スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spyder3(モニタキャリブレーション)


今から10年以上前の事ですが、私の所属していた勉強会では、プレゼンテーションを行う際にパソコン上で見る色とプロジェクターで投影した色が大きく異なることが問題となりました。
その前の時代はフィルムを使ったスライドを映写してプレゼンテーションを行っていた時代があり、過渡期の問題であった気もします。
当時より見るに堪えない色の発表が発表者により起こる確率は大きく下がりましたが、今も綺麗な症例を出す方とそうでない方とは大きな隔たりを感じます。
キャリブレーターの役割を考え、当時i1のキャリブレーターを投入したのですが使うと作業をするモニタの色彩がおかしくなってしまい、結局お蔵入りしてしまった経緯がありました。
それから10年、自分の出している画像はあまり進歩をしておらず今一度キャリブレーターを試してみようという気になりました。
今回購入したのはDataColor社のSpyder3 Proです。
今までもMacBookProの標準のモニタの色には不満があったのですが、Mac標準のキャリブレーションシステムは自分の勘にに頼らなければならず、イマイチ結果にも不満が残りました。
Spyder3を使用した結果、かなり自然な色味になった気がします。
iMacのモニタも色温度が下がったような印象で、不自然さはなくなりました。
購入してからネット上で調べると i1DIsplay 2の方が良いという記事も見ましたが、まずまず満足しています。
値段なりに安っぽい本体の外観は少々いただけませんが。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/242-80597017

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。