スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改悪される食品

良く売れていた食品がある日リニューアル、買ってみたら不味くなっているってケースは多くないですか?
そして売れなくなり姿を消す。
最近覚えているものでは
1.かなり前のカルピス アイスバー:乳化剤なしは美味しかったけど、今の乳化剤入りは気持ち悪くて食えない。
大体乳化剤の入った氷菓を旨いと思う奴の気が知れません。
2.明治のプリン:あの安っぽい味が好きだったのに中途半端な生クリーム入りで不味くなった。
3.セブンイレブンの杏仁豆腐は、物価高騰のあおりで量が減った上、今の奴は今までで最低の味。
4.パスコのイングリッシュマフィン:昔から好きだったのに超熟シリーズ入り、カリッと焼いて旨かったのが焼いてもフニャフニャ。
などなど。
メーカーはアホじゃないかと思うんですが、各種食品で繰り返される訳はあるのでしょうか?
所詮安値のお菓子や食品が、高級店の味に近づけようってのが無理があります。
駄菓子は駄菓子の良さがあるんですがね。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/36-e37d139a

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。