スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iZON Remote Room Monitorを試す

  • 2012/02/01 13:06
  • Category: iPhone
R1021991.jpg

2012 Lucky Bagに入っていたiZON Remote Room Monitorがようやく稼働しました。
実は以前からセッティングしていたのですが、一向に接続できずに困っていました。
本日(2/1)に専用ソフトウェアStem:Connectのアップデートが来たので再度試したところあっけなく接続できた次第です。

R1021994.jpg

商品構成は本体とUSBケーブル、ACアダプタ、USB延長アダプタ、壁面取付用のネジ類、取説等です。

R1021995.jpg

カメラという性質上、角度調整機能が必要になりますがiZONは下の丸い足がマグネットになっており、フリーで角度が変えられます。

R1021997.jpg

足が必要なければ外すことも可能です。
ネジを使えば壁面に足を固定することもできるので、本体を横向きに設置することも可能になります。

R1021999.jpg

USBケーブルに関してはiZON背面にジャストフィットする専用のMini USB端子を使っているので、汎用のケーブルは使えません。
従ってUSBケーブルを延長するには付属の延長アダプタを使用することになります。

700.jpg

iZonの操作、設定に関してはiTunesからStem:Connectをダウンロードして行います。

設定の仕方に関しては販売元のアスクが専用ページを用意してあります。
PDFとしてダウンロードも可能です。
またASCII.jp柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第98回 リモートカメラ「iZON」で自宅を監視する技
も非常に詳しく使用法が書かれているのでご参照下さい。
私が記載し直しても内容が完全に重複するので割愛します。
なかなか繋がらない場合もありますが、新しいバージョンのソフトであれば必ず接続できると思います。

IMG_0244.jpg

iZonに映った映像をiPhoneで見た画像です。
解像度は320×240ドットのQVGAですので大した物ではありません。
自分のWi-Fiエリアであれば常時モニタ可能、離れた場所でのWi-Fiや3Gエリアでの連続視聴は5分間までとなっています。
画像は待合室のモニターですが、天候の関係でやや暗くなっています。
動画をアップしたい所ではありますが、プライバシーの問題があるので止めておきます。
iZonの欠点は実際の映像とタイムラグがかなりあることで、計測したところ約20秒の時間差が生じます。
即時性を要求するような用途には全く向きません。
動き検知機能や音声検知機能を使えば、自動的に録画を開始し、YouTubeに動画をアップする機能もありますがこのタイムラグでは犯罪証拠としてまでの効果は完全には期待できない印象です。
複数のiOSデバイスに同じiZonを設定できないのも不便な部分です。
自宅にペットを飼っている方が、外出先で自宅の愛犬をモニタするというのが一番合った使い方のような気もしますね。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/733-4a4e5418

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。