スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバクロ銀座店


平日の昼間なら空いているだろうと考え行ってきました。
感想は「暗い、狭い、臭い、五月蠅い」でちょっと.....のショップでした。

「暗い」:最近のショップにありがちですが、場所によっては商品の色を見ることも難しいほど暗い店内はお化け屋敷のような印象です。

「狭い」:ワンフロアの面積はとても狭く男性用で4~5F,女性用で4~5Fといった構成なのでT-シャツを買うにも2~3フロアを行き来しなければいけません。
最初から最上階にエレベータで上がらないと、とても疲れます。

「臭い」:アバクロの香水を店内至る所に撒いてあるらしく、凄い臭いが充満しています。商品にまでにおいが付いており、持っているだけで衣服に臭いがドンドン移ります。帰宅後は体に付いた臭いが他人にわかるほどです。

「五月蠅い」:店員の声が聞き取れないほど大きなBGMってのもねえ.....。

店員さんはレジスタッフと一部を除き、殆どが外国人で男性はイケメン風、女性は綺麗なアジア系の方が多く少し気後れしてしまいます。
女性は全般に下手なモーターショーのコンパニオンより綺麗かもしれません。
ちなみに店員さんは客が近くにいるときは常時踊っています。まるで人の動きに反応するオモチャのようです。
1Fには話題の裸のマッチョな男性店員さんがおり、希望すればポラロイドで写真を撮ってくれます。
まあ雰囲気作りも大切なのでしょうが、日本人的には少しやり過ぎという印象でした。
価格も結構高いですし、私なら通販で安く買えば十分です。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/199-4226f17c

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。