スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacでBlu-ray ディスクのコピーは非現実的なのか?(訂正)

  • 2011/08/31 20:15
  • Category: Mac
昨日は当方の手違いMacでBlu-rayコピーをすると、リッピング~Blu-rayディスク作成に半日かかるというエントリを上げてしまいました。
何がミスだったかと言うと、Blu-rayドライブをバスパワーのみで接続しておりました。
やはり給電が安定しないとスピードが上がらないようで、電源アダプタを接続しMakeMKVにてリッピングをしたところ、40GB程のBlu-rayディスクは1時間弱でリッピングできます。

続いてToast 11でのエンコード~書き込みですが、こちらはやはり相当の時間がかかりました。
当方が使用しているドライブはI-O DATAのBRP-U6Xというポータブル型ですが、先にリッピングしたデータの書き出しを始めたのが、エンコードに7時間程かかりました。
あまりの遅さにROXIOに問い合わせましたが、ソフトの使用方法に手違いはなく「データ量次第ではあり得る時間」だそうです。
書き込みは比較的順調ですが、それでも30分で14%ほどの進行状況です(疲れたので帰宅します)。
Toastでもう少し速い時間でバックアップをできている方がいらっしゃいましたら、是非方法をご教授下さい。

ちなみにFW対応Blu-rayドライブに関しては、昨日リンクして頂いているRobo_kumaさんからご指摘頂きました。秋葉館のHPにてFW800対応のドライブは売り出されています。
ただしSATAの内蔵ドライブをオリジナルでケースに入れた商品のようです。
その他は現状ではLaCieのFW400タイプしか見つかりませんでした。

私自身が知識不足のため、まだ手違いがある可能性もありますが、Mac+Toastの組み合わせではBlu-ray ディスクのコピーは相当の時間がかかると言わざるを得ません。

当方の使用機種:iMac(Mid 2011)Core i5 2.7GHz メモリ12GB
スポンサーサイト

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。