スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLUMPLER The Local Identity (S)

2012-03-30 07.58.54

CRUMPLER GINZAにて私が購入したBACKPACKはThe Local IdentityのSサイズです。
事前にネットショップで購入はほぼ決定していたので、実は他に良い物がなければサイズを確認してくるつもりでした。
ネットショップでは5,000円ほど安く売っていたのですが、試してから通販で買うのも嫌だなあと思って
はいました。

2012-03-29 15.58.57

画像の上に張り紙が映っていますが、何とこの商品は現在アウトレットセール中で半額でした。
残念ながらシリーズは在庫をもって終了になる模様です。
展示品のようですが、綺麗な品でしたし半額なら文句ありません。
S,Mサイズともカラー違いも含め若干量の在庫がありましたので、ご興味のある方はお急ぎ下さい。
その他にも若干セール品はありましたよ。

2012-03-30 08.03.18

このバックはPCはのファスナー部分から入れる形になります。
画像では表現しにくいのですが、内部の仕切りは2段構造で全部を下ろせば上から全部容量を使うことができますし、上半分のファスナーを閉じればサイドからカメラ収納部分が有効に使えます。

名称未設定 2のコピー
2012-03-30 09.26.13

MacBook Pro 13inchを想定したPC収納部なので、MacBook Air 13inchだとインナーケースに入れたまま余裕で収納でき、さらにスリーブに入れたiPadも入りました。
PCは背中側に固定されますので、重さでバックが垂れ下がったりすることも皆無です。

2012-03-30 08.06.34

そして特筆すべきなのは、このサイドのカメラ収納部です。
コンデジやマイクロフォーサーズ機どころか、大型レンズをセットしたデジイチ(画像はPENTAX K-5)が余裕で入ります。
画像では余裕がないように見えますが、入り口付近にカメラを置いただけで実際はスカスカです。
カメラはインナーケース入りでもOKですし、スペアレンズも入れることができると思います。

036-77037-i10.jpg

実際The Local Identityシリーズにはカメラ用インナーが最初から付いているタイプも存在します(画像はLサイズ)。
僅か11ℓのバックパックで、MacBook Proとデジイチを持ち歩けるバックパックはそう多くはないと思います。

2012-03-30 09.49.49

オマケにサイドポケットの蓋の部分にはiPhoneの収納が可能になっています(左右2箇所)。

名称未設定6

荷室大きな荷物を入れなければバックは薄型で、嵩張らず私のほぼ理想に近いバックだと思っています。
欠点は細かな収納が少ないことなので、INCASEのバックパックなどがお好きな方には昨日も紹介したDry Redシリーズの方が良いと思います。
The Local IdentityシリーズはMacBook Pro13inch(Sサイズ),15inch(Mサイズ)に対応。
Dry RedシリーズはMacBook Pro15inch(No.5),17inch(No.6)に対応。

スポンサーサイト

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。