スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍の使い勝手

P1010057.jpg

自炊という言葉が流行し、手持ちの書籍をPDF化して保存することは私もしばらく前に行いました。
書籍の電子化には2つの目的があり、一つは紙媒体の本をMacやiPhone,iPadという端末で閲覧すること、もう一つはかさばる蔵書を整理しPCのHD等に効率よく保存することです。
我々の読む歯科雑誌などの専門誌はページ数も多く、滅多に読まない割に無駄なスペースを取ります。
整理という観点ではスキャナーを使ったPDF化は非常に画期的なものでした。
ただしその後も業界は電子書籍出版には消極的で、今だ電子配信はなされていないのが現状です。
自炊や多くの安価なスキャニング業者は紙原稿からPDFを作製しますので、所詮は画質は今ひとつです。
ただし保管のみを考えればこれでも十分です。
では電子出版がすでに行われている雑誌は今後従来通りの書籍を買うか、電子書籍のダウンロードを利用するかどちらが便利なのでしょう?
遅まきながらですが、MacPeopleの先月号を一冊購入してみることにしました。

001_20101206134756.jpg

最近MacPeopleはややMacFanに紙面で負けていた気がするので、旧号は持っていなかったのが購入理由です。
購入をするには理想書店(VOYAGER STORE)という電子書籍のショッピングモールに事前に登録が必要です。
その際に個人情報の他クレジットカードを登録します。
登録すれば欲しい本をを探しクリックし、ダウンロードで即閲覧かというとそう簡単ではありませんでした。
まずMacPeopleの場合、パソコンからの閲覧はストリーミング配信となります。
ダウンロードして持ち歩くことができないのです。
これでは外でMacから閲覧することは通信手段がなければできません。
iPhoneやiPad用は別にダウンロードが可能です。
両者を足しても雑誌を買うより安いのは価格的にはメリットを感じます。
要するに高画質データは直接ユーザーに渡ればいくらでもコピーできてしまうからなのでしょうか?
またMac版のストリーミング配信はSafariの場合は23ビットモードで起動させないと閲覧できず、切り替えが面倒だとFireFoxを使用することになります。
閲覧用ソフトのT-TimeはRosettaソフトであるという点も今更の感があります。
更に文字表示もOS10.6では秀英太明朝フォントが認識されず、Osakaになってしまいます。

002_20101206134641.jpg

確かにFIreFoxで表示させてしまえば、閲覧自体はMacのフルスクリーンに大変綺麗な表示ができますし、目的のページを探すのもさほど難しくありません。
一方iPhone版はダウンロード販売となっておりiPhone側からWi-Fiでダウンロードします。

IMG_0067のコピー

閲覧にはVoyager Booksというソフトを使用しますが、こちらはなかなかサクサク動きますし、常時も非常に綺麗でiPhoneの画面上でも拡大表示なしでかなり細かい字が読み取れます。
総じて市販の電子書籍は自炊でPDF化した物と比べると遙かに綺麗で使い勝手の良い物でした。
ただし書籍によってダウンロード先が異なり、使用ソフトも異なる現状では使い勝手の点で問題を感じます。
iTunesストアでの独占販売が良いことではないと思いますが、統一規格がないと利便性の点では問題を感じます。

この記事を書く前はやっぱり本は紙媒体の方が良いと言う結論になると思っていたのですが、思ったより電子書籍の使用感は良好でした。
iPadの場合私は重量が気になってしまいますし、電車内とかで読むのは恥ずかしくてできません。
時期iPadはどのような形になるのかわかりませんが、軽量化とペールビュー機能があれば良いなと思いました。
Appleの場合後者は実現不可能かと思いますが。


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/361-b4e2193a

Comment

Hatti

こんにちは~(^_^)
電子書籍、他の所の物はわかりませんが結構面倒くさいので 参りました。
今時Mac雑誌がSnowLeopardに対応してないってどうよ?という感じです。

> とっても便利な反面、私なんか相当目がお疲れモードになる事があるので、ディスプレイの光が眩しいこともあり、紙媒体も捨てがたい、な~んて思うこともあります。

そうそうそれを書き忘れました。
ディスプレーは透過原稿ですから疲れますよね。
その点は大きいと思いますよ。
パラパラッとめくれる良さも捨てがたいです。
仰る通り使い分けが大事かと思います。
書籍を買うとダウンロードもできる何てのが良いと思うのですが。
  • URL
  • 2010/12/06 19:44

管理栄養おたぬき

こんにちは!

このテの電子版、初めてマジマジ見ました!どうやってダウンロードするかとかも含めて、とっても参考になりました。

本棚を圧迫しない、そこら辺に散らからない。
とっても便利な反面、私なんか相当目がお疲れモードになる事があるので、ディスプレイの光が眩しいこともあり、紙媒体も捨てがたい、な~んて思うこともあります。

が、コンパクトに必要な時に引き出せる。
この利便性は特化してると確信しています。
使い分けが必要なのかもしれませんね。
  • URL
  • 2010/12/06 19:36

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。