スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIDI GENIUS 5 Pro


着々とロードバイク到着に備え、用品を揃えています。
何事も形から入る性格なので、用品もお金がかかりますね.....。
サイクルシューズも色々あるようですが、SHIMANOとかは何とも許し難いデザインの悪さで購入する気になりません。
色々と情報を調べ、購入する品は有名ブランドのSIDIに的をしました。
まずはサイズ選びですが、なかなか試着できる店がないのが困りものです。
サイクルシューズは0.25刻みで展開されており、普段の靴が25.5cmの私にはいくつが合うのか検討がつきません。
通販ショップのCOG'Sさんというお店でサイズ確認用レンタルをしてくれるのを知り、25.5と26.0を借りてみることにしました。
レンタル代金に10,000円かかりますが、送料と送金手数料を差し引いて返却すれば戻ってくる仕組みです。
店員さんの対応も感じが良く、とても感じの良いお店でした。
欧米の靴は概ね横幅が狭いので、25.75か26.0かな?と感じていましたが、ハーフサイズはレンタル展開がありません。
届いた品はGENIUS 6.6 CARBONとい名前の通りカーボンソールの上級グレードのシューズでした。
25.5は少し小さい、26.0はほぼジャストという感じで25.75を試してみたい気もしますが26.0に決めました。
他社製品は試していませんが、何よりSIDIのシューズの包まれるような感じは非常に好感触でした。

初心者故カーボンソールは分不相応と考え、下位グレードのGENIUS 5.0を注文したのですが、在庫切れで問屋からの納期が未定。
次回入荷分も希望カラーは予約完売という状態だそうで、残念ですが納車に間に合いそうもありません。
残念ですがCOG'Sからの購入は諦め、安い通販を探したところウエムラ サイクル(関西圏では有名なお店のようですね)で17,700円という格安で購入できました。
このショップは昨年火事にあったそうで、現在仮店舗営業のため代引き発送しかできないのですが、それでも超特価です。
カラーはBIANCHIのチェレステに合わせたかったのですが、緑の色合いが悪かったのでホワイト/シルバー/ブルーのコンビにしました。
GENIUS 6.6に比べるとソールの剛性の差はあるようで、ややソフトに感じます。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/181-706cec42

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。