スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療用ソフトの保守契約とバージョンアップ

  • 2011/03/04 11:33
  • Category: 歯科
P1020132.jpg

我々医療関係者が毎日仕事に使用するしているにパソコンはMacではありません。
それは大半の保険診療請求用ソフト(以下レセコンソフトと略)がWindows専用のソフトだからです。
正確に言えばMac上でも動かすことは可能ですが、周辺機器のトラブルなどがあった時ソフトメーカーのサポートが受けられないので、Macでの運用は今は止めています。
このソフトの値段はいくらくらいだと思いますか?
私が使っている物はソフト単体での販売商品ですが、130万くらいです。
他の大手メーカーは殆どがパソコンとの抱き合わせ商法で販売価格はスタンドアローンで、周辺機器も含めれば200万コースです。
定価販売に近い形で、最新機でもないパソコンや周辺機器を抱き合わせ高額なソフトを売りつけられるのは納得できなかったので、当時ソフト単体で販売されていた商品を導入しました。
購入して運用していくと今度は保守契約が必要になります。
保守契約のメインは年に1,2度入るかどうかの点数改正に対する改正ソフトの入手です。
後は今まで一切お世話になったことがない、出張サポートがありますが年間保守契約料金は9万円です!
Adobeソフトのアップグレードが高いという話は良く耳にしますが、私としては法外とも思っていません。
仕事のメインで使うソフトで年に2万円位(PotoshopCSの場合)で最新版が使え、かつ以前のバージョンでも作業に支障はきたさないのです。
レセコンソフトの場合最新の更新データがなければ何の意味もありません。
私の使用ソフトの場合、保守契約を切っても更新ディスクは単独で購入できます。
ただし大きな改正が入った場合更新料が8万円とかも場合もあるので、保守に入った方がいざというときのサポートも付き割安です。
保守契約は必要になった場合いつでも再加入できるので、今年は僅かな改正のため更新ディスクは実費購入にしました。
更新のCDがいくらかと思えば、これが12.000円でした。
内容は金属の点数が変わっただけなのです。
Appleで言えばソフィとウェアアップデートで数秒で書き換わる内容に思えます。
私にはボッタクリにしか思えない価格ですが、渋々支払いには同意しました。

思えば数年前に保険請求の電子化が始まった時には、レセコンメーカーは特需とも言われた景気だったと聞きます。
その割に電話サポートは一向に充実せず、忙しい時期はいつも話し中。
肝心のソフトの機能はまったく進歩していません。
一度導入すれば価格の点で簡単に他社には乗り換えられないですし、継続すれば保守契約必須と医療関係者は縛られています。
大手ソフト会社が参入すれば市場は一変するのですが、このような狭い世界では今後とも無理でしょう。
事はレセコンメーカーばかりではなく、医療用というだけで全く同じ内容の商品でも工業用に比べ値段は遙かに高額という物を我々は沢山使用しています。
同じ医療用でも海外通販などで安く買える物は沢山ありますが、個人輸入には障害がある品目も多いのです。
歯科メーカーの経営状況が悪いのかというと、国内最大手のGCなどはかなりの規模の社屋を新オープンさせています。
疲弊してしまった苦しい業界の末端診療所はこういったメーカーに食い物にされている気がします。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/457-f4b4efb5

Comment

Hatti

こんにちは。

> 私が使用する、献立作成ソフト(総合的な栄養管理ソフト)
> 普通に購入すると、必要と思われる機能を全てつけると40万円。
> もっとも、これは先日のイベントで聞いた金額で、実際には区が用意したソフトなので不明ですが、1万円ってことは無いでしょう。

ふえ~!やはり専門分野のソフトは何でも高いですね。

> 需要と供給ってあるでしょうけど、Hattiさんをはじめとするお医者様関連のものは、導入した瞬間から常にお金がかかる様になっていますよね。
> これってソフトハウスも生き残るために必要な事かもしれませんが、それにしても高額!

常に更新が必須というソフトなのが辛い部分です。
せめて初期投資が高いのですから、保守関係のコストくらいもう少し削減できないものかと思います。

> 何かに特化したものはそれなりの開発もあるので必要経費と無理矢理考えなきゃいけないのは、理解しようと思っても、ちょっと腹立たしい気もしちゃいます。

開発費、サポートの人件費などあるのでしょうが目立つ改良もなしサポセンは常に手が足りない状況ではね....と感じます。
国は曖昧なまま電子化を推し進め、その負担は全て医療従事者側という体制(不透明な時期に補助金はありましたが)はどうにも理解できません。
  • URL
  • 2011/03/05 08:35

管理栄養おたぬき

私が使用する、献立作成ソフト(総合的な栄養管理ソフト)
普通に購入すると、必要と思われる機能を全てつけると40万円。
もっとも、これは先日のイベントで聞いた金額で、実際には区が用意したソフトなので不明ですが、1万円ってことは無いでしょう。

需要と供給ってあるでしょうけど、Hattiさんをはじめとするお医者様関連のものは、導入した瞬間から常にお金がかかる様になっていますよね。

これってソフトハウスも生き残るために必要な事かもしれませんが、それにしても高額!

何かに特化したものはそれなりの開発もあるので必要経費と無理矢理考えなきゃいけないのは、理解しようと思っても、ちょっと腹立たしい気もしちゃいます。
  • URL
  • 2011/03/05 01:21

Hatti

非常にうなずける話でした。
私自身もしAppleの機器を使って歯科用に特化したソフトウエアを開発してくれるなら、喜んで開発に加わりたいと思いますね。
iPadを使ってチェアサイドでデータを入力、Macへ無線でSyncさせるようなシステム。
実はなくはないのですが、これまた数百万のおかしな会社だけです。
知識があれば既存のFileMakerなどを使って作れそうな気がしますが。
レセコンメーカーも確かに我々の意見は聞いているのでしょうが、上辺だけで本当の現場は捉えていない気がします。
本当の意味で仕事にMacを積極的に導入したいと常々思っています。
  • URL
  • 2011/03/04 23:29

toshi

アプリについて考えてみたのですが医療にしろアクセシビリティ関連のアプリにしても一般用途に比べて高額になるのが既定路線という考えが固定した上で制作しているように感じます。私が触らせていただいた電子カルテアプリも熱心な先生やコメディカルの方々が開発者に働きかけ開発者も現場の日常を理解している方だった様なのです。ある面では経費に関係なくボランティア的な面を多く含んでいる感じです。
特定業務での利用は普通に考えれば日常の端末操作だけでなくどんな行為が行われているのか相当に観察し概要を把握してもなお困難なはず、なのに「希望を聞きたい」、「感想を聞きたい」「アンケートを…」というのが多いように感じてます。実際の使用場面だけでも観察して欲しいところですが現実的には無理なのでしょう。
ある程度の料金の範囲でやるには無理なんでしょうね。もう、使用者側から心ある開発者に提案して未熟ながらも種がある状態にしないと良いアプリやシステムは存在しないと思います。私も機会を捉えて行動したいです。せっかく使い易いMacやiPadがあるのに残念な状況です。
  • URL
  • 2011/03/04 22:20
  • Edit

Hatti

こんにちは。

> 私は以前に電子カルテや診療報酬のアプリを使う職場におりました。オーダーメイドで更に大変な費用がかかっているのに導入時の職場の意見は何一つ実現されていなく、機器古い型でした。操作性も大変悪くサポートも解決ができない場面が多くありました。(大きな職場でサポート室が院内にある環境でした…)
> 機会があり他科の先生がMac版電子カルテアプリを触らせてくれたのですがとても使い易かったのを覚えています。「勝手には使えないから残念」と苦笑されてました。

仰っていることは良く分かる気がします。
要するに歯科のレセコンであれば、歯科医側の意見がキチンと反映されなければ使い易い優れたソフトにはならないのですが、私の使っているメーカーもその辺りの介入度が低い気がします。
ユーザーが声を上げても対応してくれないメーカーでは相手にする気もおこりません。
きっと「Mac版電子カルテアプリ」はその辺り考えられた点が多かったのではないでしょうか?

> きっとギョーカイと制度をつくる方々で支え合ういつものストーリーが分かるだけなのです。お金がかかりますが行動できるところで抵抗するしかないでしょう。

それでも多数のユーザーがいて成り立つ商売なのですから、ただ安くして欲しいという以外の声くらい反映させて欲しいです。
機会とお金があれば私も他社に乗り換えます。

> もっと悲惨な分野があります。身障者が使うアプリ類、必要なアプリ自体がなかったりあっても外国語版。ただでさえ高額であるのに数少ない日本語化されたものはもっと高額に。公的な補助も極端に限定されています。Mac版が少ないのも悲しいですが。ご存知でしたか?まぁ、限られた分野は食い物にされたり、食べる価値もない分野もあったりで悲しい現実です。

知りませんでしたが、全く商売が成立しない分野は当然そうなってしまううのでしょうね。
補助をするべき分野、切り捨てて良い分野。その辺りの線引きがこの国は少しおかしい気がします。
今の生活保護の不正受給などのニュースを聞いていると、私にも無駄な予算は多すぎると思います。
  • URL
  • 2011/03/04 15:54

toshi

私は以前に電子カルテや診療報酬のアプリを使う職場におりました。オーダーメイドで更に大変な費用がかかっているのに導入時の職場の意見は何一つ実現されていなく、機器古い型でした。操作性も大変悪くサポートも解決ができない場面が多くありました。(大きな職場でサポート室が院内にある環境でした…)
機会があり他科の先生がMac版電子カルテアプリを触らせてくれたのですがとても使い易かったのを覚えています。「勝手には使えないから残念」と苦笑されてました。
きっとギョーカイと制度をつくる方々で支え合ういつものストーリーが分かるだけなのです。お金がかかりますが行動できるところで抵抗するしかないでしょう。
もっと悲惨な分野があります。身障者が使うアプリ類、必要なアプリ自体がなかったりあっても外国語版。ただでさえ高額であるのに数少ない日本語化されたものはもっと高額に。公的な補助も極端に限定されています。Mac版が少ないのも悲しいですが。ご存知でしたか?まぁ、限られた分野は食い物にされたり、食べる価値もない分野もあったりで悲しい現実です。
  • URL
  • 2011/03/04 14:22
  • Edit

Hatti

こんにちは。

> 私は以前東京で財務ソフトのメーカーでサポートとして働いていました。
> 財務ソフトもかなりの金額を取るのですよ。
> 特に税制は毎年のように変わりますし、消費税が引き上げになった時等、我々はかなり忙しかったのを覚えています。

メーカー側の方の意見が聞けたのは嬉しい限りです。
確かに高い料金=ボッタクリと決めつけるのは間違いですね。
更新にかかる手間などは何人もの人間が関わるでしょうし、それ相応の手間と時間がかかるものだと考えます。
特殊な一事業を対象にしたソフトですから、販売規模は遙かに少ないでしょうしその分一件あたりの単価が上がるのは当然のことでしょう。

> サポートには専門知識を持っている方でないとそう簡単には電話口には置けませんし、ソフトの開発料もあるのでどうしても高価なものになってしまいます。

そちらの分野は知らないのですが、何せ何ヶ月に一度しか問い合わせないのに全然繋がらないんですよ。うちのサポート。
ソフトも最初高い代金を払っているので、せめて簡単なアップデートくらい実費提供できないの?という印象です。

> うちに置いてあるチェックアウト用の端末なんてのもスタンドアローンで専用のプリンタをつけて250万します。
> 手書き計算でもできるようなモノなのに・・・。

それは凄いですね。
専用プリンターってのが曲者の気もします。

> でもここは納得できませんが我慢して保守に入っているのがいいんでしょうね。
> 早く携帯電話みたいに他者から乗り換え0円とか始めてくれればいいんですけど、こういったニッチな世界では今後も難しいでしょう。
> 経営者としては税金とともにこういった経費にも頭が痛くなりますね。

私の場合は「入る年」「入らない年」上手に使い分けようと思います。
安易に言いなりになっていては経費は浮かせられません。
零細企業の自営主はつらいところです。
  • URL
  • 2011/03/04 13:22

一人よがり

こんにちは。

私は以前東京で財務ソフトのメーカーでサポートとして働いていました。
財務ソフトもかなりの金額を取るのですよ。
特に税制は毎年のように変わりますし、消費税が引き上げになった時等、我々はかなり忙しかったのを覚えています。

サポートには専門知識を持っている方でないとそう簡単には電話口には置けませんし、ソフトの開発料もあるのでどうしても高価なものになってしまいます。

うちに置いてあるチェックアウト用の端末なんてのもスタンドアローンで専用のプリンタをつけて250万します。
手書き計算でもできるようなモノなのに・・・。

でもここは納得できませんが我慢して保守に入っているのがいいんでしょうね。
早く携帯電話みたいに他者から乗り換え0円とか始めてくれればいいんですけど、こういったニッチな世界では今後も難しいでしょう。

経営者としては税金とともにこういった経費にも頭が痛くなりますね。
  • URL
  • 2011/03/04 12:43

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。