スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook Pro 15inch 再帰還

液晶画面のチラツキにより修理→直らず再修理となっていたLate2008 MBPが昨日戻ってきました。
今回はじっくり検証してくれと伝えたので、前回が入荷当日修理完了だったのが今回は2日修理検証に時間がかかっています。
ちなみに前回の修理内容はロジックボード交換

P1000674.jpg

今回は再度ロジックボードと液晶全部を交換している模様です。
ん~でも今回の交換部品にはロジックボードは書いてないから、液晶だけかな?

P1000673.jpg

2回とも「検査工程にて各部点検を行い、正常動作を確認しました。」とありますが、前回のは怪しいものですね。
具合が悪い箇所が出るとごっそり部品を取り替えている感じがしますが、今はアセンブリー交換が基本なんでしょう。
現状では症状は再発していない模様です。
液晶が何となく明るくなったのはラッキーかな?






Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/321-95c288e5

Comment

Hatti

> あ、戻って来たんですね。(ノ´∀`*)

はいやっと戻って来ました。
今回は少し長かったですが、ちゃんと検証してくれたならまあ良いかと。

> Appleの修理って、基本的に交換対応っぽいですよね。

今はちゃんと直すということを何でもやらなくなりましたね。
自動車でもドアミラーの鏡が割れれば、ミラーごと交換です。
作業工程を単純化し、費用はユーザーに負担させれば良いのですから楽なのでしょうが、難しい問題ですね。
行程は減り作業は単純化しますし、工員のコストも下がるでしょうから。
パッケージの省資源化を積極的に目指すAppleにはやや逆行している気もします。

> これで問題なくなるといいですね。

これで直らないと少し話がこじれますからね。
Appleの対応も酷いケースもあるようですから、私のは今回こそ収まって欲しいです。
  • URL
  • 2010/11/14 09:26

yucovin

あ、戻って来たんですね。(ノ´∀`*)
Appleの修理って、基本的に交換対応っぽいですよね。
組み直すだけなんだから、そんな難しい事じゃないような気もするんですけど。(^-^;)
これで問題なくなるといいですね。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。