スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook Air 2013モデルの搭載SSDについて〜続報〜

6/20のエントリ「MacBook Air 2013モデルには性能の異なる複数メーカーのSSDが搭載されている。」には沢山のアクセスとコメントを頂戴しました。
日本の購入者に対しても128GB SSDにSamsungモデルが出荷されていたこと。
ただしSamsung製 128GBもWRITE性能は400~450MB/s止まりであることなどが分かりました。
この性能差には相互リンクしている「風まかせ」のkoozypさんが「新型MacBokAirさんのSSDですが・・・・」というエントリで128GBモデルと256,512GBモデルでは異なる仕様のSSDが搭載され、128GBモデルに関してはコストダウンが測られているのではないか?という推測をされています。

名称未設定4

ここにMacBook Air2013モデルの別のマシンのSpped Test結果があります。
今までの結果からするとこれはSamsung製の256GBまたは512GBモデルのベンチ結果という推測がたちます。
ところがこのマシンのシステムレポートを見ると

5.jpg

何とSDつまりSanDisk製の256GBモデルでした。
MacBook Air 2013モデルに対してAppleはSanDiskとSamsung2メーカーの128GBと256GBモデルを採用している事が判明しました(512GBのSanDisk製は未確認)。
同じ容量のSSD間で2メーカーのは性能差は比較的少ない(WRITE性能はSamsungが若干上?)と思われます。
いずれにせよ128GBモデルと256GB以上のモデルではWRITE性能に明確な差があり、両者のSSDには違う仕様の物が搭載されている可能性が高いという結果です。
予算が許すのであれば128GBモデルより256GBモデル以上という結果は変わりませんが、容量からSSDの製造メーカーを選択する事は難しいという結果となったことを報告させて頂きます。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。