スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ApertureとLightroom

003_20110121185457.jpg

iTunes音源の整理が一段落した所で、今度は画像の整理に乗り出すことにしました。
キッカケはMac App StoreでApertureが安く売られていたことでした。
最近仕事用のデータはRawとJPEG両方で保存を始めましたし、古いスナップ写真も溜まりすぎて全然整理していなかったのです。
まずはApertureのトライアルから使ってみることにしました。
私はiPhotoをあまり使っていなかったので、まず操作に馴染めません。
フォルダを読み込むのも直感的にできず色々探し回る始末、左にズラズラ並んだフォルダも字が細かく、イマイチ見にくい上整理の仕方がよく分からず苦労。
画像を修正するのもスライダーが使いにくい上、項目がPhotoshopとは名称が違ってどう変化するのかわからない。
何とか慣れるのだろうか?と思いつつ四苦八苦です。

004_20110121190306.jpg

ここで思い出したのはAdobe Lightroomというソフト。
確か用途は同じような物だったと思ってこちらもトライアルをダウンロードしてみました。
スナップ写真はあまり弄ることもないので仕事用の画像を色補正してみると、矢印をカチカチクリックするだけで階調補正ができるLightroomの方が私には使い易いです。
Appleは直感的操作はMacOSで得意とするところでしょうが、画像を扱うには老舗のAdobeの方がまだ上なのかな~?という印象でした。

名称未設定 1

左がLightroom、右はApertureですが、仕事用の口腔内画像はLightroomの階調の調整で殆ど処理が済んでしまいます。
Apertureの方は細かく調整項目が並びすぎ、どれを使うべきか悩んでしまいます。


001_20110121192956.jpg

こちらがLightroomで数分で修正した画像。

002_20110121193044.jpg

同じような修正をApertureでやってみますが、どうも画像が派手になってしまいます。
スナップ用には良いのかもしれませんが、色再現のナチュラルさではLightroomの方が好きです。
問題はソフトの価格、Apertureが9,800円でダウンロードできるのに、Lightroomは30,000円弱もします。
またAdobeの悪徳アップグレード地獄が待っているのは.....です。
また歯科用写真はミラーを使って撮影することが多いのですが、今の所両ソフトには回転はあっても反転機能が見つかりません。
これができないと少々困るので、トライアルでのテストはまだしばらく続きそうです。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/421-89d06e71

Comment

Hatti

こんにちは。
ご体調悪いのですから無理しちゃダメですよ。
でもコメントありがとうございます。

> 色味って大事ですよね~。
> 写真の加工はほとんどしないので全然このあたりのソフトのお勉強をしていないのでわからないのですが、色味の傾向は結構あるんですね。

色は使うソフトで随分違いますよ。
スライドショーソフトで発表をすると同じデータでもソフトによって色味が全然違います。
歯肉の赤とかにはもの凄く拘るので、結構シビアな世界です。

> アカデミック!
> うらやましい…。

Adobeは子供が幼稚園でもアカデミック登録が可能なようです。
幼稚園児がAdobeを使うか~って感じですがね。
  • URL
  • 2011/01/22 22:25

yucovin

色味って大事ですよね~。
写真の加工はほとんどしないので全然このあたりのソフトのお勉強をしていないのでわからないのですが、色味の傾向は結構あるんですね。

アカデミック!
うらやましい…。
私も学生の時いろいろ買っておけばよかった…ってその頃買ってもアップグレード版買わないとだから結局お金が大量にかかっちゃうか…^-^;)

Hatti

こんにちは。
ことらこそコメントを頂きありがとうございました。

> 私はRAW現像ソフトに市川ソフトライブラリの「SilkyPix」を使用していますが、同時にAdobeの「PhotoshopElements」も使用しています。

SilkyPixは昔からRAW現像ソフトとしては存在するソフトですね。
カメラ新製品への対応も速いですし、使い慣れれば良いソフトなのでしょう。
少しテストしてもようと思いますが、Lightroomはアカデミックが利用できるので注文をしてしまったところでした。

Photoshop自体はCS5を使っており、反転機能はあるのですが現像と画像調整を行った上にデータ管理としてLightroomなどを使いたかったのです。
反転像などを直しておいてLightroomのライブラリ(?)から画像を選んでPhotoshopで合成を作製という感じでしょうか?

最近はカメラメーカーも現像ソフトには力を入れているようですが、メーカーが変わるとソフトを換えなければいけないのも困ります。
かといってソフトメーカーは対応アップデートが出るまでタイムラグがあります。
Rawも機種依存でなければ便利なのにと勝手に思っています。

今後ともアドバイスも含めよろしくお願いいたします。
  • URL
  • 2011/01/22 15:10

一人よがり

こんにちは。
一人よがりと申します。
先日はコメントをいただき、ありがとうございました。

私はRAW現像ソフトに市川ソフトライブラリの「SilkyPix」を使用していますが、同時にAdobeの「PhotoshopElements」も使用しています。
現像ソフトはカメラメーカーのものが使い勝手良ければいいのですが、そうでないときがありますし、他メーカーのカメラで撮った写真が現像できない場面もあります。
困ったものですね。安くもないですし。
ちょっと高価ですけどAdobeの「Lightroom」はかなり評判がいいですよね。
「SilkyPix」もなかなか使いやすくていいと思いますよ。
もしよかったらトライアル版を試してみてください。

PSEは現像というよりはMAC・Windows両方で使えるちょっとお遊び系という感じで使用しています。
PSEと同じ操作かわからないのですが、Adobeなので多分反転はイメージ-回転-左右に反転でいけるのではないかなぁと思いました。
違っていたらごめんなさい。

Hattiさんにとっていいソフトがみつかるといいですね。
  • URL
  • 2011/01/22 11:35

Hatti

ええっ!そうだったんですか。
おたぬきさんはそういう方面の記事は書かないからな~。
たまには写真の話もいかがでしょう?
Lightroomはとても使いやすい印象でしたし、調整後の画像も満足しています。
ともかくマニュアル抜きで操作できる点が○。
拘れば機能はもっと沢山あるのでしょう。

アカデミックの件、すっかりまた忘れていました!
これでLightroomも射程内に入りました。
今日にでも買いにいくかあ~。
ありがとうございました。

> 今の私にとっては、まさに「旬」の話題です。
>
> つい先日、私もLightroomを使い出したばかり。写真をjpegとRawと両方の保存形式に変更したことがきっかけで、修正用のソフトが欲しいなあと思ってLightroom購入。
>
> 私は最初からこれしか念頭に無かったので、比較するものがありませんでしたが、たしかにこのソフト、とっても優れていると思います。
>
> 直感的というよりも、ほとんどオートメーション?って感じで変更が出来るのと、細かい調整も比較的分かりやすいソフトだと思います。
>
> もちろん、しっかりと作品を作る方は違う見方もあるのでしょうが、お気楽に修正をしたい時であれば充分なソフトです。
> 私は友人に勧められて決めましたが、久々に使いでのあるソフトをインストールした気分です。
>
> ・・・、で、しつこいけど、Hattiさん、アドビ製品はアカデミック・・・、1万円ちょっとで購入できるはずです(^^)
  • URL
  • 2011/01/22 08:23

管理栄養おたぬき

今の私にとっては、まさに「旬」の話題です。

つい先日、私もLightroomを使い出したばかり。写真をjpegとRawと両方の保存形式に変更したことがきっかけで、修正用のソフトが欲しいなあと思ってLightroom購入。

私は最初からこれしか念頭に無かったので、比較するものがありませんでしたが、たしかにこのソフト、とっても優れていると思います。

直感的というよりも、ほとんどオートメーション?って感じで変更が出来るのと、細かい調整も比較的分かりやすいソフトだと思います。

もちろん、しっかりと作品を作る方は違う見方もあるのでしょうが、お気楽に修正をしたい時であれば充分なソフトです。
私は友人に勧められて決めましたが、久々に使いでのあるソフトをインストールした気分です。

・・・、で、しつこいけど、Hattiさん、アドビ製品はアカデミック・・・、1万円ちょっとで購入できるはずです(^^)
  • URL
  • 2011/01/22 00:53

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。