スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thunderbolt対応製品が発売に。

Thunderbolt Firmware Updateの配布に合わせたように、AppleOnlineStoreに純正Thunderboltケーブルと対応HDDが登場しました。
要は今まで発売したくても出せなかった事情があった訳ですね。
これで当方に生じていたトラブルも、間違いなく解決できているという確証が得られた次第です。
ただ最初のThuderbolt搭載MacBook Proシリーズが発売になったのは2011.2.25.ですから、随分時間がかかったと思います。
対応製品のない規格を先走りで製品化して、不具合は残したままだったというのはいかがなものかと感じます。

87.jpg

純正ケーブル2mで¥4,800とは安いUSB 外付けHDDが買えてしまいそうな価格です。
ターゲットディスクモードを使えれば転送速度は期待できそうですが、それだけでは出番があまりに少ないです。

677_20110629085609.jpg

どうみてもMacProに接続するための大規模なRAIDシステム、もう1種類R4 8TB (4x2TB)がありますが、¥149,800の価格といいコンシューマー向けではありません。
しかも商品にケーブルは付属せず別途購入しないといけません。

現段階ではiMacを使う我々のような一般ユーザーの商品が発表になっていません。
今後WDとかLacieも参入予定があるようですが、早く一般ユーザーが恩恵に授かれるような商品を安く出してもらいたいところです。
しかしこのケーブルの価格を見る限り、あまり期待はできないそうです。
このままだと結局USB3.0が残り、ThunderboltはFWの二の舞になりそうな予感がします。

加筆:PromiseのRAID Systemにはより多くのラインナップがありました。最低価格は99,800円からです。
   ・Promise Pegasus R6 12TB (6x2TB) RAID System 199,800円
   ・Promise Pegasus R6 6TB (6x1TB) RAID System 149,800円
   ・Promise Pegasus R4 8TB (4x2TB) RAID System 149,800円
   ・Promise Pegasus R4 4TB (4x1TB) RAID System 99,800円

   またThunderboltターゲットディスクモードはFW800に比べさほど速くはならない模様です。
   Macお宝鑑定団Blog「Thunderboltケーブルを使用したターゲットディスクモードをチェック

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/559-57e2fca1

Comment

Hatti

こんにちは。

> Sonyが採用したのは確かなんですが、パソコン本体じゃなくて Vaio Zの外付けのドックに採用された模様です。しかも、名前がThunderboltじゃなくて、Interlのコード名そのままの Light peak と呼んでいます。FWに対するi.LINKを思い出しますね(笑)。

一応「Appleに追い風」みたいな記事がWEBに出ていたのを見ました。
相変わらず微妙な距離は空けたいみたいですね。

> ベンチテストの結果とかをネットで探してみたのですが、まだ出てないようですね。必要性はともかくとして、馬鹿のように速いというデータを見てみたいです(^_^)。

特筆すべき結果が出てくれないとという感じがあります。
ターゲットディスクモードでは速さの恩恵はあまりない結果のようですね。


> ・Promise Pegasus R4 4TB (4x1TB) RAID System 99,800円
> というのは、このメーカーとしてはべらぼうに高いというわけでもなさそうです。逆に言うと、そんなには値下がりしないのかもしれませんね。Lacieあたりがコンシューマー向けの製品を出してきそうな気がしますが、どれぐらいの値段でどれぐらいの性能になるのか注目ですね。

発売になるからには市場価格を無視したものにはならないのでしょう。
今後の発売製品に期待したいところですが、やはりUSB3.0より割高になるのは否めないのでしょうね。
せっかく採用された規格ですから生き残ることを期待します。
  • URL
  • 2011/07/05 09:07

こんばんは~♪

>>Sonyが採用したのは初めて知りました。

Sonyが採用したのは確かなんですが、パソコン本体じゃなくて Vaio Zの外付けのドックに採用された模様です。しかも、名前がThunderboltじゃなくて、Interlのコード名そのままの Light peak と呼んでいます。FWに対するi.LINKを思い出しますね(笑)。

>>お手軽に試せる価格なら良いのですが、少し高いですね。

ベンチテストの結果とかをネットで探してみたのですが、まだ出てないようですね。必要性はともかくとして、馬鹿のように速いというデータを見てみたいです(^_^)。

PromiseはIDEのRAIDとしては草分けのメーカーですね。試しに、Thunderboltじゃなく、FWのポートがついたRAIDコントローラ(箱だけ)の値段を調べてみると、HDDを4台搭載できるモデルで、5万円ぐらいでした。ですので、

・Promise Pegasus R4 4TB (4x1TB) RAID System 99,800円

というのは、このメーカーとしてはべらぼうに高いというわけでもなさそうです。逆に言うと、そんなには値下がりしないのかもしれませんね。Lacieあたりがコンシューマー向けの製品を出してきそうな気がしますが、どれぐらいの値段でどれぐらいの性能になるのか注目ですね。
  • URL
  • 2011/07/04 23:22
  • Edit

Hatti

こんにちは。
コメントありがとうございます。

> Thunderboltは、まだ搭載したMacを持っていないにもかかわらず、その動向には注目しています。ただ、動きはなんか鈍いですね(^_^;)。やっと対応製品が出て来たという感じですよね。今のところ、動画編集などをやる人のプロユースという感じでしょうか。

やっと対応製品が出た所ですね。
まあ不具合があるので発表できなかったとしか思えません。

> そんな感じもしますね(^_^;)。そういえば、ソニーがまた別の名前で、Thunderbolt搭載機器(?)を出しましたね(笑)。

Sonyが採用したのは初めて知りました。
追い風になってくれるといいのですが、こちらも独自規格でずっこけるメーカーなので大丈夫なのかな?

> RAIDディスクは、RAID5で組んだNASをファイルサーバーにしていますが、Thunderboltだとどれぐらい速いのか、ちょっと気になるところですね。

お手軽に試せる価格なら良いのですが、少し高いですね。
私の場合はそこまでは必要ないので、普通のHDDやその他の製品がでることを願ってます。
  • URL
  • 2011/07/03 08:12

Thunderboltは、まだ搭載したMacを持っていないにもかかわらず、その動向には注目しています。ただ、動きはなんか鈍いですね(^_^;)。やっと対応製品が出て来たという感じですよね。今のところ、動画編集などをやる人のプロユースという感じでしょうか。

>>このままだと結局USB3.0が残り、ThunderboltはFWの二の舞になりそうな予感がします。

そんな感じもしますね(^_^;)。そういえば、ソニーがまた別の名前で、Thunderbolt搭載機器(?)を出しましたね(笑)。

RAIDディスクは、RAID5で組んだNASをファイルサーバーにしていますが、Thunderboltだとどれぐらい速いのか、ちょっと気になるところですね。
  • URL
  • 2011/07/02 22:57
  • Edit

Hatti

こんにちは。
いつもありがとうございます。

> やはり新規格を搭載するっていうのはそれなりのリスクがあるもんなんですかね?
> サンボル対応機器がググっても出てこないので
> Appleはこの新規格をとりあえず完成させたという形なんでしょうか。
> いずれにせよコイツの恩恵を預かるのは俺の場合まだ先のことのように思います。

ThenderboltはIntelの規格なので、Appleがそれを採用したということだと思います。
MiniDisplayポート兼用なので、周辺機器や検証が不十分でも発表して良いと思ったのでしょうか?
自社のディスプレーとの接続でトラブルが発生し、数ヶ月解消できなかったのはお粗末だと思います。

> RAIDシステムはこの価格では流石に手が出せないですね。
> でも、FW800対応のDroboなら現在主力製品として使ってますが
> データのコピーにはFW800をもってしてもUSB 2.0とドッコイドッコイなくらい遅いですが、システム的には非常に優れていると思うので愛用してるんですけどね。
> Appleの先走り規格も考え物ですね~。

昔私が初めてRAIDを見たときはもっととんでもない価格だったので、買えない程ではないですが一般ユーザーのバックアップ程度には必要ないですね。
データのコピーというのは理論値が高くても、体感スピードに現れないのだということを知った次第です。
Thenderboltが生き残れるかどうかは、Windows陣営の採用がなければ私は無理ではないかと思います。
  • URL
  • 2011/06/30 09:38

Kenta_me

こんばんは~。

やはり新規格を搭載するっていうのはそれなりのリスクがあるもんなんですかね?
サンボル対応機器がググっても出てこないので
Appleはこの新規格をとりあえず完成させたという形なんでしょうか。
いずれにせよコイツの恩恵を預かるのは俺の場合まだ先のことのように思います。

RAIDシステムはこの価格では流石に手が出せないですね。
でも、FW800対応のDroboなら現在主力製品として使ってますが
データのコピーにはFW800をもってしてもUSB 2.0とドッコイドッコイなくらい遅いですが、システム的には非常に優れていると思うので愛用してるんですけどね。

Appleの先走り規格も考え物ですね~。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。