スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneの海外流出?

  • 2009/06/25 08:22
  • Category: iPhone
私の売却したiPhoneを買った落札者は、過去の履歴を見ると過去にも複数のiPhoneを落札していました。
いったい何故?
たぶんその答えは転売をさらにするのでしょう。
自分の為、または知人の為であってもそんなに沢山のiPhoneは普通買わないでしょうから。
じゃどこで売るの?
ネットオークションでの再転売はうまみもなく、削除のリスクが伴います。
国内の中古業者?考えられないこともないですが、新型3GS登場で値崩れは必須です。
じゃどこ?と考えれば答えは海外しか残りません。
場所は?
近くにiPhoneを販売していない超大国がありますね。
SIMロック解除など素人でも簡単な時代、あちらの国では違法コピーなども当たり前です。
私のオークション出品の落札者は、間もなく保証の切れるiPhoneにも関わらず、AppleCareProtectionPlan(通常7,800円です)は要らないということで1,500円だけ値引きをしました(そういう条件付きでの出品にしたのです)。
AppleCareはiPhoneの場合、途中解約可能で日割り残金が戻る(2年分の保証期間の半額程度)ので、私としては1,500円の値引きで「要らない」と言ってくれたのは正直ラッキーでした。
日本の方なら不要でも権利譲渡してから、解約すれば自分のお金になるのに.....。
しかしiPhoneの正式販売がない国であればAppleCareは価値は0です。
取引相手の住所は日本国内ですが、氏名はあちらの方でした。
私の転売などお金儲けレベルではなく、いつも不要品の処分代金を次の購入にあてるだけ、彼らは再転売にて数万の利益がでるのでしょう。所詮はプロには敵いません。
以下の記事が参考になります。
「iPhone:40万台が中国に流入 ロック解除で使用か」
http://wiredvision.jp/blog/epicenter/200802/20080219025821.html

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/79-b0dcf2b9

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。