スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畳替え


自宅マンションも住み始めてから10年以上が過ぎ、随分前から和室の畳が傷んでいたのが気になっていました。
畳屋さんというと子供の頃、田舎の家の軒先で畳屋さんが作業をしていたのを思い出されます。
業者をどうしようか悩んでいた所、新聞チラシが目に入ったのですが大手の業者らしくコールセンターのような所に電話が繋がり予約ができるシステムでした。
何となく事務的な印象で、あまり感じも良くなかったためその他の畳屋さんを検索しましたが、何せ何処が良いのやらサッパリわかりません。
何となく探している内に、雑誌記事で「昔ながらの畳職人さん」の紹介が載っているページを見つけました。
ピンと来たので、こちらの藤井畳店さんにお願いすることにしました。
雪駄履きで現れた初老の職人さんの対応も感じが良く、決して高い物を勧められたりもせず、一畳5000円程度のベーシックな国産畳を張り替えてもらいました。
縁取りの布も自由に選べるなんてことも全く知りませんでした。
作業時間は朝8時頃回収に来て頂き、夕方4時頃の搬入でしたがテキパキと作業をされる職人さんの姿は見ていて気持ちの良いものです。
新しい畳は色も、藺草の香りも気持ちが良くとても新鮮です。
和室家屋も好き無くなり需要も減っているのが厳しい現状かとは思いますが、古き良き物には残って欲しいものだなと思わされる物がありました。

作業時間は朝8時頃回収に来て頂き、夕方4時頃の搬入でしたがテキパキと作業をされる職人さんの姿は見ていて気持ちの良い物です。
新しい畳は色も、藺草の香りも気持ちが良くとても新鮮です。
和室家屋も好き無くなり需要も減っているのが厳しい現状かとは思いますが、古き良き物には残って欲しいものだなと思わされる物がありました。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/137-284bbfb2

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。