スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deff CLEAVE ALUMINUM BUMPER for iPhone4/4S Flare Red(追記あり)

  • 2012/01/31 20:08
  • Category: iPhone
R1022045.jpg

iPhoneに関しては着せ替えを楽しむ部分があっても良いと思うので、再度バンパーに手を出してみました。
今回はすでに使っている方も多いと思いますがCLEAVE ALUMINUM BUMPERです。
前から気になる製品ではあったのですが、Apple Store銀座でスタッフが白のバンパーを使っているのを見て悪くないと思いました。
前回発表のLimited Editionは1万円オーバーのシリーズだったので二の足を踏みましたが、今回のUrban Editionシリーズは塗装が簡単なのか若干リーズナブルになっています。
Limited Editionは車のボディーのような艶あり塗装、Urban Editionはつや消し塗装という構成になっているようです。
iPhone本体と同色は一体感はありますが、やや膨張感があるので別色を選択。
渋めのForest Green辺りが面白いとは思ったのですが、冒険をする勇気がなく無難なFlare Redを選びました。
CLEAVEに関してもヤフオクには大量に偽物が出回っています。
私の購入先はAmazonですが、メーカーが販売先にしているので今回は安心です。

R1022049.jpg

基本的に2カ所のネジで装着するバンパーとなります。
印字の入っているこちらが裏面となります。

R1022050.jpg

一旦ネジ止めを外して内側から電源ボタン、ボリュームボタン、マナーモード切替スイッチを装着します。

R1022051.jpg

実はこのバンパーは元々iPhone 4に合わせて設計されています。
そのためバンパーのマナーモード切替スイッチの穴がiPhone 4Sには合っていません。
しかしスイッチとバンパーフレームの間に隙間があるので、そこに切替スイッチを介在させてスイッチの可動に問題がないように設計してあります。
実際問題はなく動作しますが、若干スイッチに遊びがあります。

R1022057.jpg

装着するとこんな感じ、つや消しのレッドメタリックですがなかなか悪くない印象です。

R1022064.jpg

ブラックモデルにも装着してみました。

R1022061.jpg

Dockコネクタ部分は比較的開口部が広く取られたデザインなので、Apple純正以外の大きさにも対応できそうな印象です。

R1022060.jpg

イヤホンジャックは他の金属バンパー同様穴がかなり小さめでした。

R1022065.jpg


実際上の細いイヤホン(B&W)は何とか入りましたが、下のテクニカのイヤホンは入りません。

R1022066.jpg

イヤホンジャックを使うにはこの手の製品が必要になります。

持ちやすさはまずまずといった所で、手が小さい私には少大きくなった印象でした。
欠点はネジ止めしても少し隙間が大きい気がするのと、受信感度にが金属バンパーの性格通り若干減衰する気がします。

追記;このバンパーの電波減弱は相当酷く、いつもは使えていた場所で通信通話が全く出来なくなってしまいました。
感覚的にはアンテナ2本は減る印象です。従って僅か2日で使用を止めました。
デザインは良いと思いますが、ここまで電波減弱が大きなバンパーは過去初めてです。
Amazonに連絡した所アッサリと返金に応じて貰えました。

Deff 【WEB限定】 iPhone4/4S対応  CLEAVE ALUMINUM BUMPER for iPhone4/4S フレアレッド DCB-IP40A6RDDeff 【WEB限定】 iPhone4/4S対応 CLEAVE ALUMINUM BUMPER for iPhone4/4S フレアレッド DCB-IP40A6RD
()
Deff

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。