スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lenovo ThinkPad Edge E420 到着

  • 2011/06/04 15:24
  • Category: Windows
P1020878.jpg

ついに職場のレセコンマシンLenovo ThinkPad Edgeが到着しました。
マシンはカスタマイズ品(Bluetooth,Intel Wi-Fi Link1000)だったので香港経由で届いたようです。

P1020888.jpg

まずガッカリするのはその梱包。
輸送箱に入っているのですが、梱包用テープが雑に貼られ段ポールも綺麗に閉じられていません。

P1020879.jpg

中身もこの梱包材と段ボールだけ、電源アダプタなどは外箱に直に入っていました。

P1020890.jpg

電源アダプタも実にセンスのないデザインですが、ThinkPad自体は意外と好印象でした。
トップケースはラバーコーティングされておりマットなブラック、何の飾り気もありません。

P1020880.jpg

以前のMacBookのブラックモデルのようなイメージですが、ヒンジ部分や筐体の作りも遙かにガッシリしているのが手にとってもわかります。

P1020892.jpg

キーボードのタッチも非常にしっかりしています。
しかしトラックパッド周囲に配置された5個ものボタン類が必要なのか?イマイチMacに慣れた私にはかえって使いこなしは困難になりそうです。

P1020889.jpg

スリープランプはトップケース、パームレストのThink Padのiの文字の上の点が2個とも赤く光るようになっています。

P1020891.jpg

Windows機は裏側はMacのように一体成形でデザインされているようなことはないのですが、比較的綺麗に仕上がっている方だと思います。

P1020803.jpg

1366 x 768のワイド液晶はやはり縦の表示面積が足りず、AppleのHPもここまでしか表示できません。
この辺り解像度が低くてもMacBook Pro 13inchの液晶の方が使いやすく感じます。
モニタ自体はノングレアの液晶を選びました。
高品質とは呼べませんが視認性もまずまず悪くはなく、業務用ソフトでの作業は十分こなしてくれる印象です。
総じてこれで5万円のPCかと思うと非常に安い価格設定だという印象です。

まずは64ビットOSを32ビットにしないと業務用ソフトが動かないため、OSを再インストールし30個近いドライバ類を全て手動でインストールしました。
業務用ソフトもインストールまで完了したので、後はソフト業者のサポート待ちとなります。
スポンサーサイト

Lenovo ThinkPad Edge

  • 2011/05/26 23:23
  • Category: Windows
職場のレセプト(診療報酬明細書)用コンピューターとして使っていたVAIOが異音を発するようになり、代換え機としてMacBook ProをBootcampで使おうという計画は残念ながらソフトの動作が異常に遅くなるため頓挫していまいました。
至急代換機としてのWindows機を探すことにしましたが、国産のマシン達の外観はまずデザイン面で興味の対象になりません。
多少興味が引かれるのはやはりVAIOになるのですが、現行ラインは全て64ビット機になっており、レセコンソフトが32ビットである私には、ドライバすらメーカー提供のないVAIOはリスクがあって選ぶことはできませんでした。
この手の私の相談に親身になって乗って下さるkoozypさんはPC関係の知識は凄い方で「Lenovoならドライバが配布されていますよ」と教えてくれました。
Lenovoと言う会社はIBMから中国系企業になりましたが、以前のIBMのマシンはまさに質実剛健のイメージでMacとは対照的です。
実はレセコンのサーバー及びクライアントの1台は、IBMのバッチを付けたLenovo ThinkCentreというマシンなのです。
デザインなどは美しさは全くないのですが、コンパクトで出しゃばらず割と気に入ってます。
まずはヨドバシカメラにLenovoのノートを見に行きました。

01_20110526223744.jpg

予算は安いもの、しかしできればSandyBridgeモデル、液晶は14inch以上。
という条件で店員が勧めたのは画像のGシリーズとおいうラインでしした。
15.4inchで4万円台でi3モデル、5万円台でi5モデルが選べる安さにはビックリです。
これでいいかな~と思ったのですが、天板とトップケース以外はさすがに安っぽい作り、なんか左にずれたトラックパッドも好きではありません。
気に入ったのはThinkPadシリーズだったのですが、こちらはスペック的には下がっても高価でした。
一旦再考するため、購入せず自宅でさらに物色することにしました。
ちなみに価格.comあたりではGシリーズのi3は3万円台、i5も4万円台でした。

今のパソコンメーカーは皆ダイレクトショップを持っています。
Lenovoも例外ではなく、眺めているとThinkPadにもお安いモデルがあるじゃあないですか!
キャッチフレーズの一つが「プロフェッショナルグレードの信頼性」「伝統的な堅牢性・性能」というのがそそられます。

E220.jpg


ThinkPad Edge E420の14型i3モデルはダイレクト価格¥122,220が、円高差益還元キャンペーンで¥46,830です。
しかし約6割引とはどういう定価とキャンペーンなのか全く理解できません。
i5モデルだとメモリ2GB→4GB,HDD250GB(5400rpm)→500GB(7200rpm)となり1万円の価格差です。
少し予算は上がりますが、これにしようかな~。
というところで疲れたので続きます。

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。