スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macの外箱

  • 2010/10/12 14:45
  • Category: Mac
ノート型はまだ良いのですが、iMacの外箱は狭い仕事場では置き場所に困ります。
iPadの導入で診療台脇のマシンも減りましたが、稼働しているiMacが現在3台ある状況ですから台数分保管しておくのは倉庫でもないと難しいところです。
じゃあ捨てれば?という話になるのですが、ここで問題。
前回iMacの24inchをヤフオクで売却した時に一番困ったのが、発送用の箱がないことでした。
私の場合新し物好きなので買い換え頻度が結構高いのです。
その時のマシンの外箱は捨ててしまっていたのですが、20inch以上のモニタが入る箱はどこの宅急便業者も持ち合わせていません。
ネット上で調べても、ホームセンターに行っても妥当な値段の箱は皆無でしす。
それ以外で使えそうだったのはヤマトの家財宅急便でしたが、通常の宅急便に比べ割高な上に特別な梱包もしてくれないようでした。
パソコンの場合外装面の傷などは保障できるそうですが、内部故障があっても保障は難しいようです。
今は一体型パソコンの多くが20inch以上の時代です。
数年前からヤマト運輸も19inchモニタ型の専用箱が上限のままですので、そろそろ専用箱のサイズを大きくして欲しいと思います。
結局新しいiMacの外箱の外についている輸送箱(?)を利用して送ったのですが、強度も弱そうで届くまで不安でなりませんでした。
反省材料から今のiMacは箱を保存していますが、置き場所がなく随所に上の写真のような見苦しい状態で置かれています(写真は24inchCinemaの箱)。
AppleはiPodなどを見てもパッケージの省資源化には非常に熱心な会社です。
今度は廃棄せずに、省スペースに畳める(箱は折りたため、発砲スチロールは廃止、中に風船のようにエアを入れるのはどうでしょう?)Macの外箱を考案してもらいたいものです。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/275-6763e7eb

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。