スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apple LED Cinema Display 24inchとデュアルモニタ(模様替えPart2)

  • 2010/09/24 17:44
  • Category: Mac
27inch iMacも良いとは思うのですが、実際に使ってみるとマウスの移動距離が大きく意外と作業は疲れます。
また16:9の画面はフルHD動画には合うのかもしれませんが、液晶サイズの割に文字が小さくなります。
大きさ的には24inch位が私にはベストサイズ、以前使用していたiMac 24inchは画面下のアゴと呼ばれている部分の高さがあり、どうしてもモニタ上部を見上げるような姿勢になってしまうのが不満でした。
24inch LED Cinema Displayはその点、液晶画面下部のラインはデスクから13cm程に下がるので無理のない姿勢が取れます。
ちなみにiMacの21.5inchでも、デスク上から実際のモニタ画面までの高さは16cm程あります。
そこでiMacの液晶はMailやiTunes、様々なアイコンやDockの表示スペースとして使い、作業領域は別のモニタ上に移すということを検討しました。
そうとなればiMacの液晶サイズは21.5inchでも十分すぎる程です。
折しも24inch LED Cinema Displayは生産終了でAppleStoreの在庫もなくなってしまったのですが、amazonに在庫があり運良く購入することができました。
先日からデスクの拡張計画を立てていたのは、この日のためでした。
キーボードやマウスはワイアレスになっても、Macの回りは配線が非常に多くてごちゃごちゃでした。
HD2台PC用、スピーカー、LANケーブル、iPhoneのUSBケーブル、携帯の充電器.....数えればまだまだあります。
一体型のiMacと言っても、周辺機器を揃えればまだまだデスク回りは煩雑です。
周辺機器を元に戻し、先日買って気に入ったblueLounge CabeleBOXに電源タップや邪魔なコードを押し込み終了。
とは言っても実際は配線がグチャグチャで結構面倒でした。
良かったのはCinema DisplayにUSBポートが3つあるので、カードリーダーに続いてUSBハブが撤去できたことでしょうか?
Apple同士ということでCinema DisplayとiMacの液晶は色が綺麗に揃うことを期待したのですが、キャリブレーションをしてもiMacの液晶はやや黄ばみがあり、Cinema Displayの方が発色は綺麗です。
またiMacの液晶とCinema Displayの液晶は上下とも高さは揃えることができません。
机の上はまた一杯になってしまいましたが、Cinema Displayは退役してもMac miniのモニタなどに活用できそうですし、行き場所はありそうです。
デスク回りの整理として最後に残ったのが、無線ルーターとFlet's用の電話とPC用の機器2台とそれに伴うグチャグチャな配線です。
これは来週NNT東日本に相談して解決の道を探る考えです。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/262-31fa3334

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。