スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトウェアの価格と販売方法

R1020774.jpg

Mac用のソフトの中で定期的にパッケージを購入している物は私の場合さほど多くはありません。
Adobe Photoshop CS
Mcrosoft Office
ATOK
TOAST
等。
もちろんapp Storeで買っているソフトはありますし、オンラインでダウンロードしたシェアウェアもいくつか使っています。
上記4つのソフトに関しては今までパッケージ版を買っていました。
しかし、数日前までLion非対応ということもあって(アップデータが配布されました)導入を見送っていたTOAST 11をダウンロード購入に切替ました。
理由はただ安かったから。
今回「Type-gPlatform」さんの記事を読みTOAST 11にBlu-rayプラグインとPhotoshop Elements 9が付属して¥ 6,508で買えることを知りました。
大体TOASTというソフトはいつも最初から値引き販売、そのうち更に安くなるのが常道なのです。
ラネクシーのオンライン販売では40%Offでしたが、Blu-rayプラグインもElements 9も付いていません(¥8,190)から破格の安さです。
このような価格のバラツキが激しいROXIO製品の販売形態は最もダメな例と言わざるを得ません。

折しもMcrosoft OfficeもWindow/Office製品の段ロード販売をベクター、ヤマダ電機、ヨドバシカメラの各オンラインショップで開始するとのアナウンスがありました。
ATOKは以前からダウンロード版がありますし、価格的にメリットが大きくなればこちらもダウンロードに移行すると思います。

ソフトウェアはライセンスの問題が絡みますので、複数のマシンを利用している者にはインストール制限があるソフトは導入経費が馬鹿になりません。
Photoshopは2台までですし、Officeも原則1台です。
職場で複数のMacを使う身にはパッケージも捨てがたかったのですが、app Storeのような複数台にインストールを認めてくれるダウンロード販売は非常に助かります。
ソフトウェアメーカーにとっても違法コピー数の減少、パッケージにかかる費用、宣伝費などを考慮すれば最終的には販売本数も上がり売り上げには繋がるものと思われます。

問題はAdobeやMicrosoftのような大手が、どのような形で本格参入してくれるかです。
各社様子見状態なのか、現状ではapp Storeでの販売はApple純正のFinalCut等くらいで、高額なソフトは少ないですからね。
Microsoftの動向は不明ですが、AdobeはElementsの販売を開始(英語版というのが×ですが)していますから今後期待も持てそうです。

R1020775のコピー

もう一つ最近導入を検討していたソフトにFilemaker Proがあります。
元はアップルの系列だった筈なのにapp StoreではPro版は今だ販売がなく、¥39,900と高額なソフトです。
WEBやLAN内で共有できるソフトなのに、ライセンスは1台ごとに必要とハードルが高い製品です。
iPadやiPhone版のFilemaker Goだけでは用が足りないので、今回1ライセンス購入することにしました。
手をつくせば手段は見つかるもので、海外の正規版(日本のユーザー登録可能)を定価の1/3以下で購入できました。
中国人恐るべし!

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/614-eddbfb1b

Comment

Hatti

こんにちは。

> パッケージソフトは安心感”だけ”は有りますよね~
> 箱は中身の割には大きくて邪魔ですからね、

箱は確かに邪魔ですね。
でも再インストールはダウンロードだとちょっと面倒になる場合もあるので、パッケージがあった方が良いとも思います。
まあCDとかDVDに焼いておけばいいのかな?
旧バージョン要らなくなれば売れますし。

> もしマニュアルが入っていても大体は使えなくて
> 本気で使うなら専門書籍とか必要になりますから
> 結局は要らない気もしますね~~

マニュアルは要らないですね。
本当にパッケージはディスクケースで十分です。

> メーカーさんにとってはシリアルの管理さえ
> 出来ればどちらでも似たような物ですからね~
> 箱とか無駄な営業経費が要らない訳ですから
> もう少し安くても良いのではって気がします
> パッケージとダウンロードの価格差はもう少し有っても
> 良いのではないでしょうかね~

Appleは結構思い切った価格設定していますが、他のメーカーはまだまだ高いと思います。
ライセンスの問題にしてももう少し甘くして欲しい気はします。
  • URL
  • 2011/08/28 18:17

koozyp

こんにちわ(^^♪

パッケージソフトは安心感”だけ”は有りますよね~
箱は中身の割には大きくて邪魔ですからね、
もしマニュアルが入っていても大体は使えなくて
本気で使うなら専門書籍とか必要になりますから
結局は要らない気もしますね~~
メーカーさんにとってはシリアルの管理さえ
出来ればどちらでも似たような物ですからね~
箱とか無駄な営業経費が要らない訳ですから
もう少し安くても良いのではって気がします
パッケージとダウンロードの価格差はもう少し有っても
良いのではないでしょうかね~

それでは(^^)

Hatti

こんばんは。

> 自分は基本的にダウンロード購入が多いです。
> 理由はやはり価格ですが、OSの再インストールの時とかは意外と面倒なんですよね。

パッケージは何となくあった方がよかったのですが、時代の流れでダウンロードの方がお得になったり、ダウンロード専用になってきた時代の流れには逆らえないですね。
再インストールとかは確かに面倒なんで、app Storeみたいに一括管理できれば良いのですが。

> 最近はダウンロード販売でキャンペーンなんかも多くて比較的手を出しやすいですが、さすがにAdobeは高いですよね^^;

Adobeさんは今後どうなるのでしょうね?
PhontoshopにしてもElementsの機能で十分になっていますから、CSシリーズはそろそろ価格や販売形態を見直す時期に来ている気もします。

> AppStoreでもこういったアプリケーションの販売がもっと充実してくれたらいいのですが、価格だけ考えれば海外のサイトで購入するのもアリですね。

TOASTに関しては海外購入ですが、日本語対応や登録も可能なようですので何ら問題ないと思われます。
ここまで価格が開くとパッケージ物は買えませんね。
  • URL
  • 2011/08/28 00:01

越山若水

こんばんは。

自分は基本的にダウンロード購入が多いです。
理由はやはり価格ですが、OSの再インストールの時とかは意外と面倒なんですよね。
最近はダウンロード販売でキャンペーンなんかも多くて比較的手を出しやすいですが、さすがにAdobeは高いですよね^^;

AppStoreでもこういったアプリケーションの販売がもっと充実してくれたらいいのですが、価格だけ考えれば海外のサイトで購入するのもアリですね。
  • URL
  • 2011/08/27 23:05

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。