スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ScanSnap S300M購入


かつてペーパーレス時代が来るという予測は全く現実にはなりませんでした。
むしろメール便などのDMなどは逆に増えている印象です。
今や仕事をしているとチラシ、請求書、Fax.....様々な紙物が貯まっていきます。
すぐに捨てる判断ができない物、なんとなく取っておきたい物というのは結構多く、机の上に次々と積み上がってしまいます。
電車の車内広告にルー大柴の写真の載ったScanSnapの広告を見たとき、これは便利そうだなとは思ったのですが、メーカーがFUJITSUではMac対応はないだろうと思っていました。
ところが以前からMac用として有名なHappy Hacking Keyboardを出していたFPUを介して、ScanSnap S300MとScanSnap S510MというMac対応の2モデルが登場しました。
このあたりの経緯はよくわかりません。
だたチラシの整理だけではいまいち応用が利かないので、購入は悩んでたのですがAssistOnというお店のメールマガジンに「先着順でキャリーバッグ付」しかも割引ありというのに釣られて買ってしまいました。
S510Mは大型で少し高いですし、A4が読み取れればOKと考え私は S300Mにしました。
サイズ的には画像の通り、Appleのキーボードと比較してこれくらいコンパクトです。
ソフトウェアをインストールしておけば、作業は非常に簡単かつ高速で書類を差し込んでスキャンボタンを押すだけで両面をあっという間にPDF化して保存してくれます。
デスクトップ上にスキャンした書類用フォルダを作り、各書類に簡単なタイトルをつけて保管しています。
期日の決まった書類などはPDF書類のままデスクトップに置いてあります。
そのお陰で机の整理はあっという間に済んだのですが、一通り終わると登場の機会はしばらく無くなって置物と化してしまっています。新しい紙が増えると1~2枚スキャンしてまたお終いです。
またPDF化したいA4原稿のようなものが数百枚あるのですが、検索する場合どうすれば良いか?いまいち決め手がなく放置してある状態です。
何かもっと良い活用法があれば良いのですが.....。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/7-a0704252

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。