スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型iPod nano,iPod shuffle発売開始

  • 2010/09/09 22:59
  • Category: iPod
                             
昨日AppleStore銀座に行った目的は、iPod nano,iPod shuffleの新型が発売開始になるという記事がMacお宝鑑定団のBlogに出ていたからでもありました。  
開店してすぐにも関わらず、店頭にはnanoとshuffleを両手に持った女性店員が手を振りながらニコニコ微笑んで、通りすがりの人に声を掛けていました。
1F店内ではスピーカーを繋いだマイクで男性店員が「新型nano,shuffle本日入荷しました~!」とセールストーク。
                             
すでにお客は沢山おり、数カ所に設置したnanoのコーナーは人だかりができていました。
                             
shuffleの扱いは展示も一カ所とやや寂しく感じました。
1F店員は全員がnanoかshuffleをTシャツに付けているので、興味を持てば色々手にとって説明してくれます。
レジでは何と全色のnanoを購入している猛者もいました。
私はAppleStore限定の(PRODUCT)REDを買うか悩んだのですが、nanoは過去2回買って殆ど使わかったのでグッと我慢しました。
                                         
nanoは本当に小さくなり従来のshuffleのように何処にでもクリップで留められるので、ジョギングなどには使い勝手が良さそうです。マルチタッチ対応はクリックホイールを付ける場所がない=必要がないとう必然の流れなのでしょう。
しかし操作に不自由は感じませんでしたが、画面の小ささはリストの曲表示すら満足にできないサイズですし、せめて5th程度の横長液晶でマルチタッチ対応、Bluetooth対応でワイアレスイヤホンを使えるという仕様が良かった気がします。
shuffleは先代のリモコンでしか操作できない無個性な仕様が不評だったのでしょう。
しかし小型化だけでは個性がありません。
iPodシリーズはiPhoneの大ヒットによりやや使命を失いつつある気がします。
iPhoneユーザーで容量の少ないiPod nanoやshuffleを買う人は少ないでしょう。
ガラケー使いの人は使うでしょうが、そこにはより多機能なiPod Touchが存在します。
「電話を再発明する」というのが初代iPhoneのキャッチフレーズでした。
とんでもない化け物になったiPhoneですが、自ら自社の大ヒット商品iPodシリーズに引導を渡したような印象があるのは皮肉なものです。
音楽の聴き方を一変したiPodシリーズですが、そろそろ大きな転換期を迎えた気がします。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/252-7f1ec8df

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。