スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coffee豆の量が減った


値段の割には美味しい方なので、職場ではいつもこのブレンドコーヒーを飲んでいます。
一方の大手であるUCCのブレンドはあまり美味しくないんですよね。
昨日新しい缶を開封して「あれ?豆がいつもより少ない」表を見たら以前は400gだったものが360gになっています。
左のモカブレンドは以前の買い置きで400gのものです。
ネットを調べてみると以前からその兆候はあったようで、随分値上がり分は企業が努力していたようですがそれは2004~2006年くらいの海外での需要拡大と円安の時代でした。
たしかにスーパーでも定価が上がり、値引き販売は減った気がしていました。
今回なぜこのタイミングで再度値上げしたのか?
HPに分かりやすい表記は見つかりませんでした。

正直我々のような零細企業で、国家が保険治療費を統制している身としては、すぐに値上げに転じる企業はあまり関心しません。
歯科用金属の価格が凄まじい値上がりをしているのに、保険の修復物の点数は4月改正で点数が下がりました。
いつも点数の上昇は実情に一致せず、そのくせ原価が下がると点数はすぐに下げます。
我々はいつも泣き寝入りで、我慢するしかないのです。
原油高騰で昨年色々な商品が値上げしましたが、その何割が値段を元に戻したのでしょうか?
バターも食用油も高くなったままですよね?
「値上げできる企業はいいよな....」というのが我々の本音だと思います。



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/174-68178613

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。