スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook Pro (13inch Early 2011)~Bootcamp とトラブル~途中経過

P1020319.jpg

事態が一向に好転せず、自分でも書いていて全然面白くないエントリになっています。
ELMO-Jr.さんが非常に簡潔にコメントして下さったので転載しますが、正しいファームウェアアップデートの手順は

・SSDをMacに内蔵する
・Mac OS Xをインストール
・IntelのサイトからIntel SATA SSD Firmware Update Toolをダウンロード
・ディスクユーティリティでisoファイルをイメージとしてCDに書き込み
・isoイメージCDから起動(C起動)
・”y”を押下し”Enter”キーを押下

となりDOS画面と言っても難しい作業ではありません。
しかしIntelよりブロガーさんのサポートの方が迅速で分かりやすいっていうのはイマイチですね。
では結局アップデートできたかというとやはりダメでした。
MBPの内蔵がHDDであれば作製したBootCDは認識しますが、SSDを内蔵した途端認識しなくなります。
やはりファームウェアの問題かSSDの相性という一番やっかいな所に行き着く模様です。
SSDにははやり相性問題があるようで、保障をしてくれるお店も存在します。
私の場合昨年のSoftmap購入ですのでもはやダメですが、今後購入される方には相性保障のあるショップでの購入をお勧めします。
ちなみに秋葉館の新型CrucialのSSDにおいても注意書きに
「MacBook Pro (Early2011)13"/15"において相性等で不具合が生じる場合は、30日以内にご連絡を頂ければご返金にて対応いたします」
との記載があります。

私の場合ファームウェアの問題か相性の問題か切り分けは現時点ではできていません。
IntelのサポートはSSDを新しいファームウェアの入った物と交換対応はしてくれるそうです。
しかし震災による影響で交換品が届くのは1ヶ月くらい先になると言われました。
しばらくこのエントリは中断しようと思います。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/483-f79490f2

Comment

Hatti

> 私のコメントをご紹介下さり恐縮です f(^_^;)

すみません。
あまりに簡潔で分かりやすかったので無断転載してしまいました。

> 結局時間はかかりますが交換対応をしてもらえることになったという事で、新しいSSDには問題なくインストール出来ると良いですね!

これでダメだと完全に相性の問題になってしまい解決不可能になってしまいます。
最後の頼みの綱なので何とかなって欲しいです。
  • URL
  • 2011/04/05 23:24

ELMO-Jr.

私のコメントをご紹介下さり恐縮です f(^_^;)
結局時間はかかりますが交換対応をしてもらえることになったという事で、新しいSSDには問題なくインストール出来ると良いですね!

Hatti

こんにちは。
いつもお世話になってますm(__)m

> 相性問題は出るとイヤですよね~ 最初はなんの事か
> 分からないんです 何で動かない~~~?

メモリが認識しないときはピンと来ましたが、今回は最初訳が分かりませんでした。
今でも相性かどうなんかも謎です。

> でも今回は新品交換(一ヶ月後では有りますが)なので
> 良かったでは無いですか 
> (もし動かなくて売るにしてもほぼ新品ですから)
> ホントにこれで動いてくれれば良いのですが

そうですね。
Intelの対応はまずまずですし、ダメでも少なくとも良い状態では出品できます。
しかしこの手の製品は日々価値は下がるので新型が出れば売値も下がるのが辛いところです。
SSD確かに一度使うとHDDには戻りにくくなります。
koozypさんも是非1台!
  • URL
  • 2011/04/05 22:43

koozyp

こんにちわ(*^_^*)

相性問題は出るとイヤですよね~ 最初はなんの事か
分からないんです 何で動かない~~~?
で最少構成とか再インストールとか色々手間をかけても
全く動く気配も無い???????
でも今回は新品交換(一ヶ月後では有りますが)なので
良かったでは無いですか 
(もし動かなくて売るにしてもほぼ新品ですから)
ホントにこれで動いてくれれば良いのですが

それでは(^^)

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。