スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook Airから取り外したSSDを外付けドライブに2~MX-Technology MX-KAPSLING~

2012-05-15 12.03.05

前回購入したOWC Mercury On-The-Go Proが同社の2.5inch 外付けHDDの流用であまりにも酷い商品だったので、使わずに処分し別の物を物色しました。
Amazonやヤフオクにはサイズを縦半分にしたようなケースも出ていますが、そちらはあまりに信頼性が低そうなのでパスしました。
今回の商品は米Amazonから購入したMach Xtreme(台湾)の製品MX-KAPSLINGです。
対応インタフェースはUSB3.0、ケース材質はアルミ。
100%ハンドテストが実施され、1年間の保証が提供される。
外形寸法はW79×D130×H15mm。

2012-05-15 12.05.22

商品の外観はこれまた薄型の2.5inch HDDケースという感じです。
アルミの質感は素晴らしくもないですが、まあまあ無難なデザイン。

2012-05-15 14.38.03

外寸は随分昔に買ったTrancendのHDDケースと比較しても同じくらいです。
恐らくMX-KAPSLINGも同じメーカーの外付けHDDあたりを流用している気がします。

2012-05-15 13.02.12

当然と言えば当然ですが大きく違うのは重量です。
SSDの場合は本体が軽く小さいのでケースに入れても113g

2012-05-15 13.02.23

ケース本体のそれぞれの重さを比較していませんが、2.5inch HDDを入れた方は199g。
この差は手に取ると結構違います。

2012-05-15 12.07.22

前後しますが、SSDの装着はネジ2本を緩めて基盤部分を外します。

2012-05-15 12.08.38

基盤にSSDをセットしネジで留めます。

2012-05-15 12.11.47

元に戻せばOKです。

名称未設定

USB2.0接続にて5.15GBのファイルコピーを行った時の速度はSSDで3分48秒、HDDで3分56秒と僅かにSSDの方が高速でした。
USB3.0がMacに採用されれば絶対的な速度は上がると思われますが、HDDとの差が開くのかどうかは分かりません。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/803-84c29dcc

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。