スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PENTAX K7の不具合とサービス対応

今日は買ってあったフォーカシングスクリーンを交換することにしました。
仕事上水平位置に気を遣うので、方眼タイプの方が使いやすいので、前もって買ってあった品です。
CANONでは何度かやっているので、全然難しいことはないと思っていたのですが、埃が入りやすいので時間のある時に作業しようと思っていました。
さてスクリーンを留めてある部分を引っ張って......と思いますが、なかなか外れません。
何度も押し下げるのですが、非常に固くグイグイ押し下げてやっとスクリーンが下がり交換できる状態になりました。
さてスクリーンを取り替えて戻す............今度はいくら押しても戻りません。
何度挑戦しても戻らず、その度スクリーンがずれるので心配になり、新宿のサービスセンターに持ち込むことにしました。
持ち込んでみると、スクリーンを押さえている爪が外す際に引っ張り過ぎたので、伸びてしまいロック出来なくなっているとのこと。
そしてスクリーンには傷が付いてしまっているそうです。
私はマニュアル通りの作業をし、過去他車製品では簡単に交換作業をしています。
ユーザーが簡単に交換できないというか、パーツの精度が悪く、スクリーン交換が困難で傷めてしまうというのはどうなのでしょうか?
正直出来が悪すぎという印象です。
付属していたスクリーンも傷が付いてしまい、新しいのは交換するが、そちらは交換してくれないと言われたのですが、まともな精度であれば無理に填めようとして傷など付けません。
あくまで私の手順が悪いというような感じで、謝りもしない態度には不快な印象を持ちました。
納得出来ないので、多少無理を言ってスクリーンは2枚とも交換してもらいました。
その他にもK7は、SDカードの出し入れに妙に引っかかりが強いのですが、これも仕様との回答でした。
小型化を徹底するため、正直やや設計に難があるのでは?と思わざるを得ない印象です。
新宿の店員はやや感じが悪かったので、ガッカリしました。
ARTISAN&ARTIST デザインのストラップを売っていたので、ついでに買ったのですがシールも貼らず「そのままで良いですか?」とのこと、客が要らないというならわかりますが、店員の言葉とは思えません。
35mm時代には新橋のサービスセンターに時々お世話になったのですが、今回は対応の悪さにガッカリしました。

P.S.SDカードスロットが固いのは防水上の理由と雑誌に書いてありました。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/103-01c24582

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。