スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook Air Software Reinstall Drive ではLionインストールディスクが作成できない?(追記あり)

IMGP1385.jpg

しばらく前にヤフオクで入手したMacBook Air Software Reinstall Drive とパチ物のメモリ(APPLE Steven Paul Jobs 8G USBメモリーと書いてありましたが、どう考えても怪しい製品)です。
後者のような死者で金儲けをするような商品を買ってしまったのは、ちょっと後悔してますがそれは別の問題。
2つのメモリはいずれも容量が8.02GBと表示される物でした。
すでに多くのブロガーさんや最近ではyucovinさん「Apple純正Mac OS XのUSBメモリをフォーマットしてタダのUSBメモリとして使う」のエントリでロック解除の方法は詳しく解説されていますので、そこは割愛します。
私の場合も両者ともSM32Xtestのソフトを使ってロック解除→初期化を行いました。

0011.jpg

こちらが初期化したばかりの黒いパチ物メモリの状態、MS-DOSでフォーマットされ容量8.02GBのメモリになっています。

002_20111126113318.jpg

ところがMac OS標準でフォーマットし直すと7.68GBの容量しか使用できなくなってしまいます。

003_20111126115828.jpg

今度はパーテーションを変更。
無事にMac OS 拡張フォーマットで8.02GBメモリとして使用できるようになりました。

名称未設定

ところがMacBook Air Software Reinstall Driveの方は、どうやってもMac OS 拡張フォーマットでは7.68GBから変更ができません。

004_20111126120426.jpg

MS-DOSに再フォーマットすると8.02GBの1パーテーションになるのですが、何度やってもMac OS 拡張フォーマットでは7.68GBです。
この差がどう影響するかというと、7.68GBではLion用のリカバリディスクにするには容量が足りないのです。

11_20111126182937.jpg

では黒のパチ物の方にならインストール出来るかというと、インストール前にGUIDパーテーションテーブル方式にパーテーションを変更するようメッセージが表示されます。

12_20111126182749.jpg

ところがGUIDパーテーションテーブル方式に変更すると

14.jpg

やはり容量は7.68GBになってしまいます。
どうやらMacBook Air Software Reinstall Driveが7.68GBになってしまうのと相関があるようなのです。
では現在販売されているOS X Lion USBメモリ版の容量はも8GBのようですが、なぜ容量が足りているのか?この辺りの仕組みは良くわかりません。

829.jpg

復元ディスクアシスタントであれば2GBのメモリでも作れるのですが、こちらは新規インストール用ではないですからね。

追記:コメントにてジェットさんからインストール可能な方法をアドバイス頂きました。
こちらの方法を使えばインストールできる模様です。
私も後ほど試してみようと思います。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/690-087eac88

Comment

Hatti

こんにちは。
コメントおよびアドバイスありがとうございました。
私も是非試してみます。
結果はまた追記しようと思います。
ちょっと私の調査不足だったようです。
  • URL
  • 2011/11/29 22:14

ジェット

こんにちは(^_^)
もしかしたらHattiさんの求めているのとは違うかもしれませんが、
こちらでは下記の方法でMacBook Air Software Reinstall Driveに作成することができました。
よろしければ試してみてください。

http://tukaikta.blog135.fc2.com/blog-entry-167.html
  • URL
  • 2011/11/29 15:56

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。