スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VW Polo

  • 2010/09/23 14:38
  • Category:
いよいよGTI登場とのことで、久々にディーラーに行ってきました。
残念ながら実車がなかった(試乗車の予定も今はなし)なので、ノーマルのTSI Highlineに試乗してきました。
外観はあまり好みではないですし、内装はVWらしく質感は良いもののやや無骨な感じです。
室内空間は国産車のように、見た目の室内空間を広げるためにシート座面を小さくしていないので少し窮屈です。
カー雑誌などで絶賛される車の仕上がりは大変気になっていたのですが、噂に違わぬ車だと思います。
TSIエンジンとDSGの組み合わせはGolf5のGTIの頃より洗練され、普通のオートマとさして違和感のないレベルになりました。
エンジン1,200ccにシングルターボのためちょっとトルク不足を感じます。
ただし加給が始まると加速は相当なものになるので、パワー感は今乗っているデミオ1500ccの比ではなくなります。
サスもかなり柔らかいので、私には少し物足りなさを感じました。
これでエンジンが1400ccのダブルチャージャー、サスも専用設計となるGTIは相当期待できそうです。
しかしVWというメーカーの車作りの基本の良さは、試乗でも十分わかる気がします。
ドッシリしたドアの作りは先日乗ったプリウスなどとは勝負にならないレベルです。
座面が広くシッカリしたシートはドイツ車ならではで、コレに慣れると国産車のシートは長距離は乗れません。
300万近い価格は決して安くないですが、GTIには強烈な魅力を感じます。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/260-bfe6d40c

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。