スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad 128GBモデル投入の意味を推測する

  • 2013/01/30 10:00
  • Category: Apple
999_20130130081809.jpg

128GB版の市場投入
昨日iPad第4世代モデルに128GB版が投入されることが発表されました。
過去の商品サイクルを考えると不思議なタイミングのラインナップの追加に思えますし、個人的にはもっとも必要のない機種に導入された印象があるのです。
私にはこのモデルを買うユーザー層があまり見えません。
恐らく一部の業務用途で使うヘビーユーザー、大容量の音楽データや電子書籍をiPadに保管するユーザー位しか手を出しにくいモデルになるのではないでしょうか?
一般ユーザーが高額な128GBモデルを買うならば、容量の大きな動画データ等は必要に応じ母艦のPCから入れ替えて使うと考えるからです。
では何故そんな商品が発売されたのでしょうか?
それは販売不振にあえぐ第4世代 iPadの販売促進(在庫処理)にあるのではと憶測しました。
以下私の独断によるエントリです。

777_20130130082434.jpg

Lightningコネクタの採用
第4世代iPadは第3世代iPadの発売から従来にない短いサイクルで市場投入されました。
その理由はLightning端子の採用による他のiOSデバイスとの規格統一のためでしょう。
Lightning端子の採用は薄型化したiPhone 5にはどうしても必要な物でした。
小型化されたLightning端子であれば、もはや30pinでは設置に無理があったiPadやiPod touchにも無理なく採用が可能となります。
しかし第4世代iPadは製品自体の薄型化、軽量化はできませんでした。
開発期間の短さが影響しなかったとは言えない気がします。
思えばAppleは30pin端子を長く使いすぎたのではないでしょうか?
規格の変更は周辺機器などにも大きな影響を及ぼしますし、容易ではないかもしれません。
しかしiPhone 4Sからこの規格を採用していれば、iPadとiPad miniを同時発表する必要はなかった気がします。

222_20130130083013.jpg

A6Xプロセッサ
第4世代iPadではプロセッサも刷新されました。
第3世代iPadがA5チップでは能力不足であったのはAppleも分かっていたのでしょう。
より処理能力を上げたA6X チッブで足下を固め、Retinaディスプレイを持った最上位機種で万全の体制を築く予定だったのだと思います。
しかしプロセッサの変更はユーザーにとってはさほど重要なことではありません。
従来Macのアップデートに際してもCPUの変更はマイナーアップデートで行われることも多い部門です。
クロック数の向上はユーザーにとっては、さほど買い換え意欲をそそられるものではないのです。

 444

iPad miniによる共食い
第4世代iPadの販売不振の原因は販売サイクルの早さと、製品自体の魅力に欠けていたこと、そして同時発売されたiPad miniにあったのは明白です。
フルサイズiPadを求めるユーザーは大きな変化のないため買い換えを保留し、第3世代の大きさや重さを必要としないユーザーは価格が安く軽量なiPad miniに流れてしまいました。
iPad miniは今のタブレット市場のニーズに合わせたモデルです。
良い製品ではありますが、サムソンなどのメーカーの7inchタブレットがヒットしなければ誕生しなかったモデルだと思います。
Appleとサムソンでは製品サイクルが違います。
サムソンなら小さいと思えば大きく、大きいと思えば小さなモデルを半年以内で市場投入します。
iPhoneの液晶サイズ拡大にはあれほど拘ったAppleが、かつてJobsが否定した7icchタブレットをアッサリ発売しました。
これは賢明な判断だったのでしょうか?
その答えはまだ分かりません。

第5世代iPad
真偽は不明ですが、昨日はiPad次期モデルと噂されるバックパネルの画像も流出しました。
恐らく第5世代iPadは年内に行われ、現在のiPhone 5やiPad miniのデザインを踏襲したシルバーとブラック&スレートで発売されるでしょう。
その前に発売されるであろうiPhone 5S(iPhone 6?)はもっと重要な意味を持つモデルになると思われます。
iPhone 5Sに投入される新技術を持って第5世代iPadをより魅力的なモデルにして欲しいというのが私の願いです。
今やiOSデバイスはAppleの完全な主力製品です。
史上最高の業績を発表しても大きく株価を下げている現状、アナリストの読みはあながち間違いだとも思えません。
私としては短期のモデルチェンジとなっても失敗した第4世代モデルの早期修正を図ることは必要だと思っています。

最後に
思えば新しもの好きの私が新型のiPad,Mac mini,iMacの購入は見送っています。
それがAppleの投入する製品達に魅力を感じていないためでないとは言えません。
予兆はもはや販売が下降線のRetina MBPにも始まっていると感じます。
この記事の続編を書かないで済むことを心から願っています。
スポンサーサイト

モバイルガジェット私の運用法(2012.5.現在)~Apple製品に落ち着く~

  • 2012/05/27 20:10
  • Category: Apple
3月末頃から通信機器の再構成を考え、MNPを利用してキャリアや端末変更などしてきましたが最終的にこうなりました(一部予定も含む)。
試行錯誤したので、若干無駄な出費は出てしまいましたがお気に入りのApple製品で固めたガジェット達です。

2012-05-27 09.25.27

1台目:iPhone 4S(au)
通話と日常の外出先でのネット接続を行う端末です。
SIMフリー版も使ってきましたが、やはりiPhoneはAppleの提案する全部の機能が使える方が楽しく便利だと思いました。
auのエリアは私の日常ではDocomoと甲乙付けがたく快適に使えています。
家内のiPhoneもauですので、家族内通話無料で自宅もauひかりにしましたので、自宅への通話も無料、基本使用料も割引、サポートも付く回線のため定額制の通信料金は月3,000円程度に収まります。
今は移行期間のため画像はSIMなしになっています。

2012-05-27 09.23.26

2台目:iPad(2012) SIMフリー
今までの職場運用+外出先でiPhoneでは少々足りない場面をカバーします。
端末自体はEXPANSYSで16GBで52,000円位ですから随分お安くなりました。
iPadを安価に運用できるようにするのには多少苦労しました。
SIMフリーiPhoneで使用していたXi SIMを使っていますが、通話が不要になりましたので、データプランに変更し他回線にXi割を使って2台目契約しています。
Docomoの月々サポートが大きな端末を利用した関係で月々の運用費はパケット使い放題で415円で収まっています。
この回線の作り方はケータイ番長さんの記事を参考に作りました。
その後月々サポートが更に増額になってしまい(涙)、現在はユニバーサル使用料5円のみの回線が作れるようですが、5月末まででサポートが終了する可能性がありますので、ご興味のある方はお急ぎ下さい。
SIMフリーのiPadですので、モバイルルーターとしてMacBook Airのテザリングにも使用できます。

名称未設定

3台目(予定)docomo BF-01D
MacBook Airのテザリングの為に毎度iPadを持ち歩くのは少々重たく面倒です。
これがあればiPhoneはそのまま使いながらバッテリーも5時間程度持つそうなので、iPadを持ち歩かない時にMicro SIMカードを差し替えて使おうかと思っています。
近日にヤフオクで白ロムを入手予定です。

2012-05-27 09.24.56

アンドロイドに関しては少し使いましたが、iPhoneとの操作性の違いやUIなどがイマイチ馴染めません。
GALAXY Noteは液晶サイズと日本語入力には素晴らしい物がありましたが、2種類のスマホを使いこなす余裕は私にはありませんでした。
バッテリーの持続時間は期待はずれで、テザリング時は2時間も持たないと思います。
現状ではBF-01Dを入手するまでのモバイルルーターとして使っています。

4月に2年契約の更新月が当たり運の良かった部分もありますが、MNP等の諸費用はauのキャッシュバックで全てまかなえました。
3,000円台でパケットし放題の回線がdocomoとauで入手できたのはラッキーだったと思います。
知っていないと損をする特殊な契約方法があるというのは、本来は良いことだとは思っていません。

Apple製品の保証開始日について

  • 2012/02/28 19:46
  • Category: Apple
しばらく前に「おかゆMacBook」のJackさんが「アップル製品の保証有効期限をカレンダーに登録する」というエントリをアップされていました。
いつ商品を買ったかというのはつい忘れがちになりますし、1年を過ぎるとAppleCareにも加入できなくなります。
不具合のあるマシンであれば、保証切れの前に修理依頼をした方が賢明でしょう。
ということで私も登録しようと思ったら、AppleCareに入っている製品以外は登録日が良く分からない事に気がつきました。
私の場合自営業なので、領収書は税理士に全て提出してしまうのです。
気がついた時は正規のレシートと2枚発行して貰うのですが、時々忘れてしまいます。
中古で買ったau版 iPhoneがどうなっているかも知りたかったのです。
コールセンターに電話をして驚きました。
AppleStore銀座で買ったMacBook AirやSoftmapで買ったMac miniの登録ができていません。
iMac2台に関しては液晶やフリッカー問題で初期不良交換した商品でしたので、幸い大丈夫でした。
SIM フリーのiPhoneもその前に購入証明がないと登録できないと言われ、ヤフオクの業者から送って貰ったのです。
ちなみに海外版製品の場合は、日本の業者を通しても原則海外での購入日が保証開始日となります。

MacBook Airは何とかレシートを見つけ出し事なきを得ました。
ところがMac miniは見つからずコールセンターの担当者は「購入証明がない場合はこの製品が工場から出荷された時の日時になります」と言い切ります。
その日時が私の記憶と2ヶ月近くずれているのです。
ラチがあかないのでSoftmapに電話すると購入証明になる書類は個人情報開示のウンタラカンタラで、発行はできるが手数料1,260円を頂きますと言われました。
Apple製品、特にオンライン接続が必要なMacやiPhoneは購入して最初に必ずオンライン登録をしています。
それが全く機能していないのは何故なのでしょう?
販売店によってはiPodを買ったときにレシートを保管するように言われますが、通販ではそのような説明もありません。
昔は保証書が入っていて捺印や貼付用シールを貼ることができましたので、購入証明は簡単でした。
それを省いてオンライン登録に切り替えたのはAppleではないのでしょうか?
最終的に「国内で店舗在庫を買ったのに海外出荷日が保証開始になるのはおかしい」とシニアアドバイザーに交渉し、妥当な日時にて登録をしてもらいました。

購入して日時が過ぎればレシートなど紛失する可能性も高くなります。
ご自分の購入日の証明は必ず残す習慣を付けることをお勧めします(通販であれば納品書などがあればOKです)。

2011.10.6.

  • 2011/10/06 23:07
  • Category: Apple
R1021114.jpg

私は涙は出なかった。
彼は私の肉親でも親族でもなかったから。
悲しいというのとも少し違う。
ただ彼が今までなしえてきたこと、それが私にもたらしてくれた事を考えると非常に残念であり、Appleのこれからが心配でもある。
帰宅前にApple Store銀座の前を通った。
沢山の献花の前で手を合わせようと思ったが、なぜか一礼してその場を去った。
それが私にとって自然に出た行動だったのだ。

統合するということ~ADCからThunderboltへ~

  • 2011/09/29 19:43
  • Category: Apple
昨日受付に設置していた20inch CinemaDisplayを撤去していてふと気が付いたこと、今日はそんなエントリになります。
この話は数日前に読んでいた越山若水さんのブログSecondSolutionのエントリ「Thunderboltを考える」が脳裏にあって書かせて頂きました。
越山若水さんには心からお礼申し上げます。


Appleはケーブルを減らし、シンプルかつスタイリッシュなMacスタイルを作ることには拘りを持ってきました。
初代iMac G3が出た時もマウス、キーボード、電源、Etherを繋げばすぐにインターネットという事を売りにしています。
その後AirMac、ワイアレスマウス、ワイアレスキーボードと続々とMacの標準装備からケーブルを取り除くことを推進し今に至ります。

CinemaDisplay.jpg

800px-AppleDisplayConnector.jpg

モニタ環境においてもそれは同じで、初代CinemadDisplayに採用されたADC(Apple Display Connector)は電源、映像信号、USBを一つにまとめようという規格でした。
ただしAppleの独自規格であった為かやがて廃止されました。

R1021017.jpg

そしてアルミベゼルのCinemaDisplayは、標準規格のDVI(Digital Visual Interface)にとって変わることになりました。

R1021016.jpg

Display側からは3本に分岐したケーブル(DVI,USB,FW400,電源コード)が出ています。
ケーブルは3本をまとめた物ですので非常に太い物でした。
DVIは映像信号だけの規格ですから、ケーブルの統合はできません。
その代わりADCではできなかったとノートPCとのデジタル接続が可能になりました。

20100728190935_783_.jpg

次いでAppleはLED CinemaDisplayで新しいMiniDisplay Portを採用しました。
MiniDisplay Portは映像信号をDVIに比べ非常に細いケーブルで繋ぐことのできる規格です。
コネクタ部分も小さいので、そのままのサイズでiMacからMacBook Proまで搭載が可能になりました。
ただしUSBやFWケーブルと統合はできず、電源コードも別にDisplay側から出ています。
LED Cinemaの欠点はFWが無くなってしまったことで、FW HUBの機能はDisplayから省略されてしまいました。
代わりに追加されたのはユニバーサルMagSafeで、これはMacBook Proをデスクトップとして使うユーザーへの配慮だと思います。

09_20110929155848.jpg

そして2011年Thunderboltが登場します。
たったの1本の極めて細いケーブルで映像、USB、FW、Ethernetまで統一してしまったのです。
今まででなら4本のケーブルを上の画像のMaCBook Proに差し込むところがたったの1本です。
リッドクローズドモードを使ったことのある方ならご存じでしょうが、狭い拡張スペースの配線はケーブルだらけでした。
Thunderboltはその転送速度の速さが謳われますが、実際の所は接続するドライブ性能などがボトルネックになりユーザーはFW800に比べ、明らかに体感できる速度差はないようです。
ThunderboltではAppleの拘り続けた「ケーブルの統合」への現段階での回答なのでしょう。
主電源以外のケーブルはADC以来、完全に統合されUSB以外は最新の規格になりました。

R1021023.jpg

一方ケーブルの形が変る課程でACアダプタは外付けから内蔵式に進化しました。
ADC時代のACアダプタは確か床に置いて置くような物でしたし、DVIの電源部も写真のように大きくデスク上では埃の溜まる邪魔な存在です。

R1021025.jpg

今回ディスプレーを交換してMac miniの裏側の配線はこのようになりました。
Thunderbolt Cinemaであれば更にUSBの配線が無くなります。
以前はここに電源部が置いてありましたので、配線用の穴に押し込むことはできずMac mini背面へのアクセスは更に困難な状況でした。
ケーブルを束ねればもっと配線はスッキリしそうですね。
Thunderboltは拡張性の低いMacBook Airにおいては、ドッキングステーションのような役割すら与える規格です。
この端子があれば、将来のApple製品にも様々な拡張性を与えてていくことが可能になります。
Appleの与えてくれる未来を私は楽しみにしたいと思います。

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。