スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開封せずに帰ってきたプリンター~Canon MF 6780dw~

IMGP0079.jpg

今日から私の職場も冬期休暇に入りました。
とは言っても3人しかないい小さな職場の自営業主ですから、残務整理で殆ど職場にいたのですが。

さてこのプリンターあまり皆さんには必要のない機種かもしれません。
モノクロレーザー複合機というタイプです。
実はこの機種発表された時から指名買いのつもりでした。
何が決めてかというと

1.無線LAN対応
2.手差しトレイに50枚の給紙機能があること

なのです。
仕事場では一番多い印刷物は領収書発行なのですが、これはB5用紙です。
下段トレーは今までこのB5が占拠していました。
ところが時折途中でA4のコピーが入りますと、A4用紙を一枚取って手差しトレーに差し込む必要がありました。
用紙を入れ忘れてB5でコピーしてしまったり、手差しが曲がって入ることもしばしばで、イライラの元でした。
スモールオフィス向け複合機でトレー2段という機種は殆どなく、オプションがある機種は他の機能が足りません。
機能を満たす機種はBrotherにはあったのですが、無線LANには非対応でしたので少し離れたMacからの出力が困難でした。
Canon MF 6780dwになれば下段にA4をセットしておいて、1日に必要な分だけ手差しトレーに載せておけば優先にプリントされます。
しかも割高ですが、オプションの追加トレーもあるのです。
いままで別に置いてあったFaxもこちらにまとめられますから、Faxのインクリボンも別に買い足す必要がなくなります。
こんな機種は業務用の高額なコピー機以外存在しません。

しかし6万円台という価格はこの手のプリンターとしては高額で、12/26までのキャッシュバックキャンペーンを見据えて底値で買おうと毎日値段をチェックしてました。
同じような輩が多かったのか?生産数が少なかったのか?不幸にして注文した時に在庫有りだった通販ショップが後から在庫切れと言ってきて安い店は全部売り切れてしまったのですが、Cannonは注文がキャンペーン期間内であればOKとの返事をくれました。
やっと届いた機種なのですが、業務用途しかも大型ということもあり空けてセッティングする気にならず、今日は放置して帰宅しました。
全然やる気なしなので、空けるのは休み明けになりそうです。

CANON モノクロレーザー複合機 Satera MF6780DWCANON モノクロレーザー複合機 Satera MF6780DW
(2011/09/08)
キヤノン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。