スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Back to the Mac~Back to Tokyo~Go To Ginza

  • 2010/10/21 23:15
  • Category: Mac
P1000426のコピー

一昨日は長野出張があり深夜バスで長野へ、MacBook Proを抱えて行くのは正直重いのでiPhoneにて新製品の発表を見ることにしました。
明け方4時頃確認すると、大方の予想通りハードはMacbookAirのみの様子。
予想された最小限の内容だったので、ちょっとガッカリ。
ストーリーミングは部分的にしか見ていないのですが、期待のOS10.7 Lionは過去のメジャーアップデートに比べ、は現段階では魅力的な要素が少ない印象です。
iOSはiOSで良い所はあると思いますが、それをフィードバックすることがMacOSのメジャーアップデートのメインになる物かというと少し寂しい印象があります。
連携を考えるのは悪くないとは思いますが、これで来年までかかるのか~?という感じ。
Panthet→Tiger→Leopard→SnowLeopardの進化には満足していたのですが。
発表までに更なる進化を遂げることを期待します。
iLife'11も殆ど使っていない上に、バージョンアップしたのがiWeb,iDVDはバージョンアップなしで販売とうのは不満です。
iDVDは使い勝手や動作速度も含め、まだ改善の余地はあると思います。
「Back to the Mac」の意味合いは英語力のない私には「話題をMacに戻して」という感じかと思ったのですが、どうやら「iOSの良い所をMacにフィードバックする」という意味だったのでしょうか?

さて午後1時長野出発一路新宿へ、ヨドバシカメラの店頭には「新型MacBook Air本日19:00頃入荷予定」の張り紙がありました。
これは銀座には入荷しているだろうと思い、銀座に直行!
P1000427のコピー

ありましたMacBook Air!
しかし人が多くて並ばないと実機に触れません。
周囲で写真撮っている人が、何故か店員に「写真撮影禁止です」と言われてました。
発売後の製品だし、一方入り口近くではTVカメラでの撮影を別の実機でしています。
有名サイトのブログでは明らかにAppleStoreで撮影されたパッケージまで含めた詳細写真が出ています。
写真を撮っていた方も他の方の邪魔は全然していなかったですし、こういう態度は好きではありません。
ということでTVスタッフが撮っていた方をこそっと一枚。

印象的にはやはり11inchのサイズが魅力的でした。
フォントも何とか許せる表示サイズだし、この大きさなら出張時の携帯も十分可能。
SDスロットなしと、CPUスペックが下がるのは辛いけどモバイルには良い感じでした。
初代Airを使って不満だったのはマシンスペックとバッテリー寿命、USB一個という拡張性の低さでした。
何せイーサーネットも唯一のUS端子経由なのですし、HUBを常時使用というのは好きではありません。
スペックの問題は、1.8inchのHDの能力に引きずられていた部分があると思われます(当時のSSDモデルは高過ぎて買えませんでした)し、グラボも能力が低すぎました。
それに比べれば
SSDの速さは今使っているMacBook Proで十分認識しています。
バッテリー寿命は改善している模様です。
USB2個はまだ不満ですが、イーサーネットを繋いでスーパードライブを使うとかカードリーダーを使うこともできます。
現行MacBook並のグラボであればそこそこの性能は期待できそうです。
Core2Duoというのはやや残念ですがMacBookがi3にならなかった以上仕方ないですね。
iLife'11の単品販売もありましたが、今回はとりあえず購入しませんでした。

本当はJobsには
1.革新的なOS10.7の発表
2.電子書籍の製作なども考え、iPadとの連携も強化したiLife'11の発表=同時発売
3.MacBookシリーズ、Mac miniのアップデート
4.One More ThingでMacBook Air
といって欲しかったですが、今年もまだ残りがありそうなので次回に期待します。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/284-b285cfcb

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。