スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahooの本人確認

Yahooの新しいIDを取得しようと考えました。
以前は簡単に登録してすぐに使えたのですが、今は本人確認書類を郵送し書類上のパスワードを入力しないと出品ができないシステムになっているようです。
面倒くさいのですが、とりあえず書類申請しました。
数日後確かに書類が不在宅に来たのですが、本人確認書類というのは本人確認をしないと受け取れないそうで家族では受け取ることができません。
郵送先は自宅に限られていますが、じゃあ昼間仕事で夜遅く帰宅する人はどうするの?ということになります。
職場に転送できるか尋ねると、それもダメということ。
一体どうすれば良いのか佐川の方に相談したら「夜11時以降ならOKですか?」とのこと、それなら大丈夫なので帰宅後11時過ぎにやっと書類を受け取ることができました。
外はみぞれまじりの雪でドライバーさんはご苦労様です。
佐川急便も褒められた会社ではありませんが、本人確認をできるドライバーは限られているそうで、無線端末に私の免許証番号を打ち込み通信してからハンコを押すという面倒な手続きでした。
ドライバーさん自ら「他所でもトラブルが多く、このシステムはどうかと思います」とのことでした。

今時IDの不整取得とか問題が多いための対策なのでしょうが、いったいこの会社は何を考えているのか全く理解できません。
オークション市場には不正コピー品があふれ放題のくせに、自社のSoftBank携帯の出品は極端な制限をかけ出品すればすぐに削除されます。
SoftBankの携帯など本当は死んでも使いたくないほどサービスが悪く、iPhone購入の際はショップ独自の2重価格の上抱き合わせ販売非常に嫌な思いをしました。
コールセンターの担当員の知識も全く足りません。
しかもエリアは未だ他社に遠く及ばないままです。
中古で携帯を買ってもすぐにロックされるという噂もありますね。

こいいう会社が大きな市場を握り、それに圧力をかけられない日本の政治力は先が心配です。

P.S.やっと受け取った書類から暗号入力というのを行おうと思ったら、受け取り後の処理が数日かかるらしい。いったいいつになったら登録完了できるのか.....。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/159-f4b329ff

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。