook Airにはは東芝製orサムソンのSSDが内蔵されていますが
東芝 :Read 220MB/sec, Write 180MB/sec
サムソン :Read 260MB/sec, Write 220MB/sec
とサムソン製の方が高速と言われています。
恐らく速度向上は体感はできないでしょうが、性能アップと容量の増加を見込めるサムソンの256GBをヤフオクで落札しました。
怪しげなシールが貼ってますし、使用期間僅かと書かれてましたが価格は15,800円でした。

2012-04-27 10.58.06

SSDにはMacBook Air開腹用のドライバーも付属していました。
上が裏蓋用のペンタローブ、下がSSD固定用のトルクスになっています。
オマケの割には精度も良く、ネジ山をなめてしまうようなことはありませんでした。

2012-04-27 11.36.42

予め内蔵SSDからのバックアップをTimeMachineで外付けHDに取っておきます。
後先考えない性格なので写真にはすでに外したネジが写っていますがw

2012-04-27 11.18.02

ペンタグローブを使ってMacBook Airの裏蓋を固定しているネジを全て外します。
ネジの構成はMacBook Proに似ていますが、ボディーの薄さに合わせて短めのネジとなっています。

2012-04-27 11.19.07

MacBook Airの中身はバラシ記事などで見ていましたが、整然としていて実に美しいものです。
薄いボディーの大半がバッテリーセルで占められているのがわかります。

2012-04-27 11.20.45

SSDはソケットと反対側をT6のトルクス1個にてネジ止めされています。

2012-04-27 11.21.39

ソケット部分は端子も小さく脱着も簡単です。

2012-04-27 11.22.17

サムソンのSSDに換装しネジを止め直します(中古のためか印字がかすれて汚いですね)。
後は裏蓋を戻せばお終いとMacBook Proのストレージ交換より簡単です。

2012-04-27 11.25.36

新しいSSDにシステムを復元する作業に入ります。
まずはコマンド+Rを押して起動。

2012-04-27 11.31.18

Mac OS ?ユーティリティーが立ち上がりますので、まずはディスクユーティリティーからSSDを初期化。

2012-04-27 11.32.06

Apple純正品のため251GB APPLE SSD...と表記されています。

2012-04-27 13.18.53

続けて先ほどバックアップを取ったHDDからTimeMachineを使って復元。

2012-04-27 13.19.25

バックアップの内容を選んで

2012-04-27 14.01.55

バックアップボリュームを選択

2012-04-27 14.02.32

USBの外付けだったので、それなりに時間はかかりましたがWi-Fi経由よりは速いものと思われます。

091_20120427150801.jpg

データを移していないので中身がスカスカですが、無事251GBを認識しています。
MacBook Airの内蔵SSDの交換は工具さえあれば実に簡単な作業でした。
市場に出回るSSDの選択肢がもう少し増えて価格も下がれば便利になると思います。
今回は中古とはいえ、AppleのCTOで+\26,564のストレージが安価に入手でき、元のSSDも余ってますので良い買い物かと思います。
ちなみに同じSSDは新品の場合¥ 27,500(4/27現在)でVintageComputerさんで売られていました。
余った128GBのSSDの活用法は予想は付くと思いますが、別途考えています。

【MacBook Air 256GB + USB3.0】交換用SSD & USB外付けケース【MacBook Air 256GB + USB3.0】交換用SSD & USB外付けケース
()
5050 International

商品詳細を見る

Amazonでは取り外したケース付きで出ていますが、こちらの方が良いかもですね。

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。