スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook 販売終了に思うこと~ポリカーボネート時代の終焉~

  • 2011/07/28 09:48
  • Category: Mac
design_keyboard_20091020.jpg

2011.7.21.新型MacBook AirとMac miniが発表された陰で、ポリカーボネートボディーのMacBookがAppleの製品ラインナップから静かに姿を消しました。
ただし米国の教育市場向けとしてはまだ継続販売されるそうです。
しかしこのやり方は過去にもeMacで取られた方法であり、在庫整理という感は否めません。

ここから先は私の独断の部分が多々あります。
裏付けはないので、お話しとしてお読み下さい。

MacBookにはCorei3搭載でも低価格という販売路線はなかったのでしょうか?
愛用者には厳しい意見かもしれませんが、私はAppleの方針としてはなかったと考えます。
今やパソコンの販売価格は下落の一途を辿っています。
先日購入したLenovo Thinkpad(14inch Corei5 2.3GHZ)は、奇しくもMBP 13inchと同じようなアーキテクチャーを採用したマシンでありながら販売価格は5万円台後半なのです。
Macも安くなったとは思いますが、外装素材のコストダウンだけでWindows機と価格勝負では相手になりません。
CPUを下位グレードにしても、MaCBookを5万円以下に下げることはできないでしょう。
もはやMacBookは商品としての競争力を失ってしまったと判断されたのではないか?というのが私の推論です。

Appleの製品ラインナップにおいて、PowerBook時代よりProライン12,13inchモデルはiBook,MacBookなどのコンシューマーモデルと殆ど同スペックの外装仕様違いという位置づけを与えられてきました。
ユーザーは価格の安いポリカモデルか高級感のあるアルミモデルという選択を行うのが常でした。
しかしそこにMacBook Airという魅力的なモデルが投入されたのです。
初代Airはスペック的にもテスト機的なモデルでしたが、昨年の第2世代モデルから目覚ましい進化を遂げました。
今やユーザーがどれが欲しいかという選択に立った時、価格でMacBookを選ぶ層はごく僅かでしょう。
画面の小ささに目をつぶれば、MBP 13inch同等の解像度のAir 11inchが安価に手に入ります。
MacBook Airの成功でAppleの戦略は変わったのです。
もはやオールインワンモデルはMBPが全ての役割を担えば良いと考えたのではないでしょうか?
ただし低価格を望むユーザーのため、MBPの13inchモデルにAirで採用されたの解像度の高い液晶は採用せず、CPUもデュアルコアといったコストダウンをわざと行っているのでしょう。

MacBook販売終了により、初代Macintosh以来続いたポリカーボネートボディーが製品ラインから全て姿を消しました。
今回のエントリにあたり、私が使ったポリカーボネートのMacを調べてました。
Unknown.jpeg
初めて買ったPowerMac 7300
img_1260213_64529177_1.jpeg
ノートに憧れ手にしたPowerBook 5300C
middle_1157899651.jpg
半透明のiMac G3(FlowerPowerも中古で一度買いました)
g3_ibook.jpg
ラバーコーティングされた初代iBook(あまり使えないマシンでした)
powerbook_09_13.jpg
漆黒のPowerBook G3(Pismoは名機だったと思います)
G4Cube_2.jpg
透明なG4 Cube(大好きだったマシンです)
apple_emac_B.jpg
実用的ですが、地味なマシンだったeMac
sm_mac_imac_g4_img_01.jpg
今見ても斬新なデザインのiMac G4(最初に受付に置いたMac)
G5.jpg
iMac G5は長く使った機種でした。
MA472JA.jpg
そしてMacBook

何とこれだけありました(色違いCPUの違いなどは省略)。
やはり後半になるとアルミのノートを使っていたので、ポリカーボネート製品は減ってきますね。
今後ポリカーボネートのMacが登場する可能性は極めて低いでしょう。
歴代のMacの素敵なカラーリングや、斬新なデザインを支え続けてきた素材であっただけに一抹の寂しさを感じます。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/589-8819606b

Comment

Hattiさん、こんばんは~♪

>>しかしDuo はDockがまた凄い値段でしたね。

MicroDock 一個だとそれほどでもありませんでした。私がDuoを買った頃は、MiniDockはもう販売されてなくて、中古品でかなりプレミアがついていたような記憶があります。結局これは買いませんでした。買ったのは、SCSI MicroDockと Ethernet MicroDockですが、Ethernet MicroDockだけで、一応日常の用途では大丈夫だったと思います。

>>八重洲のPowerYuは実は父の職場の近くでして、私が5300Cを買ったお店です。
確か半値くらいでたたき売りになったモデルでした。

そうだったんですね。5300cはかなり高額で、なかなか手が出ないなと思った記憶があります。PowerYuは評判がいいお店だったんですが、私が利用したのはこれが最後で、それ以降は松戸にあったパスカルというお店の常連になりました。

>>アメリオは暗黒時代というような書き方が多い気がしますが、PowerBook G3シリーズは素晴らしい製品だったと思ってます。

本当の暗黒時代は、アメリオの前のスピンドラーの時代ですね。アメリオ時代になって、やっと光が見えてきたと思いました。なんと言っても、ジョブズを含むNeXT社を買収したことが、今のアップルの興隆の発端になりましたね。

>>今見ればG3やG4も暗くて小さな液晶なんですがね。

もう手元にないので、見ることができませんが、そうなのかもしれませんね。

>>私のPismoは殆どノントラブルでした。
さすがにモデル末期の成熟モデルだった気がします。

そうでしたか。私も経験上、モデル末期の方を買うことが多いですが、感動はイマイチかもしれませんね。

>>この後私はチタンG4は見送ってアルミG4 12inchを何世代か使ってます。

私はチタンとアルミの2モデルを使いましたが、HDDの故障をのぞいては、ほとんどノートラブルでした。でも、この時代のPowerBookはイマイチ好きになれない感じでした。やはり、Power Book G3の方が名機だと思います。あ、でもMacBookAirは久しぶりに愛着が持てる機種ですね(^_^)。私が使っているのは、一世代前の11インチですが。

>>Macのブログ読ませて頂きました。

ありがとうございます(^_^)。また、気が向いて時間があれば、何か書くかもしれませんが、その時はまたよろしくお願いします(^_^)。
  • URL
  • 2011/08/01 01:24
  • Edit

Hatti

こんにちは。

> これだけはまだ家にあります。売り時を逃してしまったと言えばいいのか・・・(^^;)
> でも、時々、思い出した様に起動させるとキチンと起動してくれてちょっと感激(笑)

iMac G4のデザインは秀逸だと思うので、オブジェにしても良いのでは?と思います。
しかしこれ位古い機種だと使い道はなかなかないんですよね~。

> こうしてラインナップを並べていただくと、私も使っていたシリーズがあって懐かしいですね。
> それと同時に、これほど早いサイクルで動いているんだなって改めて思っちゃいます。

早いですよね。
ベージュのMacにスカジー接続の時代が懐かしいです(そんなの知らないですかね?)。
今のマシンはそれだけで完成形ですので、もう少し弄る楽しみがあれば良いのになあとも思います。

> きっと、本社では5年後くらいまでのラインナップの開発をしてるんだろうな~なんてことも思ってたりしてます。

沢山のラインで試作機は作っているのでしょうし、没になる機種も沢山あるのでしょうね。
1度開発を見てみたいものです。
  • URL
  • 2011/07/31 21:16

管理栄養おたぬき

これだけはまだ家にあります。売り時を逃してしまったと言えばいいのか・・・(^^;)

でも、時々、思い出した様に起動させるとキチンと起動してくれてちょっと感激(笑)

こうしてラインナップを並べていただくと、私も使っていたシリーズがあって懐かしいですね。
それと同時に、これほど早いサイクルで動いているんだなって改めて思っちゃいます。

きっと、本社では5年後くらいまでのラインナップの開発をしてるんだろうな~なんてことも思ってたりしてます。
  • URL
  • 2011/07/31 11:48

Hatti

こんにちは。

> 私が買ったのは、Duo280cがかなり値下がりした時でしたが、それでも確か30万円弱したような記憶があります。八重洲にあったPowerYuというお店で買いました。Duoはキーボードが柔いとか、拡張性がないとかいろいろ問題(?)がある機種でしたが、拡張性の方はMicro DockやMini Dock, Duo Dockとかいろいろ出ていて、何とかなりましたが、その分出資も増えたりして(笑)。でも、この頃が一番楽しかったような気もしますね(^_^)。

確か最後は安くはなったんですよね~。
しかしDuo はDockがまた凄い値段でしたね。
八重洲のPowerYuは実は父の職場の近くでして、私が5300Cを買ったお店です。
確か半値くらいでたたき売りになったモデルでした。

> 昨日、「初代PowerBook G3 (Wall Street)」 と書きましたが、その前にもう一つあったような記憶が蘇ってきました。調べてみると、PowerBook 3400と同じ筐体で、CPUをG3に載せ換えたものがありましたね。コード名はKangaでした。だんだん思い出してきましたが、この機種は値段が馬鹿高いわりに性能がイマイチであまり売れなかったような気がします。ジョブズの前のアメリオ時代に開発されたものですね。

アメリオは暗黒時代というような書き方が多い気がしますが、PowerBook G3シリーズは素晴らしい製品だったと思ってます。
G3チップの恩恵かも知れませんが、やっとノートにそれなりの性能が与えられたマシンなのではないでしょうか?

> WallStreetは、13インチの液晶のものを買ったのですが、Duoからの買い替えですので、液晶画面が巨大に感じたのを覚えています(^_^)。

今見ればG3やG4も暗くて小さな液晶なんですがね。

> Pismoも名機と言われていて、愛好家が多かったですよね。Wall Streetはこのシリーズの初期モデルにもかかわらず、かなりトラブルの少ない機種でした。ただ、一度液晶の表示が乱れるというトラブルが発生して、修理に出した記憶があります。

私のPismoは殆どノントラブルでした。
さすがにモデル末期の成熟モデルだった気がします。
この後私はチタンG4は見送ってアルミG4 12inchを何世代か使ってます。

Macのブログ読ませて頂きました。
なかなか私の頭ではコメントしづらい内容でしたが、リンクも含め楽しませて頂きました。
ありがとうございます。
  • URL
  • 2011/07/30 08:29

Hattiさん、こんばんは~♪

>>私も色々使いましたがDuoはとても手が出るマシンではありませんでした。

私が買ったのは、Duo280cがかなり値下がりした時でしたが、それでも確か30万円弱したような記憶があります。八重洲にあったPowerYuというお店で買いました。Duoはキーボードが柔いとか、拡張性がないとかいろいろ問題(?)がある機種でしたが、拡張性の方はMicro DockやMini Dock, Duo Dockとかいろいろ出ていて、何とかなりましたが、その分出資も増えたりして(笑)。でも、この頃が一番楽しかったような気もしますね(^_^)。

昨日、「初代PowerBook G3 (Wall Street)」 と書きましたが、その前にもう一つあったような記憶が蘇ってきました。調べてみると、PowerBook 3400と同じ筐体で、CPUをG3に載せ換えたものがありましたね。コード名はKangaでした。だんだん思い出してきましたが、この機種は値段が馬鹿高いわりに性能がイマイチであまり売れなかったような気がします。ジョブズの前のアメリオ時代に開発されたものですね。

WallStreetは、13インチの液晶のものを買ったのですが、Duoからの買い替えですので、液晶画面が巨大に感じたのを覚えています(^_^)。

>>Pismoは結構長く使ったんですよ。

Pismoも名機と言われていて、愛好家が多かったですよね。Wall Streetはこのシリーズの初期モデルにもかかわらず、かなりトラブルの少ない機種でした。ただ、一度液晶の表示が乱れるというトラブルが発生して、修理に出した記憶があります。

>>是非Macのブログもお続け下さい!

実は、全然別ジャンルのブログもやっていまして、Macのブログにはあまり手が回らない状態です。時間があれば、書きたいこともあるんですが。。。

Hatti

こんにちは。

> 使っていますよ~厳密に言うとラストモデルでは無いんですけどねね~中身的には一代前のproとほぼ変わりませんから普通に使えます
> 確かに画面は狭いですけどね~~~

そういえばkoozypさんはMacBookユーザーですね。
ポリカという素材、暖かみがあって良いのですが問題は傷の付きやすさと変色や強度の問題だと思います。
特にポリッシュしたホワイトというのはあまりに目立ってしまいます。
むしろ昔のPowerBookのような素材なら目立たなかったのですが。
ディスプレーの狭さは仕方ないですね。

> それにしてもhattiさん随分たくさんのマシンをお使いになって来たんですね まるでAPPLEの歴史を見る様ですね(^ ^)

私の歴史はあくまでPowerPCからのものです。
これ以前は私には手が出ない時代が続いていましたね。
今のユーザーは本当に幸せだと思います。
  • URL
  • 2011/07/29 08:36

Hatti

こんにちは。
コメントありがとうございます。

> かなりたくさんの機種を使って来られたんですね。私の場合は、思い返してみると、愛着があったノートパソコンは、初めて買ったDuo280cですね。ポリカーボネートですが、これはPowerPCにアップグレードしてかなり長い間使いました。

凄いですね。
私も色々使いましたがDuoはとても手が出るマシンではありませんでした。
当時は画期的なシステムだったのですが縁がなかったです。
アップグレードも懐かしいですね。

その次は、初代PowerBook G3 (Wall Street)でしたが、これもなかなか気に入っていました。どちらも、壊れたりはしないで、まだ動作可能な間にどこかに嫁入りしました(^_^)。それ以降は、チタンのPowerBook G4になったので、もう長い間ポリカーボネートは使っていません。ですので、いまさらなくなっても、それほどは感慨がないですね(笑)。

PowerBook G3はノート型としては性能が一気に上がったマシンという印象です。
あの頃から我々の業界でもPCを使ったプレゼンテーションが始まりました。
Pismoは結構長く使ったんですよ。
今考えれば重たかったですね~。

>> 白のMacBookは職場の同僚が使っていましたが、どうも古くなってくると、トラックパッドの周辺などが黄ばんで来るようで、この辺がイマイチかなと思っていました。MacBook Airがここまで安くなって、かなりよく売れているらしいので、ポリカーボネートMacBookのディスコンも、納得ですね。

ノート型の場合はトラックパッドやパームレストの変色、トップケースやボトムケースの傷みが結構早いですよね。
私自身はアルミボディーの方が痛みが目立たず好きです。

そういえば、時期のMacBook Proもかなり薄型になるという噂がありますね。光ドライブは取ってしまうのでしょうか?ProとAirが融合しちゃうんでしょうかね?

先の予測はできませんが、大型化すると薄く軽くは強度的に難しくなりそうですね。
横の余裕を生かして15inchProラインならばSSDとHDのデュアルドライブ採用なんてのが魅力的です。

> WWDCのあと、Lionの意味するものと言うエントリーがありましたが、あの時にHattiさんへのレスを書いていたら、長くなってしかも非常に遅くなってしまったので、コメントとして書きそびれてしまいました。せっかく書いたので、自分のブログを立ち上げて、そこに載せましたので、お暇な時にでも読んでいただけると幸いです。ブログ自体はこれっきりで続きがない可能性もありますが。

これからゆっくり拝見させて頂きます。
あのエントリと今回のものは様々な情報を整理して自分の考えをまとめた物なので、自分としては力を入れました。
お気持ちが嬉しいです。
是非Macのブログもお続け下さい!
  • URL
  • 2011/07/29 08:29

koozyp

こんにちわ♪( ´▽`)

使っていますよ~厳密に言うとラストモデルでは無いんですけどねね~中身的には一代前のproとほぼ変わりませんから普通に使えます
確かに画面は狭いですけどね~~~
それにしてもhattiさん随分たくさんのマシンをお使いになって来たんですね まるでAPPLEの歴史を見る様ですね(^ ^)

それでは(^。^)
  • URL
  • 2011/07/29 07:18
  • Edit

Hattiさん、こんばんは~♪

かなりたくさんの機種を使って来られたんですね。私の場合は、思い返してみると、愛着があったノートパソコンは、初めて買ったDuo280cですね。ポリカーボネートですが、これはPowerPCにアップグレードしてかなり長い間使いました。その次は、初代PowerBook G3 (Wall Street)でしたが、これもなかなか気に入っていました。どちらも、壊れたりはしないで、まだ動作可能な間にどこかに嫁入りしました(^_^)。それ以降は、チタンのPowerBook G4になったので、もう長い間ポリカーボネートは使っていません。ですので、いまさらなくなっても、それほどは感慨がないですね(笑)。

白のMacBookは職場の同僚が使っていましたが、どうも古くなってくると、トラックパッドの周辺などが黄ばんで来るようで、この辺がイマイチかなと思っていました。MacBook Airがここまで安くなって、かなりよく売れているらしいので、ポリカーボネートMacBookのディスコンも、納得ですね。そういえば、時期のMacBook Proもかなり薄型になるという噂がありますね。光ドライブは取ってしまうのでしょうか?ProとAirが融合しちゃうんでしょうかね?

WWDCのあと、Lionの意味するものと言うエントリーがありましたが、あの時にHattiさんへのレスを書いていたら、長くなってしかも非常に遅くなってしまったので、コメントとして書きそびれてしまいました。せっかく書いたので、自分のブログを立ち上げて、そこに載せましたので、お暇な時にでも読んでいただけると幸いです。ブログ自体はこれっきりで続きがない可能性もありますが。

http://applefreakmemorandum.blog.so-net.ne.jp/
  • URL
  • 2011/07/29 02:05
  • Edit

Hatti

こんにちは。

> 思い返せば自分が一番最初にMacを買おうと思ったのが初代ポリカMacBookでした。
> その時は買いませんでしたけど・・・

初代MacBookは最初のロットに飛びついたら欠陥品で、電源が落ちてしまうトラブルで再三修理した覚えがあります。

> 自分が知っているのはiMac G4以降くらいですし、新米マカーの自分からすると、Hattiさんをはじめ、先輩マカーさん達を尊敬してしまいます。

Macを使う限り先輩も後輩もないと思いますよ。
ただ昔はこんなの使ってたんだよな~という思い出があるだけです。

> 新米マカーでも、これからまだまだ続くであろうMacの歴史を共有できるのは嬉しいことです^^
> これがホントに最後のMacBookなら、新型AirやminiではなくこのMacBookに手を出すのもアリっちゃアリですかね!?

Macも以前は色々な冒険があったのですが、最近はややつまらない気はしています。
もっと新しい未来をAppleには見せて欲しいですね。
今からポリカのMacBookですか?
ユニボディーになった奴は使ってなかったんですが、正直50,000円以下でないと興味はないかな~。
  • URL
  • 2011/07/28 22:55

Hatti

こんにちは。

> うちのクラムシェルiBook(グラファイト)まだ、動きますw。
> でも、やはり、画面が小さすぎて使い物になりませんねw。
> 確かに少し寂しいですね。

iBook初代は発売してすぐブルーのを買ったんですが、イマイチでしたね。
スピード遅い、画面狭い、重いですぐに飽きちゃいました。
まだまだノートはデスクトップ機には大きく劣った時代でしたね。

> このまま、アルミが続くのか~新しい素材になるのか~。
> それもまた、楽しみでも有ります。

デスクトップならiPhoneにようにガラスを使うなんて線もありでしょうが、出ないでしょうね。
残念ながら当分は変わらない気がします。
  • URL
  • 2011/07/28 22:46

越山若水

こんばんは~。

思い返せば自分が一番最初にMacを買おうと思ったのが初代ポリカMacBookでした。
その時は買いませんでしたけど・・・
自分が知っているのはiMac G4以降くらいですし、新米マカーの自分からすると、Hattiさんをはじめ、先輩マカーさん達を尊敬してしまいます。

新米マカーでも、これからまだまだ続くであろうMacの歴史を共有できるのは嬉しいことです^^
これがホントに最後のMacBookなら、新型AirやminiではなくこのMacBookに手を出すのもアリっちゃアリですかね!?
  • URL
  • 2011/07/28 20:49

robo_kuma

こんにちは。

うちのクラムシェルiBook(グラファイト)まだ、動きますw。
でも、やはり、画面が小さすぎて使い物になりませんねw。
確かに少し寂しいですね。

このまま、アルミが続くのか~新しい素材になるのか~。
それもまた、楽しみでも有ります。

それでは(^O^)/
  • URL
  • 2011/07/28 20:35

Hatti

> なんだか急に寂しくなってきました
> ポリカーボネート 好きでした

傷つきやすいのは難点でノート型などは傷が目立ったのですが、デスクトップはポリカもずっと綺麗なんですがね。
確かに少し寂しいですね。
  • URL
  • 2011/07/28 19:06

なんだか急に寂しくなってきました
ポリカーボネート 好きでした
  • URL
  • 2011/07/28 18:21

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。