スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDの価値

  • 2009/08/25 08:36
  • Category: Music
部屋の整理をする都合上、不要なCDを下取りに出すことにしました。
昔から好きなアーティストの物は一応CDを買うようにしていたのですが、最近の潮流から言って一度音源として取り込んだCDを再度開くこと自体全くなくなってしまったからです。
学生時代はお金がなくなると、不要な物は処分していましたので下取り屋さんに相談、着払いにして送ればお金を振り込んでくれる店を選んでみました。
まず総数で70枚弱(DVD1枚を含む)を送ってみたのですが、査定価格は僅か1300円!内訳を聞いても邦楽は1枚30円とか、洋楽は10円とか非常にいい加減でした。
1枚1枚の査定価格は違いがあっても当然ですし、限定版やDVDもごちゃ混いうのはあり得ない話です。
「いくら何でもそれはねえだろう!」と思ったので、送料が無駄になりましたが、不愉快なので全部戻してもらいました。
今度は近所の下取りショップに持ち込んで見ました。同じ内容で今度は3600円ほどでしたが内訳も説明してくれましたので、下取り価格10円以下の物は返してもらい残りを売却しました。
余った物は面倒なので、再度ブックオフに下取り発送しました。
大手方が価格は安くても、まだ査定は信用できそうです。

しかしまあ結果としてわかったのは、CD等のメディアは時間が過ぎれば価値は全く無くなるものだということ。
3000円近くの物が数年で10円というのは信じられない商品です。
レンタルCDや昨今の音楽配信などの影響も大きいのでしょう。
本当はヤフオクなどに出せば良いのは分かってますが、売れるかも分からない商品を数十枚写真を撮って出品する労力は避けたい心境です。
アーティスト達のことを考えれば、好きな物は今後も購入するとは思いますが、旧譜などは新品を買うことはなくなりそうです。



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/110-e5738f59

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。