スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロギス、アナゴリレー船

  • 2010/05/03 22:02
  • Category: 釣り

GWですので息子を連れシロギス、アナゴのリレー船に乗ってきました。
乗船は昔アナゴ釣りでお世話になった、市川妙典の伊藤遊船さんです。
当日は昼間は半袖OKの好天候、夕方からかなりの寒さという寒暖の差には参りました。
7歳の息子はシロギス釣り開始早々、「なんかリールが巻けない....」と騒ぐので、「ど~せ根掛かりだろう」と重い竿を持つと何やら引き込みます。
どうやら魚らしいしかもこの引きかたには覚えがあるし....「まさか!」と思ったのですが、周囲に騒がれてくだらない外道というのも気恥ずかしいので「サメか何かじゃないですかね?」と受け流してやりとりを続けました。
船頭さんは窓から覗き込み「サメじゃねえな~、エイか?」と言います。
形は似ていなくもないので流石ですが、「グッグッ」と時折引き込むジワ~と重い感触は独特ですね。
船頭さんにタモ取りされ、上がってきた褐色の魚は38cmのマコガレイでした。
思わぬ大物をシロギス用の0.8号の細糸でつり上げるのは、結構必死のやりとりでした。
息子は家族のなかでも一番くじ運があるのですが、こういうところはあやかりたい物です。
周りにも褒められ、息子本人は自分で釣ったと大喜びでした。
肝心のシロギスは15匹程度の貧果、夜の部のアナゴは息子も途中でダウンし5匹と相変わらずの寂しい釣りでしたが12時から夜9時までの釣りはなかなか楽しめるものでした。
9時帰宅だと夕飯にはおかずが間に合わず、活け締めしたカレイの身が多少柔らかくなってしまったのが残念です。
シロギスとアナゴは美味しく天麩羅で頂きました。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/185-e7541b02

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。