スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crucial m4アップデート手順

一昨日エントリに上げた
「Crucial m4 SSDのドライブの電源ON時間が5,184時間以上になると無反応になる不具合」
に対するファームウェアアップデートの手順について質問を頂きましたので、備忘録を兼ねて掲載させて頂きます。

800.jpg

Crucialのダウンロードページから最新のファームウェアを選択しダウンロードします。
今回のファームウェアのバージョンは一番上の039になります。

802.jpg

ディスクユーティリティーを用いて、ダウンリードしたISOファイルから「ディスクを作成」

803.jpg

CD-Rをセットしてディスクを作成します。

R1021905.jpg

撮影しているモニタがCinemaDisplayのガラスパネルなので、映り込みが激しく画像が斜めになっていますが作成したCDから起動します。

R1021910.jpg

ファームウェアのアップデートをするかYes,Noで尋ねられますので、キーボードからYesを入力しリターンキーを押します。

R1021912.jpg

10数秒くらいでアップデートは無事終了しました。
ちなみに私の場合アップデート対象のSSDを搭載したのがMac miniだったので、当初iMacでCDを作成しましたが、これではブートできませんでした。
Mac mini側に外付けBD-Rドライブを接続し作成したCDでは問題なくアップデートができました。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/723-c1694eb4

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。