スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS ? Lion Serverを使ってみる~Time Machineサーバーを設定~

Lion Serverの一番簡単な運用方法として「Time Machineサーバー」を使ってみます。
このエントリはType-gさんのブログ「Type-gPlatform」内のエントリ「Mac mini Lion ServerでTime Machineサーバを立ち上げてみた」を参考に(真似して)トライさせて頂きました。
Mac miniの改造に関しても大いに参考にさせて貰ったサイトです。
とても勉強になりますので、宜しければ是非ご訪問下さい

「Time Machineサーバー」を使うと何ができるのか?
簡単に言えばLion ServerをインストールしたMacに接続されたHDDをTime Cupsuleにすることができます。
つまり複数台のMacを使用している方であれば、その1台(以下サーバーとします)にLion Serverを入れておけば、もう1台のMac(クライアント)のバックアップはサーバー側の内蔵や外付けHDDにWi-Fiを使ってバックアップが自動的にとれるのです。

1.サーバー側の操作

21.jpg

まずServer側からServerアプリケーションを立ち上げ左側のサービスからTime Machineを選びます。
右の大きなウィンドウにバックアップの作成先が表示されますので、「編集」をクリック

22.jpg

保存先のボリュームを選択するウィンドウが開きますので、自分がバックアップに使用したいHDを選択します。
今回はテストということで、iMacに接続されている一番古いI-O DataのUSB HDDを選択してみました。
ウィンドウ下部には「ネットワーク経由でのTime Machineバックアップ作成に対応していない可能性があります」と警告がありますが、無視して作業を進めます。
ちなみに内蔵HDを選択すれば警告は表示されません。
「バックアップに使用」のボタンをクリック。

23_20110810224231.jpg

Time Machineのウィンドウに選択したHDが表示されました。
たったこれだけでサーバーの設定は終わりです。

2.クライアント側の操作

31.jpg

クライアント側のMacから「システム環境設定」→「Time Machine」を選択します。
このマシンは一度もバックアップをしていなかったので、遅延の赤文字ありますが、関係ありません。
「ディスクを選択」のボタンをクリックします。

32.jpg

先ほどサーバーで設定したバックアップHDが表示されています。
サーバ名が「iMacのiMac」とかかなりアホな名前になってますが、無視して下さい。
選択した上で「バックアップディスクとして使用」をクリック。

33_20110810230000.jpg

名前とパスワードを設定し、「接続」をクリック。

37_20110810230708.jpg

38.jpg


すぐにバックアップの作成が始まります。
以前にTimeCupsuleは使用していましたが、全く同じ感覚です。

Time MachineサーバーはLion Serverを導入するだけで、お使いのMacが簡単にTime Cupsuleになってしまいます。
バックアップ先は外付けHDでもOKなので、容量の追加も思いのままです。
費用対効果は高いと思いますが、一方でサーバーとクライアントを両方とも立ち上げておかないといけません。
サーバーというものは常時立ち上げておくものだと聞いてもいますが、節電の夏にはやや不適切かもしれません。ちなみにMacのスリープ時の消費電力はかなり少ないようです。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/605-44c61d67

Comment

Hatti

> 電源入れっぱなしは電気代的にも辛いですね。
> 世間の風潮から考えても(^^;)

サーバー機の本来の運用の仕方を考えると電源を落とすような物ではないと思いますので、私も含めその必要がなければLion Serverを使ったバックアップは妥当ではないのかもしれません。
ただし職場で複数台のマシンを使い、仕事中のバックアップを取れば良いのであれば使い道はあるような気もします。

> AirMacExtreme+外付けHDDでいくことにします。
> ServerはMacBookAir(IvyBridge版)を購入した後に
> 今使用しているMacMiniが生きていたら遊びで入れるかもしれません

私も実際にcExtreme+外付けHDDを使っていますが、余ったHDを有効活用できて快適です。
  • URL
  • 2012/01/04 20:58

しおね

返信ありがとうございます。

電源入れっぱなしは電気代的にも辛いですね。
世間の風潮から考えても(^^;)

AirMacExtreme+外付けHDDでいくことにします。
ServerはMacBookAir(IvyBridge版)を購入した後に
今使用しているMacMiniが生きていたら遊びで入れるかもしれません
  • URL
  • 2012/01/04 17:00

Hatti

初めまして。
旅行中のためお返事が遅くなりました。

> LionServer導入でTime MachineServerにするのと、AirMacExtremeに外付けHDD繋いでTimecapsule化するのとどう違うんでしょうか?

基本的に出来ることは変わらないと思います。

> 個人的には【安くて面白そう】なのでServerに興味アリなんですが、管理の難易度や
> トラブル時の復旧の簡単さではExtremeに外付けHDDなんだろうなぁ~と思っています。

Lion Serverdだとサーバーマシンはバックアップの為には常時電源を切ることができなくなりますね。
Extremeの方がやはりお手軽に感じます。
外付けHDDは両者とも利用可能ですし、どちらも確実にバックアップできていますが、当初はバックアップの取れない時期も発生しました(Etremeの方)。
安定度という面ではTimeCupsuleに少し劣る気がしますが、AirMac Diskが活用できればExtrremeの方がお勧めかもしれません。
AirMac Diskが私の場合現在利用できていないので、ちょっと困ってます。
Lionで活用できている方もいるので、ダメとは言い切れません。
  • URL
  • 2012/01/03 17:45

しおね

興味深く読ませていただきました。

LionServer導入でTime MachineServerにするのと、AirMacExtremeに外付けHDD繋いでTimecapsule化するのとどう違うんでしょうか?

個人的には【安くて面白そう】なのでServerに興味アリなんですが、管理の難易度や
トラブル時の復旧の簡単さではExtremeに外付けHDDなんだろうなぁ~

と思っています。
  • URL
  • 2012/01/03 00:50
  • Edit

Hatti

こんにちは。

> イカン!イカンですよ!!
> サーバーに興味が出てきちゃいました・・・・

面白いでしょ。
なかなか最初にこういうエントリを書ける方は凄いなあと思います。

> Time Capsuleいらずですかぁ~
> サーバーの事は知らない事ばかりですが、いろいろな事が出来そうですね^^

Time Machineサーバーは本当に簡単ですよ。
越山若水さんは複数Macを使ってますから、miniを買わずとも試すことができます。

> ん~~ほんと興味出てきた・・・・

Mac本体と違って4,300円ですから、つまらんアプリを沢山買うより余程意義があると思います。
  • URL
  • 2011/08/12 19:52

Hatti

こんにちは。
コメントありがとうございます。

> Mac mini購入されたのですね。ディスプレイはやはりCinema Displayをつなげておられるのでしょうか

ええ、発売時からAirより個人的に興味があったモデルなのです。
一応Cinema 24inchに繋いでみましたが、今は増設のためショップに預けたままになっています。

> Lionサーバーの記事興味深くよみました。
> クラウドサービスがどんどん進みつつある世の中ですが、これまで以上に、これからこそ各家庭で普通にそれらの設備を持つことが必要になってくるのではないでしょうか。

サーバーOSが思ったより簡単になっていたのには驚きました。
自宅サーバーがあればその運用方法はますます進歩する時代が来るのかもしれませんね。
もっと使いこなしてみたいのですが、この先は結構行き詰まりそうです。

  • URL
  • 2011/08/12 19:49

越山若水

イカン!イカンですよ!!
サーバーに興味が出てきちゃいました・・・・

Time Capsuleいらずですかぁ~
サーバーの事は知らない事ばかりですが、いろいろな事が出来そうですね^^

ん~~ほんと興味出てきた・・・・
  • URL
  • 2011/08/12 10:36

Macnopolitans

こんにちは
Mac mini購入されたのですね。ディスプレイはやはりCinema Displayをつなげておられるのでしょうか

Lionサーバーの記事興味深くよみました。
クラウドサービスがどんどん進みつつある世の中ですが、これまで以上に、これからこそ各家庭で普通にそれらの設備を持つことが必要になってくるのではないでしょうか。
  • URL
  • 2011/08/12 08:28
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。