スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac mini Late 2012 Fusion Driveモデルの実力

  • 2013/02/13 00:11
  • Category: Mac mni
119_20130212163806.jpg

実は先日届いたMac miniにはCTOでFusion Driveを入れて貰いました。
交換となった2011モデルはSSDとHDDのデュアル構成だったのですが、交換してHDDのみになってしまうのは辛いですし、かといってまた同じSSD増設をするのも工賃やその後のトラブルを経験してしまうと嫌でした。
そこで考えたのがCTOのFusion Drive
「差額はお支払いする条件でFusion Driveを追加できないですか?」
と尋ねたところ、シニアアドバイザーは快諾して下さいました。
プラス¥23,100はお安くはないですが、また増設工賃に1万円ほど払うなら2011モデルに増設したSSDも他に回せますし、無駄とも思えません。

2013-02-10 21.26.46

外箱にはFUSIONの文字がちゃんと表記されていました。

001_20130212164501.jpg

「このMacについて」からストレージを見ると「1.12GB ハード・ドライブ+フラッシュストレージ」と表記されています。

012_20130212170108.jpg

Geek Benchの結果はこれくらい。
ちなみにこの時点でメモリは旧規格のPC1333を使っての数字です。

013.jpg

この数字は同じCPUを積んだMacBook Pro 15inch(Retina)と殆ど同じでした。
MacBook Proのメモリは8GBです。
GPU性能を考慮に入れないGeek Benchなのでメモリの条件は違いますが、SSDオンリーのMBPと同じ位というのはなかなか凄い結果に思われます。
ちなみにリンクして頂いているSecondSolitionさんに2.3GHZのSSD増設モデルのベンチが載っていました。
こっそりMac mini
クロックは私の方が0.3GHZ高いマシンになりますが、SSDモデルを少し上回る数字を出しているということになりますね。

006_20130212170933.jpg

Disk Speed Testの結果はこれくらい。

008_20130212171123.jpg

こちらが同じMPBのスコアです。
書き込みスピードは残念ながら劣りますが、読み込みは殆ど差がありません。

Mac miniとiMac 21.5inchの場合は2.5inch 5,400rpmのHDDが標準ですが256GB SSDより安く1TB以上のFusion Driveが選択可能です。
iMac 27inchの場合は3.5inch 7,200rpmのHDDが標準な上、1TB(¥23,100)ないしは3TB(¥36,960)のFusion Driveが選択可能。
27inchで768GBのSSDを選んでしまえば追い金は¥120,120ですので、容量が3倍以上のFusion Driveの費用対効果は絶大です。
ただしFusion DriveはApple StoreのCTOのみの販売ですので、値引き販売は殆ど期待できません。
また現行iMacの分解は相当困難なようですから、素人は手を出さない方が賢明でしょう(
初期の1.5inchには基板上SSDが増設不可という話もあります)。
こうなるとMac miniをApple純正にはない256GB SSD+HDD構成にて、自作Fusion Driveにするのも面白いかもしれませんね。
自作Fusion Driveに関してはネット上に方法はアップされていますし、試されているブロガーさんもいましたが詳細な検証結果は見つけられませんでした。
※ベンチテストに関しては全然詳しくないので、おかしな記述がありましたらお手数ですがご指摘下さい。
スポンサーサイト

Mac mini Late 2012届く

  • 2013/02/10 11:12
  • Category: Mac mni
2013-02-09 21.23.59

先日「Mac miniと液晶のフリッカーやブラックアウトの件、続報」に書いたMac miniですが、新型の誘惑には勝てず交換して貰うことになりました。
このような交換の場合、機種の選定は旧機種の同等グレードが適応になります。

888_20130210102959.jpg

つまり私の使っていたMid 2011モデルは当時の2グレードの上位機種なので、Late 2012の上位グレードつまり2.3GHzクアッドコア i7モデルとなります。
仮に下位グレードがスペック的に交換するマシンより勝っていても、必ずこうなります(過去にも経験有)。

999_20130210103223.jpg

更に私の場合Mid 2011モデルはCTOのi7モデル(標準は2.5GHz デュアルコア i5)をソフマップの店頭在庫で購入していました
こちらのアップグレード分も適応になるので、交換機種はCTOの2.6GHzクアッドコア i7モデルとなります。
通常新型は旧機種より同価格か安くなりますので、当然と言えば当然なのですがスペック的にはお得感が強いですね。

2013-02-10 21.28.29

Mid 2011に増設してあったSSDとHDDは増設した正規サービスプロバイダにて工場出荷時状態に戻して貰いました。
通常は10,000円程度の費用となる(増設時は8,400円だったのですが...)と言われましたが、トラブルが原因と言うことで増設時の半額4,200円で作業をして貰えました。
画像左側にあるのがApple純正のドライブ増設用パーツとなります。
本件で感じたのはやはり自己責任の増設作業のつけは高く付くということでした。
増設時にかかった費用¥11,380と元に戻すための費用で合計15,580円が結果的には短期で無駄になってしまいました。

え!Late 2012モデルに取り外したSSDを移植しないのかって?
その話はまだ後日
~次回に続く~

Mac mini(Mid 2011,Late2012)と液晶のフリッカーやブラックアウト~ 追記有~

  • 2012/12/04 08:53
  • Category: Mac mni
私の所有してるMac miniはMid 2011のi7モデルですが、最近になって接続しているCinemaDisplayにフリッカーが発生しています。
朝の起動してから暫くの間ブラックアウトとフリッカーを頻発しますが、ずっと続くわけでもなく1時間もするとピタッと症状が止まります。

お決まりのSMCリセットやPRAMクリアなどは当然効果なし。
ということでサポートに電話をした所
Mac mini2011モデル、2012モデルに接続したモニタ上にフリッカーや砂嵐が発生する現象はAppleも認識しており、現在未解決である。」とのことでした。
同様の現象はAppleのサポートコミュニティーにも上がっていました。
Mac mini(Late2012)で画面がブラックアウト
砂嵐と言えば実はRetina 15inchモデルにHDMI接続したNEC PA241Wにも時々発生します。
こちらはHDMIのの抜き差しで解消しますが、全くモニタが見えなくなるので少し困っています。
Thunderbolt周りからくるフリッカーに関しては以前にiMacを使用していた時も
ThnderboltとCinemaDisplayのフリッカー」随分悩まされました。
当時はMacBook Proでも同様の現象が発現していたそうですが、同じ原因であれば今だ未解決なのには驚きました。
「ソフトウェアアップデートで対応予定」と言われていますが、一体いつになれば改善するのでしょうね?

追記:後から分かったことですが、この現象が起きるのはLate2012モデルのみであり、Mid 2011に発生するとはAppleは認識していないそうです。
私の場合シニアアドバイザーの対応ミスということになります。
Mid 2011に発生した場合は修理対応ということになりますので、訂正させて頂きます。

Mac mini メモリ増設8GB→16GB

  • 2012/05/11 13:36
  • Category: Mac mni
昨日ヨドバシカメラにて他の買い物の合間にバルクメモリのコーナーを見ていた所、安値メモリで有名になったCFDのDDR3 1333 SODIMメモリ 8GB×2セットが販売されていました。
ヨドバシカメラの価格でも10,800円だったので、ポイント分を考慮すれば通販とも差がない価格です。
私の場合iMacはスロットが4つあるので4GB×4=16GBにしていますし、あとは受付のMac mini(8GB)と増設不可のMacBook Airですから8GBメモリは導入していませんでした。

2012-05-11 07.13.30のコピー

店員に他社のメモリで安いのがあるのか尋ねたところ勧められたのがUMAXのメモリでした。
私もWindowsで使っているメーカーでしたし、ヨドバシ価格でも10,000円を切っているので余ったポイントで購入してしまいました。

2012-05-11 07.22.32のコピー

行き場所はとりあえず増設の簡単な受付のMac miniにしました。
裏蓋を開けてポンとセットするだけ、作業時間は1~2分くらいです。

名称未設定

ヨドバシの場合相性保証はないので心配でしたが、無事認識しました。
今のMac miniは受付にはオーバースペックなので、もしかしたら引っ越しを考えるかもしれません。
後から探したらAmazonでは8,250円(5/11現在、送料無料)でした。
ちょっと失敗。

UMAX Castor DCSoD3-16GB-1333 (8GB×2 計16GB) ノート用 SO-DIMM DDR3-1333UMAX Castor DCSoD3-16GB-1333 (8GB×2 計16GB) ノート用 SO-DIMM DDR3-1333
()
UMAX Technologies

商品詳細を見る

Mac mini Mid 2011を受付機に

  • 2011/09/28 10:43
  • Category: Mac mni
R1021005.jpg

通信環境の整備が整ったので、私のデスク上でくすぶっていたMac mini Mid 2011を受付機兼ファイルサーバーとして稼働させることにしました。
データ移行はFWターゲットディスクモードで簡単に終了しましたが、一体型ではないデスクトップ機2台というのはモニタを共用しないといけないので、繋ぎ直しが少々面倒です。

R1021009.jpg

デスク上には今までカウンタースペースの関係で旧型CinemaDisplay 20inchが働いていたのですが、アポイント表と入金票を両方表示させるには手狭になったので、LED Cinema 24inchをお引っ越ししました。
1,680×1,050ピクセルから1,920 x 1,200ピクセルに上がったのでさぞやデスクトップが広くなるかと思いきや、画像の通りアポイントを1週間表示させるとちょっと重なってしまいます。
こういった用途にはワイド画面の高解像度液晶が向いているようですが、ソフト側の運用で対応したいと思います。

R1021012.jpg

所詮小さな歯科医院なのでカウンタースペースが狭く、24inchが来ると正直モニタにかなり近い位置で作業するスタッフには少々大きすぎる気もします。
実に簡単に終わったので、Lionの使い方を少しだけレクチャーしてスタッフに渡したら
「プリンターが動きません!」
「ワープロが起動しません」
と次々仕事が増えていきましたw

R1021011.jpg

デュアルモニタだった私のデスク上は逆に寂しくなってしまい、とても写真では27inch iMacには見えませんね。
今は仮に20inchを設置しておこうかと思っています。

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。