スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P-01B


使用していたP-905iTVの調子が悪いので買い換えました。
スライド端末で3.5inch液晶という端末は現在Pananonicのラインナップにもなく、3.7inch液晶搭載で発売予定のSH03Bはタッチパネル操作が前提のようなので、候補はP-01BとSH-01Bで悩みました。
タッチパネルは便利そうに見えますが、以前Nの端末を数週間で買い換えた苦い経験があります(ポケット内でロックしないと勝手にスイッチが入ってしまう等々)。
筐体のデザインはSH-01Bの方が綺麗で薄いし高性能、魅力はあったのですが使い慣れたPananonicの操作系は捨てがたくP-01Bを選びました。
私的には背面のカラー液晶は不要なのでもう少し薄型にしてもらいたかったですが、無理な薄型化がないのでキータッチは確実で使いやすい印象です。
横開きの機能はヒンジがシッカリしないのでこちらも気に入ってはいません。
総合的にはバランスの良い端末ですが、iPhoneのように未来はないですしまた調子が悪くなるか何か興味のある物が出るまで家族通話用として使用します。
今回は白ロム販売業者から新品で購入39,800円でした。
ショップなどでは60,000円弱の支払いになりますから、もう携帯は白ロムでしか買いません。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。