スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B&W Zeppelin mini(訂正しました)

昨日記載した記事はB&OとB&Wを混同してしまう、お粗末な内容でした。
オーディオはさして詳しくないので、情けないものです。
多少の訂正を入れました。
以前にブログに書いた通り、欲しかったB&W Zeppelin miniが届きました。
iTunesの圧縮音源(256AAC)を再生するオーディオは、Macとの接続をメインに考えていたので、どうしてもイヤホン端子からの出力となってしまい音質には満足していませんでした。
使用していたBOSEのM2は小型スピーカーにも関わらず、BOSEお得意の低音再生が売りの機種でした。
その前もBOSE Companion3だったのですが、重低音を売り物にするBOSEの方針は音質的に誇張が強く、ナチュラルさには欠ける気がします。
比較的高額なM2もその傾向は否めません。
良く言えば広がりのある音、悪く言えば響くだけでボーカルのリアリティーがなく、Macの前で長時間聞いていると段々疲れて音楽を止めてしまうのです。
B&Wは高級品オーディオのメーカーでもあり、Zeppelinは置き場所に困る形状と9万弱という価格でちょっと手が出ませんでした。
今年登場したZeppelin miniは横幅、奥行き共にコンパクトであり、ついでに価格も少しコンパクトになりました。
先日AppleStore銀座に行った時に、4Fには両方とも試聴機を置いてあるではないですか!
「悪魔の囁き」には逆らえず、両者を聴き比べると、その音は横に並んでいた定評のあるBOSE SoundDockを完全に圧倒していました。
Zeppelinは大型のハウジング(?)を持つだけあり余裕のある響き、miniはその点音の鳴り方もコンパクトなのですが、私的にはminiの方がナチュラルな印象があります。
実はB&W製品は日本の代理店定価が高すぎるなだけで、海外でminiは¥30,000位しかしないそうです。
ならば並行輸入しかないということで、個人輸入と天秤にかけオークションにて個人出品の品を落札しました。
エージングも済んでいない状況ですが、音質は上々!
予想通りの誇張のない素直な低音と、伸びる高音域のバランスが非常に良いです。
BOSEの低音に隠れていたボーカルが全面に押し出され、ロック、ポップス派の私にはとても好きな音作りになっています。
ボリュームを絞っても綺麗に鳴ってくれるスピーカーってなかなか少ないんですよね~。
私にはPC用スピーカーで初めて満足した品です。
MacとのUSB接続がどうなるのかはまだ未確認。
今はiPhoneではなくiPodClassicとの組み合わせで使っていますが、その訳はまたいずれ。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/278-c2bd6c53

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。