スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HONDA NSX

  • 2010/12/03 00:17
  • Category:
P1000996のコピー

今日は珍しい車に乗って帰ってきました。
このブログを読んで下さる方はおわかりでしょうか?
HONDA NSX
かつてバブル絶頂期の1989年本田技研工業から発表された車です。
父は中古でこの車を買いもう15年以上乗っています。
今回塗装が傷んだボディーにコーティングを施すことになり、私の自宅近くのお店まで運んだ次第です。
さすがに80000キロを超えた走行に伴う経時劣化は否めませんし、重いステアリングとブレーキは現代の国産車に慣れた私にはヘビーでしたが、当時国産最高峰のスポーツカーであった車の印象は残っていました。
首都高から京葉道路と地を這うような運転姿勢から、伸びの良い加速を見せるV6エンジンと接地感の伝わる足回りは180Km位まではなんの恐怖心もなく走ることのできる車でした。
技術は進みNSXも現代のスポーツカーからすれば過去の車ですが、今もこの先もこのような国産車はもう永遠に出てこないでしょう。
新車時で800万ほどした車も今は中古であれば300万以下で購入することができます。
私も歳をとり子供を乗せることがなくなったら、こんな車に乗っていたい(死んでも老後にベンツは嫌です)と思いました。
ミニバン全盛の今の国産車には、欲しい国産車はもはや一台もありません。

※2006年に生産終了、後継車の開発が中止された今もHONDAはNSXのHPを更新し続けています。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/355-20ccffb7

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。