スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

付け八重歯

  • 2011/08/03 16:33
  • Category: 歯科
八重歯
顎骨の劣成長や乳歯の脱落遅延などによって生じる現象であり、永久歯が正常に萌出するためのスペースが確保できない場合に発生する。また先天的な歯冠幅や骨格によっても左右されるため、遺伝的な要因が大きいとされる。萌出後の顎骨の成長によって正しい位置に自然誘導されるケースもまれにあるが、多くは人為的な歯列矯正が必要となる(Wikipediaより抜粋)。

先日美容院に行った折に、洗髪をしてくれる若い女性美容師さんに尋ねられた。
「先生の所では付け八重歯はやってますか?」
一瞬何のことだか分からなかったが、どうも若い女性の間では「八重歯ガール」という愛称でAKBの板野友美のような八重歯の女性が可愛いということでもてはやされているらしい。
そこで登場したのが「付け八重歯」だそうで、取り外しのきく簡単なものから削って作る高級な物まで様々だそうな。
美容院では曖昧に答えておいたが、好奇心から多少検索してみた。
いわゆる「審美歯科」という看板を掲げている歯科医院では結構取り扱っているところも多いようである。
値段は一本数千円から5万円位までかなりマチマチ。
仮歯のようなプラスチックの歯を外から嵌めるだけというものから、型をとって制作したシェルを接着させるものといった差のようだ。
いずれにせよ自分の歯の上に異物をくっつけておく状態だから、まともな歯医者であれば医療的観点からすればやりたくない仕事に間違いない。
進んでやるのは金の亡者のような審美歯科クリニックくらいであろう。
もし希望者が来院したらどうしようか?とだけ考えておいた。

さて数日後、朝私の歯科医院に電話が入った。
「そちらでは付け八重歯はやってますか?」
私の答えは

「積極的にはお勧めしないですが、試しにやってみてもいいですよ」
「だだし口の中を見てみないと可能かどうかはわかりません」

と答えた。
電話は彼女に足代わりに使われた男のようで、実際来院したのは予想通りのギャル風の女性。
欠けた歯や脱落箇所があるが、無茶苦茶な口の中でもない。
ということで仮歯用のシェルを口の中でカスタムで加工し、そこそこの適合で作った付け歯を接着剤で貼り付けてみた。
患者は綺麗に仕上がったので、とても喜んでいた。

「たぶん持って数ヶ月でしょう。色が変わったり剥がれたら中の歯を綺麗に磨くのでまた来て下さい」
「きっとその頃には飽きると思いますよ」

それけ伝えたが、来るかどうかは当てにならない。
一歯科医としてこういう仕事は断るべきなのだろうか?
余程歯を磨かない患者でなければ、大きな問題を脱落までの期間で起こすことはないだろう。
一方で審美クリニックではなくても、変色歯を治すためにラミネートベニアと言ってセラミックのシェルを貼る付けるような治療は普通に行われている。
ラミネートベニアも下手な歯科医であれば、今日の付け八重歯以下のレベルで修復されているケースもある。
矯正用の装置に比べれば清掃性だってさほど悪くはなく、この患者であれば虫歯にはならないと思われる。
彼女は数ヶ月八重歯が可愛く見えるだけで満足するのだろう。
日本以外ではあり得ないニーズだろうが、やったことが「歯科医の風上にもおけない」程の行為だとは私は思わない。

かかった時間は1時間以上、頂戴したお金は1本1,050円。
やはり治療とは呼べない内容でお金を稼ぐ気にはなれない。
あまりやりない仕事であるのは確かである。

医療上の是非を問うようなコメント、治療内容に関する質問は一切お断りします。
スポンサーサイト

医療用ソフトの保守契約とバージョンアップ

  • 2011/03/04 11:33
  • Category: 歯科
P1020132.jpg

我々医療関係者が毎日仕事に使用するしているにパソコンはMacではありません。
それは大半の保険診療請求用ソフト(以下レセコンソフトと略)がWindows専用のソフトだからです。
正確に言えばMac上でも動かすことは可能ですが、周辺機器のトラブルなどがあった時ソフトメーカーのサポートが受けられないので、Macでの運用は今は止めています。
このソフトの値段はいくらくらいだと思いますか?
私が使っている物はソフト単体での販売商品ですが、130万くらいです。
他の大手メーカーは殆どがパソコンとの抱き合わせ商法で販売価格はスタンドアローンで、周辺機器も含めれば200万コースです。
定価販売に近い形で、最新機でもないパソコンや周辺機器を抱き合わせ高額なソフトを売りつけられるのは納得できなかったので、当時ソフト単体で販売されていた商品を導入しました。
購入して運用していくと今度は保守契約が必要になります。
保守契約のメインは年に1,2度入るかどうかの点数改正に対する改正ソフトの入手です。
後は今まで一切お世話になったことがない、出張サポートがありますが年間保守契約料金は9万円です!
Adobeソフトのアップグレードが高いという話は良く耳にしますが、私としては法外とも思っていません。
仕事のメインで使うソフトで年に2万円位(PotoshopCSの場合)で最新版が使え、かつ以前のバージョンでも作業に支障はきたさないのです。
レセコンソフトの場合最新の更新データがなければ何の意味もありません。
私の使用ソフトの場合、保守契約を切っても更新ディスクは単独で購入できます。
ただし大きな改正が入った場合更新料が8万円とかも場合もあるので、保守に入った方がいざというときのサポートも付き割安です。
保守契約は必要になった場合いつでも再加入できるので、今年は僅かな改正のため更新ディスクは実費購入にしました。
更新のCDがいくらかと思えば、これが12.000円でした。
内容は金属の点数が変わっただけなのです。
Appleで言えばソフィとウェアアップデートで数秒で書き換わる内容に思えます。
私にはボッタクリにしか思えない価格ですが、渋々支払いには同意しました。

思えば数年前に保険請求の電子化が始まった時には、レセコンメーカーは特需とも言われた景気だったと聞きます。
その割に電話サポートは一向に充実せず、忙しい時期はいつも話し中。
肝心のソフトの機能はまったく進歩していません。
一度導入すれば価格の点で簡単に他社には乗り換えられないですし、継続すれば保守契約必須と医療関係者は縛られています。
大手ソフト会社が参入すれば市場は一変するのですが、このような狭い世界では今後とも無理でしょう。
事はレセコンメーカーばかりではなく、医療用というだけで全く同じ内容の商品でも工業用に比べ値段は遙かに高額という物を我々は沢山使用しています。
同じ医療用でも海外通販などで安く買える物は沢山ありますが、個人輸入には障害がある品目も多いのです。
歯科メーカーの経営状況が悪いのかというと、国内最大手のGCなどはかなりの規模の社屋を新オープンさせています。
疲弊してしまった苦しい業界の末端診療所はこういったメーカーに食い物にされている気がします。

歯科医と企業努力(自由診療はなぜ高いのか)

  • 2010/12/25 23:33
  • Category: 歯科
P1010325.jpg

今日の夕食は近くのとんかつ屋さんのチキンカツ定食でした。
クリスマスセールで通常680円の定食が490円!写真では良くわかりませんが、結構なボリュームです。
このとんかつ屋ですが、10年ほど前にお店を構えロースカツ定食は580円、ヒレカツ定食も680円で食べられます。
オープン以来一切値上なし、横に付けてあるキュウリの漬け物が食べ放題でなくなった位です。
世の中小麦粉が上がればラーメン屋は値上げ、ドーナツは小さくなる、コーヒー豆の量は減るとすぐ原材料費が上がると値上げする企業が多いなか立派なものです。

実は歯科のの診療費も値上はほとんどありません。
保険点数はいつも横ばいか実質のダウン、どこかが上がれば他を下げられ、例えば金属が高騰しても点数は全く追従していません。
手を抜かない限り、保険の被せ物の利益など数百円がいいところでしょう。
俗に「差し歯」と呼ばれる自費のセラミックの料金も数十年前から相場は10万程度と殆ど上がっていません。
10万と言われれば「高い!」と思われるかもしれませんが、真面目な歯科医は綺麗な修復物を維持させる為に精一杯の努力をします。
私の入れる差し歯はほぼ90パーセントが前医のやり直しです。
時には悲惨な状態で入れられた修復物を壊し(僅かに残った歯を破壊せずに外すことは大変な作業です)、病気のできた根を治し、患者に合わせたブラッシング指導(これも根気が必要です)と歯石の除去、形態修正のあと仮歯を何度も手直して歯肉の状態を改善していきます。
時には必要な外科処置も行います。
健康な組織を回復させるのに、時には数ヶ月から年単位の時間を要することもあり、精密に取った型から作られる修復物(腕の良い技工は当然料金も高めです)があっての10万という費用です。
TVでやっているビューティー何とかの審美歯科は殆ど詐欺まがいの仕事に思え、あの後の末路を委ねられる歯科医はたまったものではありません。
確かに時には比較的楽なケースも存在しますが、それは僅かな割合です。
とても利益数百円の保険診療でできる仕事ではありませんが、良い患者さんには保険の範囲でも精一杯の努力はいたします。
最後の修復物は差が出ますが、それは差別ではなく区別なのです。
私の考える良い患者は「予約を守る」「治療の一環としての指導は努力して頂く」「費用に関係のない最低限の治療方針には従って頂く」ことです。
精一杯の努力と時間を掛ければ時には少し費用をかけて頂きたいというのは、真面目なな歯科医の本音です。

このブログをご覧になる方でもし「自分は良い歯医者にかかっている」と思う方がいましたら、時には少し良い修復物に目をやって下さい。
差し歯はともかく詰め物程度なら費用は5万円もかかりません。
それらは殆どが長い期間、患者さんの口の中で機能と審美をまかなます。
歯科の仕事は薬のによる自然治癒はなく、制作物は全てカスタムオーダーの作品なのです。
ブランド物の高級バックやファッションで身を固め、口の中は歯周病で生ゴミのような臭いの方を見ると私は「お金をかけるところが違いませんか?」と尋ねたくなります。
ブランド服が使えるのはせいぜい数年間のことです。
10年、20年と口の中で役に立つ物に数万から10万円程度の費用なのは決して高いとは思えないのです。

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。