スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収集癖


私は元々収集癖があるのか少し拘ると熱くなってしまうところがあるようです。
以前にもブームになった時に食玩を必死に集めた記憶があります。
5才の子供がTVの影響などで色々な物を欲しがるのですが、今は「大怪獣バトル」というカードゲームに熱中しています。
要はウルトラシリーズのカードゲームで、ゲームセンターなどで100円を入れると遊べるゲームのカードです。
しかしこの手の商品は必ず混入率に大きな差を作ってあり、いわゆる「レアもの」があります。
レアなカードは子供が最も欲しがるウルトラマンであったり、怪獣でも非常に強いカードだったりします。
月に数回遊ぶ程度の私の子供にはこんな物を上手く引けるクジ運はなく、いつもノーマルの人気のないカードが出てきて少しずつダブっていきます。
全くメーカーの思うつぼなのですが、ある日夜のイトーヨーカドーに出向き、3,000円分一気にカードを買ってみました。
しかしやはりウルトラマンは出てきませんでした.....。
これではラチがあかないのと、いい年して怪獣ゲームの前に陣取っているのは恥ずかしいので、今度はヤフオクで大人買い!
150枚セットのゲーム機に入る前のセットを6,000円位で買ってみました。
開けてみて唖然としたのはウルトラマンのカードは150枚のフルセットに1枚しか入っていません。
幼稚園児や小学生対象のゲームがこれでいいのか今一疑問が残りました。

後から勉強してみるとその他にも地域やイベントでしか配られないカード、過去の雑誌付録など多数のレアカードがあるようです。
なんでも買って与えてしまうバカ親になりそうなので、この辺で止めておこうと思いました。
実は私はウルトラマンで育った世代なので結構懐かしかったりするのですが.....。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/11-5fdd95ad

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。