スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EP-901A帰還

P1010600.jpg

ノズル詰まりと廃液吸収パッドの交換のため修理行きとなっていたEP-901Aが戻りました。
この修理も実は紆余曲折がありまして、1度再修理しています。
EPSONの場合修理に出す時はインクカートリッジ装着状態で出すのが原則(ノズル乾燥を防ぐため?)らしいのですが事前にはその事を知らされておらず、どうせプリンターヘッド交換になるのだろうから外したままでいいやと思いました。ちなみにEPSONにもその事は伝えました。
また下段の用紙カセットの立て付けが最近悪いとのスタッフの声があったので、異常がないか清掃点検もお願いしました。
修理が終わり4日ほどで戻って来たプリンタを見ると
「このプリンターにはインクカートリッジが装着されていません。すぐにカートリッジを装着して下さい。また修理に出す際はカートリッジをセットした状態で出して下さい。」
の紙が貼ってあります。
いつもはカートリッジ1セットはサービスされていたのにな?と思いましたがやはり何も付いておらず、ノズルは印刷テストを行ったインクが付着し半分乾燥した状態です。
さらに用紙トレーはというとサイドの溝に埃がたまったまま.....。

少なくとも用紙トレーはキチンと点検したとは思えません。
インクサービスはEPSONの規定ではないのかもしれませんが、ノズルに付着したインクはすぐに乾燥をはじめています。
少なくとも乾燥を防ぐような配慮があっても当たり前ではないのでしょうか?
EPSONにその事を伝えると再修理となり、また戻ってきました。
ところが今度は用紙トレーは交換されていましたが「用紙トレーは清掃できないため交換しました」という紙が付いており、オマケにノズルにはインクカートリッジどころかまたむき出しのままです。
修理センター対応者の弁では「今のEPSONのインクは1日2日でインクノズルが詰まるようなことはありませんし、テスト後出荷しているので大丈夫です」とのことです。
前回の修理後にインクカートリッジは装着すると言っていた筈ですがと尋ねると、それは修理担当には伝わっていない様子でした。
ノズルに付着したインクは一気に目詰まりを起こすことはないでしょう。
しかし蓄積はされていく物と考えます。
このプリンターは僅か2年で目詰まりを起こすことがしばしばあり、しばしばヘッドクリーニングをしていました。
その都度インクを大量に消費し(ヘッドクリーニングは大量のインクを使います)、オマケに廃液が溜まってしまいました。
メーカーでもテスト印刷を何度もされ、クリーニングも行われたに違いなく修理後なのに廃液パッドはかなり黒ずんだ状態です。
新品同等品購入との差額僅か4,000円程をケチったばかりにこの結果は大失敗だったと思います。
職場でのプリンター不在が続く状況は困るので、今回はインクセットのみ1セットサービスを約束し後は不問としました。
実際はそれ以外にもコールセンターの対応が悪かったり、連絡が全然不徹底で良い気分ではありませんでした。
EPSONのサービスは今ひとつですが、対する雄のCanonも酷いと聞きます。
結論としては「インクジェットプリンターは壊れたら買い換えろ」です。

プリンターの上には全く話題にならない昔のVaioがいます。
実は職場には3台のWindows機がいますが、仕事以外では一切触りません。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/426-6a8530ee

Comment

Hatti

こんばんは。

> ずいぶん消費者を敵に回すような対応をするんですね。EPSONって。
> 私も10年くらい前に一度EPSONプリンタを使用したことがありますが、目詰まりが酷くって困り果てた覚えがあります。

過去2度ほど修理には出したのですが、いつもインクカートリッジはサービスだったし対応も速くてまずまずだったのですよ。
それがここ2,3年電話のサポートも質が下がり今回の修理はこの状態です。
インクサービスは銘打っていないのですが、用紙カセットを清掃もしない状態で点検とかはあり得ないと思います。

> プリンタヘッドって高いんですよね!
> プリンタヘッドとインクカートリッジ一式買ったら新しいプリンタが買えてしまう位の値段になりますから・・・。

EPSONの場合一律料金で11,000円(ピックアップ利用で2.000円程加算)なのです。
ユーザーからすれば一律なら不具合がある所は全部点検してもらいたい訳です。
再修理の保証は修理部位のみですから(しかもたった3ヶ月)。

> 今の時代、新しいプリンタが1万円強。新しい複合機が2万円弱の値段で買えるのですから、新しいのを買ってしまうのが一番ストレスのない買い方なのかもしれませんね。
> 世の中、間違ってると思いますが・・・。

間違っていると思いますね。
これならプリンターが高くても修理代が安かったり、インク代が安い方がまだ良心的な気がします。
最近のプリンターって進歩が止まってますから、新製品を売りたいがためという印象です。
  • URL
  • 2011/01/26 22:41

一人よがり

こんばんは。

ずいぶん消費者を敵に回すような対応をするんですね。EPSONって。
私も10年くらい前に一度EPSONプリンタを使用したことがありますが、目詰まりが酷くって困り果てた覚えがあります。
プリンタヘッドって高いんですよね!
プリンタヘッドとインクカートリッジ一式買ったら新しいプリンタが買えてしまう位の値段になりますから・・・。
今の時代、新しいプリンタが1万円強。新しい複合機が2万円弱の値段で買えるのですから、新しいのを買ってしまうのが一番ストレスのない買い方なのかもしれませんね。
世の中、間違ってると思いますが・・・。
  • URL
  • 2011/01/26 19:33

Hatti

こんにちは。

> 私もプリンターには泣かされています。
> 年末に年賀状を印刷してる時もそうですし、ワイアレスキーボード購入のきっかけを作ったのもプリンターでした。

何かトラブル多くなりましたよね。
性能はあまり上がっていないのに故障率が上がるとは.....。

> 最近のプリンターって「安かろう悪かろう」で、あまり信用できません。

昔のEPSON製品はこんなにインクが詰まったりはしませんでした。
コンスタントに使っているのにすぐ詰まってクリーニングの繰り返しではわざと詰まりやすく設計している
ようです。

> 本当はカラーレーザーが欲しいんですけどね。

カラーレーザーも旧機種なら安いですがね。
しかし接地面積とトナーの値段、写真品質などを考えると難しいところです。
  • URL
  • 2011/01/25 22:43

Hatti

こんにちは。

> EPSONもしょうがないですね
> 最初の修理時にインクカートリッジが
> 無いのが勘に触ったのでしょうか
> それにしてもひどい対応ですね

そのまま送ると担当者に伝えたんですがね。
全然横の連絡ができていない印象でした。

> ライバルのC社ではインクジェット機の事を
> 自販機(勝手にインクを販売してくれる)なんて
> 社内呼称で呼んでいるらしいですから

Canonの修理には幸いお世話になっていないのですが、プリンタもカメラも対応は良くないらしいです。

> ま 買い替えが正解なのかも知れません。

いくらプリンターが安くなったとはいえ直すより買い換えというのはあまり良い慣習とは思えないんですがね。
難しい時代になりました。
  • URL
  • 2011/01/25 22:37

chura

どうもchuraです。

私もプリンターには泣かされています。
年末に年賀状を印刷してる時もそうですし、ワイアレスキーボード購入のきっかけを作ったのもプリンターでした。

一昨日の日曜日にもCanonのプリンターにやられました。
黒が全く出なくて・・・
いじってるうちにカラーまで全く出なくなって・・・

最近のプリンターって「安かろう悪かろう」で、あまり信用できません。
本当はカラーレーザーが欲しいんですけどね。
  • URL
  • 2011/01/25 22:22

koozyp

こんにちわ( ^ω^ )

EPSONもしょうがないですね
最初の修理時にインクカートリッジが
無いのが勘に触ったのでしょうか
それにしてもひどい対応ですね

ライバルのC社ではインクジェット機の事を
自販機(勝手にインクを販売してくれる)なんて
社内呼称で呼んでいるらしいですから
ま 買い替えが正解なのかも知れません。

それでは(^O^)
  • URL
  • 2011/01/25 21:29
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。